【2/21オンライン開催!】みとよ&小豆島暮らしセミナー~豊かな瀬戸内暮らしのヒント~
募集終了
情報を集める
開催日:2021/02/21
終了日:2021/02/18

【2/21オンライン開催!】みとよ&小豆島暮らしセミナー~豊かな瀬戸内暮らしのヒント~

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
もっと見る arrow

香川県の西側に位置し、海・山・まちの3つの地域からなる「三豊市(みとよし)」、
瀬戸内海に浮かぶ「小豆島(しょうどしま)」、
東京の「ふるさと回帰支援センター」、
この3つをつないでセミナーと交流会・座談会を開催します。

今回は「 家 」 と 「 仕事 」 にスポットをあててお話しします!

セミナーってどんな話をするんだろう?

〇瀬戸内で暮らすってどんな感じなんだろう?
 → 香川県・三豊市・小豆島で生活する私たちがどんな暮らしをしているか、地域の魅力とともにお話しします!

〇移住したいけど、家や仕事をどうやって探せばいいかわからない!
 → トークセッションの中で、「 家 」 と 「 仕事 」 探しのポイントをお話しします!

〇先輩移住者の話を聞いてみたい!
 → 地域おこし協力隊クロストークでは、地域おこし協力隊として活躍する3人が、仕事や移住のきっかけをお話しします!

そのほか、参加者の疑問や不安にもお答えしていく予定です!
聞いてみたいこと、相談してみたいことがある方は、申し込みフォームに記入してお送りください☆

※令和2年12月13日に今回のセミナーの前編となる移住セミナーをオンラインで開催しました。
 その様子も公開してますので、よろしければご覧ください。
 https://www.youtube.com/watch?v=axn94yfTb5k

☆もちろん今回のセミナーだけご覧いただいても大丈夫です!☆

財田町(山側)から見た景色

財田町(山側)から見た景色

シャインマスカット

シャインマスカット

★イベント詳細★

(1)日時
  令和3年2月21日(日) 17:00~19:30

(2)開催方法
  オンライン開催

(3)参加団体
  主催:三豊市
  共催:小豆島・移住交流推進協議会
     認定NPO法人ふるさと回帰支援センター

(4)申込み 
  ○受付期間 
   令和3年1月8日(金)~令和3年2月18日(木)

  ○お申込み方法
   ↓下記お申込みフォームよりお申込みをお待ちしています↓
    
     https://logoform.jp/form/iDPS/6126

    ☆また、今回のセミナーや、みとよ暮らしに興味のある方は、合わせて「興味ある」ボタンも押してください☆

  【注意】
   ・インターネット通信が可能な端末と環境をご用意ください。
   ・通話料およびインターネット通信料は参加者負担となります。
    Wi-Fi環境でのご利用をおすすめします。
  【使用するアプリについて】
   セミナー(第一部)はZoomウェビナーを、
   座談会・交流会(第二部)は、Zoomミーティングを利用します。
   ※セミナー時のZoomウェビナーでは、参加者のカメラ映像は表示されません。
   ※Zoomのご利用については、ふるさと回帰支援センターの「Zoomご利用ガイ
    ド」もご参照ください。
    URL:https://www.furusatokaiki.net/topics/zoom_guide/

秋のちょうさ祭り

秋のちょうさ祭り

紫雲出山「瀬戸の夕映え」

紫雲出山「瀬戸の夕映え」

イベント・ツアー内容

開催日程:2021年02月21日

所要時間:2時間30分(予定)

費用:0円

集合場所:

解散場所:

スケジュール

【第1部 17:00~18:30】
 三豊市と小豆島による移住セミナー
 1.香川県の紹介
 2.移住するためのステップ
 3.みとよの魅力
 4.小豆島の魅力
 5.みとよ×小豆島 トークセッション ~ 家 と 仕事 編 ~
 6.地域おこし協力隊クロストーク

【第2部 18:30~19:30】
 交流会・座談会
 移住に関する疑問・不安を、担当者に聞いてみませんか?
 同じ悩みを抱えている人もいるかも!
 みんなでわいわいとお話ししましょう!

