日本遺産「木彫刻のまち井波」の踊り屋体の曳き方ボランティアを募集
募集終了
体験する
開催日:2020/05/03
募集終了日:2021/04/20

日本遺産「木彫刻のまち井波」の踊り屋体の曳き方ボランティアを募集

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

私達は日本遺産「木彫刻のまち井波」推進事業の一環として、「踊り屋体」を井波地域のシンボルとして再生し、井波の歴史と文化、そして井波彫刻の技を後世に引き継いでいく取り組みをスタートさせました。

このたび、井波の新しいシンボル・広告塔として再整備し、井波彫刻を施した「屋体の披露及び踊りの披露」を行います。

しかし、人口減少や少子高齢化でせっかく生まれ変わった踊り屋体を曳いていただける方が不足しています。躍動感あふれる井波彫刻に彩られた屋体に触れて、情緒豊かな井波のまちなかをまわれる年に1度の機会ですので、ご興味のある方はぜひ一緒に仲間になりませんか?

日本遺産彫刻のまち井波で復活した"踊り屋体"をこれからも続けていきたい

井波は2018年5月、瑞泉寺を中心とした600年以上にわたる歴史と、200年あまり受け継がれてきた木彫刻の伝統等が高く評価され、日本遺産に認定されました。

そんなまちの代表的な行事である井波八幡宮春季例祭。中でも、女の子が艶やかに踊り舞う「踊り屋体」が、祭りをひときわ華やかに彩っていました。

しかし、屋体の引手の人手不足、踊り子不足という現実を乗り越えていくことができず、10年前に廃止になってしまいました。

そこで昨年2019年には消滅してしまう踊り屋体に井波彫刻を施し、まちのシンボルとして復活させるためにプロジェクトを立ち上げました。クラウドファンディングでは100万円以上の応援が集まり、踊り屋体が復活しました。

改めて踊り屋体をきっかけにまちの人たちが一つになれる、地域外の方も井波を訪れるきっかけになったと感じています。ただ、屋体を曳いていただける方が不足していることも地域の課題として残っています。

南砺市では応援市民制度という、「南砺市に住んでいないけれど、南砺市のことが好きで、南砺市を応援いただける方」を広げていこうという取り組みがあります。井波のまちや日本の伝統文化に興味のある方は、私達と一緒に井波の歴史ある祭りを盛り上げていただけると嬉しいです。

ボランティアの内容はこんな感じです!

今回の踊り屋体を通じて以下のような方に出会いたいです。
・伝統行事・祭礼などの歴史文化に興味がある方
・井波彫刻を核とした日本遺産の活用に興味のある方
・地方で何か新しいチャレンジをしてみたい方・関わりたい方
・一流の田舎をめざして生活したい方  など

屋台曳きの舞台となる門前町の八日町通りや井波別院瑞泉寺

屋台曳きの舞台となる門前町の八日町通りや井波別院瑞泉寺

井波地域をあげてご参加お待ちしています!

井波地域をあげてご参加お待ちしています!

イベント・ツアー内容

開催日程:2020年05月03日

所要時間:12:00〜19:00

費用:無料

定員:10 人

最小催行人数:1 人

集合場所:井波交通広場駐車場(富山県南砺市山見956−1)

解散場所:井波交通広場駐車場(富山県南砺市山見956−1)

スケジュール

集   合  12:00 場所:井波交通広場
初 回 披露 13:00 場所:中新町付近
第2回披露 13:30 場所:井波交通広場
第3回披露 15:00 場所:アスモ駐車場
第4回披露 17:00 場所:八日町通り付近
最 終 披露 18:00  場所:中新町付近 
解   散 19:00  場所:井波交通広場 

【その他】
・当日は動きやすい靴・スポーツウエアー等でお越しください(お祭りの法被をお貸しします)
・ボランティア参加者の方々は、記念の日本手ぬぐいを配布します。
・主催者側でボランティア参加者には万が一に備えてレクリエーション保険(イベント保険)に加入させていただきます。

南砺市
原田 司が紹介する南砺市ってこんなところ!

富山県南西部に位置する南砺市井波地域は、南砺市50,000人の人口のうち8,000人がすむ小さな地域です。2004年には井波を含む8町村が合併しました。日本一の木彫りの街として知られるこの町は、近年は旅慣れた外国人たちに注目され、2018年には日本遺産にも指定されています。

人々は、約620年前に開かれた瑞泉寺を大切にし、信仰と歴史と文化により町を切り開いてきました。しかし、その瑞泉寺が200年前に大火災で消失します。まちの人々は、街の象徴を再建しようと、京都から京都の東本願寺より御用彫刻師を迎え入れます。そのたった一人の技術がまちの人々に伝わり、現在は200人もの彫刻師が活躍する"日本一"の木彫りの街となりました。

プロジェクトの経過レポート
2020/03/24

【募集の中止のお知らせ】
この度主催者側で協議を行い、日々高まる新型コロナウィルス感染症リスクに鑑み、参加者及び関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、5月3日に予定していた本行事はを中止することにいたしました。

楽しみにしてくださっていた皆様には申し訳ございませんが、何卒ご理解いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。

また踊り屋体の披露については、現在今年の秋前後で開催できないかと検討しております。
実施や詳細が決まりましたらご案内いたしますので、引き続きご関心を持っていただければと思います。

2020/03/16

【募集期限】
本プロジェクトの募集期限は4月20日(月)までとなります。
ご希望の方は上記募集期限までにご連絡をお願いします。
気になる方はご遠慮なく「今すぐ話を聞きたい」からご連絡くださいませ。

原田 司
井波日本遺産推進協議会
富山県南砺市井波の出身です。 南砺市役所に長年勤め、現在は井波日本遺産推進協議会の事務局長として井波地域の地域づくりに携わっています。
5
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!