岩手県花巻市

岩手県花巻市

facebook twitter line
icon_star 応援する ({{ likeCount }})
61.3ネット関係人口スコア(
訪問しました!
移住決定しました!

岩手県花巻市ってどんなところ?

菊池 遼
花巻市

自然豊かな山々に囲まれた岩手県の中央部に位置する花巻市大迫町。
ここはかのフランスワインの銘醸地、ボルドー地方によく似ているといわれています。

どういうことかというと、大迫町はぶどう育成期の降水量が少なく、朝夕と日中の寒暖の差もあり、さらには石灰質の土壌を持つという独特な気候風土を擁しており、簡単にいえば、ぶどう栽培にうってつけな場所なんです!

欧州系のワイン加工用ぶどうから、生食用のぶどうも数多く栽培されており、地元のワイナリーではこれらを原料とした様々なワインを造っています。

のどかな田舎でスローに暮らしたい方にぴったりです。

瀬川達矢
花巻市地域おこし協力隊

 岩手県の中西部に位置する花巻市。中央を北上川が南北に流れ、西は奥羽山脈、東は北上高地に囲まれた北上平野に位置しています。

 宮沢賢治の生まれ故郷であり、花巻温泉郷、わんこそばや早池峰神楽などがあります。花巻空港、東北新幹線、東北本線、高速道路が近くにあり、田舎ですが交通の便は意外にいいところだと思います。

 現在私が住んでいるのは市内から早池峰山方面に向かっていったところにある大迫町です。(”おおさこちょう”ではなく、”おおはさままち”と読みます。)中山間部の小さな町ですが、その地形・地質が世界的なワイン産地で有名なフランスのボルドーに似ていることに着目した当時の岩手県知事によりぶどうの生産に力を入れ始めました。そのため、現在でもぶどう農家さんが多いのが特徴です。最近では新規にぶどう栽培を始める方も少しずつ増えています。

 エーデルワインをはじめ個人でワイナリーを経営している方もいます。そのためワインに関係するイベントも多く、毎年5月には日本ワインフェスティバル、9月にはワインまつりなどが開催され全国から多くの人が集まります。

 大迫のメインストリートは昔栄えた宿場町のレトロな雰囲気が漂い、今でも古いお店屋さんが軒を連ね、風情を感じさせる街並みが残っています。ここ、大迫町は早池峰山をはじめ雄大な自然とともにワインを楽しみ、田舎暮らしをしてみたいという方にはうってつけの場所です。

福田一馬
株式会社ぼうけん

花巻市は岩手県のほぼ中央に位置していて、人口9万人の温泉と歴史と野菜のまちです。
数年前から民間主導のリノベーションまちづくりに取り組んでいて、マルカンビル大食堂の再生などは全国的な話題にもなりました。(https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/434167/032600100/
実際に、この3年間で遊休不動産を改装して新規オープンをした店舗が約15件あり、いわゆるシャッター商店街が20~30代の若者を中心とした活動で変化し始めていて、大きな時代の波が生まれようとしています。
決して大きなまちではありませんし、娯楽も多いわけでもありません。しかし、自然環境や美味しい地元の食材、さらに東北ならではの控えめで優しい人たちがたくさんいます。
自分がほしい暮らしや夢のために、一緒に花巻でチャレンジしませんか?

この地域で活動する人(この人たちがスカウトします!)
岩手県花巻市に関係する人々(30人)

岩手県花巻市を知る

岩手県花巻市の注目プロジェクト

縄文土器の展示から、ぶどう農家のリデザインへ。元・学芸員、岩手県花巻市の高橋信一郎さんが目指す“行政らしくない”PR手法

岩手県花巻市役所定住推進課で、課長補佐を務める高橋信一郎さん。2015年の着任から、移住定住、ふるさと納税、シティプロモーション、地域おこし協力隊の採用とマネジメント、婚活と市の地方創生関連事業を一手に引き受けてきました。各課の...

続きを読む

岩手県花巻市はここ!