三豊市
三豊市地域戦略課 移住・定住グループが紹介する三豊市ってこんなところ!

 三豊市は、海・山・まちの3つの地域からなる瀬戸内海沿いの地域です。温暖で、災害も少なく、香川県一の農業産出高を誇ります。市内各所に産直などがあり、季節ごとに新鮮な旬の食材を手に入れることができます。
 また、「日本のウユニ塩湖」と呼ばれる父母が浜、ニューヨークタイムズで「2019年行くべき52カ所の旅行先」で7位に選ばれた紫雲出山など、風光明媚な景色も魅力の一つです。
 三豊市で自分に合った暮らしを見つけてみませんか?

 ★もちろん、おいしいおうどん屋さんもいっぱいあります!★

※三豊市(みとよし)の移住に関する情報は「みとよ暮らし手帳」をご覧ください。※
 URL:http://www.mitoyo-kurashitecho.com/

プロジェクトの経過レポート
3355
2021/02/08

協力隊にクロストークに登壇する、現役地域おこし協力隊を全5回シリーズでご紹介中の5回目。
五人目は、香川県庁の地域おこし協力隊をしている海野沙織さん。静岡県静岡市出身。着任前は、銀行や証券会社で使われる投資信託のパンフレット作成や販促の企画提案に携わっていた。現在は、香川県内の地域おこし協力隊のための協力隊として、協力隊の活動のわかるwebや紙メディアの作成など、香川県内を奔走している。

3325
2021/02/05

協力隊にクロストークに登壇する、現役地域おこし協力隊を全5回シリーズでご紹介します。
四人目は、香川県庁の地域おこし協力隊をしている神高伸江さん。香川県高松市出身。着任前は、インテリアスタイリストとして様々な企業にライフスタイルを提案していた。現在は、香川県内の地域おこし協力隊のための協力隊として、協力隊向けの研修事業や協力隊の活動のわかるwebや紙メディアの作成など、香川県内を奔走している。

3247
2021/01/29

協力隊クロストークに登壇する、現役地域おこし協力隊員を全5回シリーズでご紹介いたします。
三人目は、土庄町(小豆島)で地域おこし協力隊をしている田山直樹さん。鳥取生まれ、西日本育ち。大阪の大学を卒業後、書店にて勤務。カヤックツアーで訪れた小豆島の自然の美しさと人の魅力に惹かれ、移住を決意。現在は、移住・定住促進、小豆島の魅力発信、「本」に関わるイベントの企画などをミッションとして活動している。

3239
2021/01/28

協力隊クロストークに登壇する、現役地域おこし協力隊員を全5回シリーズでご紹介いたします。
二人目は、小豆島町で地域おこし協力隊をしている田中久美子さん。兵庫県出身。小豆島が好きで、移住を検討していたところに、小豆島町の地域おこし協力隊募集を知って応募。自らの移住経験を活かし、移住・定住促進や地域づくりをミッションとして活動している。

3226
2021/01/27

協力隊クロストークに登壇する、現役地域おこし協力隊員を全5回シリーズでご紹介いたします。
一人目は、三豊市で地域おこし協力隊をしている澤井元気さん。大阪芸大在学中に鉄やコンクリート、様々な物質を使った作品を制作し、その後、東大阪にある家具屋にて、人の生活に密着したモノ作りや人との関わりに心惹かれるように。結婚や育児、災害を機に三豊市に移住を決意。中山間地の活性化をミッションとして活動している。

三豊市地域戦略課 移住・定住グループ
三豊市地域戦略課 移住・定住グループ
三豊市は、海・山・里・街のある瀬戸内海沿いの地域です。温暖で、災害も少なく、香川県一の農業産出高を誇っていますので、安心して生活ができます。また、空き家バンクの物件数も常時90件と多く、田舎暮らしの本2021年2月号によると、人口10万人未満の小さな市の中で、成約数は日本一とのことです。ぜひ、三豊暮らしをご検討ください。
49
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!