沖縄県うるま市

沖縄県うるま市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
62.6ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!
もっと見る arrow

沖縄県うるま市ってどんなところ?

琉球ミライ
琉球ミライ株式会社

津堅島は沖縄県のうるま市に属する沖縄本島に近い離島。
うるま市の勝連半島にある平敷屋(へしきや)港から高速船でわずか15分で行くことができ、沖縄の原風景が残る集落と、美しい海とサンゴ礁に囲まれた自然豊かな島です。

うるま市の島嶼地域の中で唯一の有人離島である津堅島は「ビティしま(私の島、皆の島の意)」と呼ばれ親しまれています。島はユイマール(助け合い)で支え合う半農半漁の暮らしが営まれてきました。島の中心部にはニンジン畑が広がり、イノー(礁池)と呼ばれるサンゴ礁に囲まれた浅い海では、沖縄一の生産高を誇るモズク養殖が行われています。
島には川がなく水が乏しいため、稲作の歴史はありませんでしたが、海の幸、畑の幸に恵まれ、ときに海のものと畑のものの物々交換を交えたユイマールの暮らしの形が今も引き継がれています。沖縄の原風景が残る島嶼地域の中でも、歴史的な文化や風習が色濃く残り、ゆったりとした時間の流れを感じることができる島です。

LivingAnywhere Commons 事務局
LivingAnywhere Commons

那覇空港から車で1時間、「サンゴの島」という意味のまち・うるま市。沖縄初となるLivingAnywhere Commonsの拠点がうるまの島しょ地域に誕生しました。

拠点からから2分も歩けばそこは沖縄の美ら海。シーカヤックやSUPで波のゆらぎに身を委ねたり、誰もいない砂浜で海風のやわらかなシャワーを浴びたり。でも、うるまの魅力はそんなマインドフルな自然だけではありません。

古民家をリノベーションして新しい地域活動の拠点を作りたい。コミュニティのハブになるような新しい地域売店を始めたい。島しょ地域で起きている現在進行形の挑戦の物語に加わることで、Work×Co-Creation=共創型の新しいワーケーションの担い手になることもできます。うるまだからこそ味わえる地域とのwell-beingな関係性を体感できる拠点です。

沖縄県うるま市の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

沖縄県うるま市に関係する人々(62人)

沖縄県うるま市を知る

沖縄県うるま市の注目プロジェクト

沖縄県うるま市はここ!