富山県氷見市

富山県氷見市

facebook twitter line
応援する ({{ likeCount }})
58.8ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!
もっと見る arrow

富山県氷見市ってどんなところ?

氷見市は、富山県の西北、能登半島の付け根に位置する人口約4万6千人の小さなまちです。 多くの幸をもたらしてくれる「青い海」と「みどり豊かな大地」を有し、人の心を引きつける自然の恵みに包まれています。海、山、まちの距離が非常に近く、美しい景色が暮らしに溶け込んでいます。

日本海側有数の氷見漁港には、四季を通じて156種類もの魚が水揚げされ、初夏の「マグロ」、冬の「寒ブリ」、そして「氷見いわし」は広辞苑にも掲載されるほど有名です。
そのほかにも、氷見牛、うどん、米、梅など多種多様な食材の産地でもあります。

また、日本ではじめて発見された洞窟住居跡「大境洞窟」や万葉の歌人大伴家持ゆかりの史跡など、歴史のロマンにも満ちあふれています。

さらに、近年は市内各地で温泉が湧出し「能登半島国定公園・氷見温泉郷」の名称でPRに努めています。

氷見市では、氷見市への移住を検討されている方へ総合的な支援を行う拠点として、『氷見市IJU応援センター』を開設しています。氷見の暮らしが体験できる「きっかけづくり」、住むと決めた時にすみやかに移住できる「移住支援」、住んでみてやっぱり住んでよかったと思える「定着支援」を行っています。この3つの支援を中心に移住・定住に関するさまざまな相談の窓口となりますので、お気軽にご連絡・お越しください。Zoomでのオンライン相談も行っておりますのでぜひご活用ください。

藤田 智彦
氷見市IJU応援センター・みらいエンジン

富山県氷見市は能登半島の付け根に位置する人口約48,000人のまちです。
昔から漁業が盛んな氷見では豊富な海の幸に恵まれ、特に冬季の「ひみ寒ブリ」は全国的にも有名で、これを目当てに多くの方が氷見を訪れます。
海ばかりでなく山が近いのもポイント。海から車で10分も走れば里山エリアとなり、のどかな景色と澄んだ空気を堪能できます。
近年氷見市ではUターンをはじめとして移住者による起業が相次ぎ、ローカルの魅力と都会のセンスをかけ合わせたビジネスが増えてきてます。
熱い想いを持った仲間たちと、氷見で新しい働き方を実現しませんか…?

富山県氷見市の口コミ

氷見市に移住半年問題発生 ちゃんとしてから移住促進してほしい
コメント (0)
富山県氷見市に関係する人々(16人)

富山県氷見市を知る

富山県氷見市の注目プロジェクト

富山県氷見市はここ!