岩手県奥州市

岩手県奥州市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
42.2ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!

岩手県奥州市ってどんなところ?

奥州市は、岩手県の内陸南部に位置し、北は北上市・西和賀町・金ケ崎町・花巻市、南は一関市・平泉町、東は遠野市・住田町、西は秋田県に接しています。
奥州市の人口はおよそ112,000人で、市の面積は、993.30平方キロメートルです。
地域の中央を北上川が流れており、北上川西側には胆沢川によって開かれた胆沢扇状地が広がり、水と緑に囲まれた散居のたたずまいが広がっています。市街地もあればのんびりした田園地帯もある、ほどよい田舎です。高速道路や新幹線、在来線も通っており、市外へのアクセスがしやすいのも魅力です。
「南部鉄器」や「岩谷堂箪笥」など伝統工芸品の産地として、匠の技がしっかりと息づいたまちでもあります。奥州市の工芸品は、世界遺産である平泉の文化が色濃く反映され、その歴史によって培われてきました。その匠の技は現代にも守り受け継がれ、世界的にも「トラディショナルブランド」と称賛され、発展を続けています。
メジャーリーガーとして活躍する大谷翔平選手の出身地でもあり、DESCENTEの「水沢ダウン」、歴代のNHK大河ドラマのロケ地等としても有名な「えさし藤原の郷」など、日本や世界にも通用するコンテンツが多数存在している地域です。

奥州市都市プロモーション課
奥州市都市プロモーション課

東北6県のど真ん中にある奥州市。
新幹線を使えば、東京へ最速2時間15分、仙台へは40分ほどで行けます。
豊かな大地に恵まれ、高品質な食材の供給拠点として、ブランド牛「前沢牛」、「江刺りんご」、「奥州市産ひとめぼれ」など多くの農畜産物が全国で高評価を得ています。
さらに、交通の便の良さから、商業集積や工業団地の整備が進み、県内屈指の「ものづくり」の拠点として、数多くの企業が立地しています。また、「南部鉄器」や「岩谷堂箪笥」など伝統工芸品の産地として、匠の技がしっかりと息づいたまちでもあり、世界から「トラディショナルブランド」と称賛され、発展を続けています。
また、後藤新平や高野長英といった先人、MLBでリアル二刀流として活躍する大谷翔平選手を輩出しており、人を育むまちでもあります。
アクティビティーでも日本最大級のロックフィルダムの「胆沢ダム」から流れる胆沢川でのカヌーやラフティングが人気を集めています。
良いところが盛りだくさんの奥州市ですが、他の市町村に埋もれがち。
皆さんで奥州市の良いところを見つけに来てください。

岩手県奥州市の口コミ

口コミはまだ投稿されていません。

この地域を訪れたことがある方、
この地域で聞きたいことがある方は、
最初の口コミを投稿してみませんか?

岩手県奥州市を知る

岩手県奥州市の注目プロジェクト

岩手県奥州市はここ!