兵庫県丹波市

兵庫県丹波市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
69.8ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!
もっと見る arrow

兵庫県丹波市ってどんなところ?

段畑 未登利
たんば"移充"テラス

山間のまち丹波市。標高が低い一方で寒暖差はあるため、地表には「丹波霧」とも呼ばれ秋から春先にかけて雲海になる濃い霧が出る地域。この湿度と、分水嶺や源流があるほど豊かできれいな水にも助けられた、肥沃な土壌は、栗・小豆・黒大豆の「丹波三宝」をはじめとする様々な農作物を育みます。一年を通して色々な旬の味覚が味わえる丹波市へ、ようこそ。

京阪神から90分。都市に近い田舎。カフェ、コワーキングスペースなど、最近にぎやか。移住者仲間のネットワークも強い、元気な田舎です。

丹波市立農の学校
丹波市/運営:株式会社マイファーム

窓を開ければ、四季折々の里山風景が眺められる丹波市は、オシャレな古民家カフェもたくさん。畑仕事をしながら、野鳥の声を聞いたり雪景色を堪能できたりする、ちょっといい田舎。

丹波大納言小豆発祥の地、丹波栗や丹波の黒豆の名産地ですが、神戸・京都・大阪から90分圏内なので、休日は京阪神からの日帰り観光客で賑わう、意外に便利な、ちょうどいい田舎。

自然の宝庫なのはもちろん、民俗芸能の宝庫としても知られる丹波は、ムラごとにさりげなくユニークな文化が残っていたりします。平安時代から都や大坂など都会との交流が盛んだった丹波は、移住者の受け入れにも寛容で、移住者の人たちがいろんな分野で活躍中!

休日には古民家リノベ講習や味噌づくり体験、子どもの森づくりなど、暮らしを豊かにするイベントも盛りだくさん。好奇心に任せて出歩き始めると、もはや、「退屈」の二文字が辞書から消えてしまいます!

宮田寛章
丹波市

丹波市は、兵庫県の中央東部に位置し、市内西部を南北に日本標準時子午線(東経135度線)が通っており、北東では京都府、南東では丹波篠山市、南西では多可町、南では西脇市、北西では朝来市と境を接しています。
阪神間からJRや自動車で約1時間30分から2時間圏域であり、市内の南部地域は阪神都市圏との係わりが比較的深く、一方、北部地域は隣接する京都府等との係わりが比較的強くなっています。 地形は、本州の骨格のひとつを構成する中国山地の東端に位置し、粟鹿山(標高962m)をはじめ、急斜面をもった山々によって形作られた中山間地域となっています。その山々の接点を縫うようにして二大河川の源流が走っています。一つは瀬戸内海へ注ぐ加古川とその上流河川であり、もう一つは日本海へ注ぐ由良川の上流河川(黒井川、竹田川)となっています。
特に市内の石生の「水分れ」は海抜95Mに位置し、本州一低い中央分水界となっています。 気候は瀬戸内海型、内陸型気候に属し、年間、昼夜間の寒暖差が激しく、秋から冬にかけて発生する丹波地域の山々をつつむ朝霧、夕霧は「丹波霧」と呼ばれ、豊かな自然環境に一層の深みと神秘さを醸しだしています。

置塩ゆかり
ソシエテリベルテ

人の結びつきの強い地域です。それは過干渉という意味ではなく、必要なときに手を差し伸べる心の準備がいつでもあります。そのおかげで、例えば何かこんなことを始めてみたい、こんな仕事を探している、家を探しているなどの相談があれば、ほとんどの人がそのことに詳しい知り合いにつないでくれます。こんな地域は他ではそうそうないと思います。

景色は、低い山に囲まれ、緑豊かな場所です。田んぼが多くあり、四季折々の風景が楽しめます。人口は減少していますが耕作放棄地は少なく、景観は守られています。夕方の山際が美しく、一日の終わりを感じることができます。畑では、有機栽培を昔から行っていたり、合鴨農法を行っている農家さんもいらっしゃいます。

それぞれこだわりを持って暮らしている方の多い地域です。

兵庫県丹波市の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

兵庫県丹波市に関係する人々(132人)

兵庫県丹波市を知る

兵庫県丹波市の注目プロジェクト

兵庫県丹波市はここ!