岩手県一関市

岩手県一関市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
56.0ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!

岩手県一関市の人に
移住相談してみよう!

岩手県一関市ってどんなところ?

一関市は岩手県の最南端に位置する人口約12万人のまちです。

東京駅からも新幹線で最短2時間以内で着きます。

近年8市町村の合併があり、その面積は香川県の3分の2に及ぶ広域のまちになりました。

合併前の旧8市町村(一関、花泉、大東、千厩、東山、室根、川崎、藤沢)の地域それぞれに固有の文化が残っており、趣向を凝らした多種多様な行事が各地で行われており、1年では楽しみ尽くせません。

江戸時代は伊達藩の領地であったことから、もち文化が今も色濃く残っています。

餅の食べ方が300種以上あると言われ、全国ご当地もちサミットが行われるなど、「もちのまち」でもあります。

詳細はこちらへ(一関市HP)
http://www.city.ichinoseki.iwate.jp

櫻井陽
一般社団法人いわて圏

一関の魅力は色々ありすぎるので、私的なライフスタイルを書きます!
一関は程よい田舎町で、買い物には困りません。街中には、いつもの大型店もありますが、私の住むところは目の前が田んぼで、朝起きると野良猫が、夜は星空でホッと一息な農村です。

農業が盛んで、至る所に産直・道の駅があり、仕事の合間や終わりに新鮮なお野菜やちょっとしたお惣菜を買って帰ることも。また、体育館やテニスコートなどの公共のスポーツ施設が沢山あるので(利用料は1時間数百円ほどで驚きます)、仕事終わりに楽しんでいます。温泉も近くにあるので、疲れた夜や週末には、フラッと日帰り入浴したりもできます。

自然も多く、キャンプ場多いので、アウトドアにも困りませんし、夏は家でBBQが定番です。もちろん、金曜日行きたくなるディープな飲み屋や、週末ランチで訪れたい素敵なカフェもあります。
色々書きましたが、一関での暮らし方・遊び方は無限大です!ぜひ一関で自分らしい暮らし方も見つけてほしいと思います!

佐藤 航
世嬉の一酒造株式会社

岩手県一関市は東京から新幹線で2時間半、意外と近いですが、のんびりとした地域です。
隣町は世界遺産で有名な平泉町(中尊寺金色堂や毛越寺)があり、農業を中心とした地域です。全国と同様、急速に過疎化し、Uターンで最近若者が戻ってきたりしておりますが、全体的には少子高齢化の地域です。ただ、やはり世界文化遺産のなった地域なので、様々な埋もれている郷土芸能、食文化、人など外から見ると、一言「もったいない」といわれる地域です。
私どもも、私どもなりに町おこしを行っておりますが、まだまだポテンシャルのある地域と感じています。住むには子育て環境も含めいい場所だと思っております。
当社のHPは下記のとおりです。
https://www.sekinoichi.co.jp/

岩手県一関市の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

岩手県一関市に関係する人々(38人)

岩手県一関市を知る

岩手県一関市の注目プロジェクト

岩手県一関市はここ!