【最大3人!】伊豆で「無農薬・無化学肥料」なあなたの畑を作りませんか?できた野菜を送ります。「堆肥を一緒にまいてくれる人」募集します!
募集終了
体験する
開催日:2019/08/17
募集終了日:2020/08/14

【最大3人!】伊豆で「無農薬・無化学肥料」なあなたの畑を作りませんか?できた野菜を送ります。「堆肥を一緒にまいてくれる人」募集します!

pin 静岡県 伊豆の国市
(サブエリア: 伊豆市)
仲間募集

「今すぐ話を聞きたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

静岡県伊豆の国市の地域おこし協力隊のちだです。

好きにしていいよ、と畑を貸してもらいました。

じゃあ、土に触れたい人と一緒に畑をやろうと思いました。

とは言え、伊豆に来るのも骨が折れます。

なので、一緒に土作りをしてください(「堆肥」というものを一緒に畑にまきます)

心配することはありません。ものの2時間もあれば終わります。

そしたら、あなたを伊豆のオススメスポットへお連れします。

作業の後は、一緒に汗を温泉で流します。
僕がいる伊豆の国市には、伊豆長岡温泉という温泉場があります。

そして、地ビールが飲めるスタンディングバーで一緒に乾いた喉を潤しましょう。
大丈夫、駅前にあるのですぐに電車に乗れますよ!

なんだ、都合よく人を使いたいだけかって?

いやいや

違いますよ

堆肥をまいた畑の一部は、「あなたの畑」になります。

そこで僕が、「あなたの野菜」を作ります。

できたら、「着払いで」送りつけます。

いいですね?

着払いで送りつけます。

堆肥をまいて
観光して
ビール飲んで
野菜が送られます。

それでは、詳細をどうぞ。

一人で畑をやるのは大変だし、寂しい。

一緒に農作業をやると、楽しいんです。

一緒に農作業をやると、楽しいんです。

一人はサミシイ...

一人はサミシイ...

2年前、思いきって地域おこし協力隊として東京から家族で伊豆へ移住しました。

活動で農業に関わるうちに

「自分で作ったものを食べる幸せ」

に気づきました。

野菜ってこんなにおいしいんだーぃ!

で、半年前くらいから畑を借りて素人ながら少しずつ、でも本格的に農業を始めました。

そしてこのタイミングで。

いいタイミングです。

「これから、地域の方が好きにきて使えるようなコミュニティ畑を作りたい」
「人がいつ、どのくらい集まるかわからない」
「でも畑はあるから、ちだくん、好きにつかっていいよ」

と言われたのです。

当初、自分の農業技術向上のために一人で野菜を作ろうと思いました。

でもね

一人で農作業をするって

孤独

なんです。

ロンリー

なんです。

だったら

ちょっと土いじりをしたい、んで美味しい野菜も食べたい
農業に興味はあるけど、いきなり研修とかハードル高い
伊豆って面白そうだけど、行く機会がない

そんな方々と一緒にやって、笑顔をシェアできたらとっても楽しいんじゃない?

という非常にシンプルな想いから、このプロジェクトを立ち上げました。

まとめると

好きにしていいって言われたから
一緒に好きにやりません?

ということです。

いつもの毎日にちょっとだけアクセントが欲しい、そんな人、いませんか?

伊豆のわさび沢。癒しがハンパないです。

伊豆のわさび沢。癒しがハンパないです。

伊豆長岡の温泉街近く。空が広いんです。

伊豆長岡の温泉街近く。空が広いんです。

プロジェクトはいたってシンプルです。

畑に堆肥をまく

ですから。

でも、堆肥をまくと

・ちだの好きな伊豆のディープスポットへご案内。
 ワサビってどういう風に育ってるか知ってますか?などなど。

・温泉を堪能。
 伊豆は温泉がいっぱいです。伊豆長岡温泉は畑の近くです!

・地ビール。
 駅前の地ビールスタンドへ一緒に行きましょう。

・自分の好きな野菜ができたら、着払いで送り届けられる。勝手に。
 あなたの育てて欲しい野菜を、ちだが頑張って作ります。
 できたら、着払いで送ります。勝手に。

こういうことがあります。

畑に興味がある方には、畑アクセントが。プロジェクトの後、いつきてもらっても構いません。あなたの畑になりますから。

さらに、

伊豆に興味がある人には、伊豆アクセントがあるでしょう。

温泉に興味がある人には、温泉アクセントがあるでしょう。

ビール好きには、ビールアクセントが

というように、アクセントが止まりません。

幸い、伊豆は首都圏や中部地方などからはアクセスがいい地域です。

今回のプロジェクトで伊豆を身近になってもらいたいんです。

日々の仕事や家事育児に追われ、ちょっとアクセントが欲しいな

そんな時に伊豆を思い出して欲しい、そういう想いがあります。

持ってきてほしいもの/その他注意事項

服装はこんなイメージです。

服装はこんなイメージです。

堆肥はサラサラとしていて、匂いもありません!

堆肥はサラサラとしていて、匂いもありません!

■農業をする服装について

・長袖
・長ズボン
・帽子
・手袋
・長くつ
・水分

■熱中症対策について
毎日暑い日が続きます。
作業の日も高気温が予想されます。
なるべく気温が下がっているタイミングで作業をしたいことから、作業開始を15時としています。

また、作業中は30分に1回の休憩を取ります。ですが、それに加えて適宜休憩を取ります。
美味しいビールを飲むために、安全に作業を終えるようにします。

■農作業に使う服装や小物を全然持っていない人
もしかすると、都市部では作業用の服装を揃えることが難しいかもしれません。

そんな方は12時ころをめどに少し早めに伊豆へ来ていただきます。
そして一緒にワークマンへ買い物に行きましょう。

作業着の聖地、ワークマンへ。

■車がなくても大丈夫!
伊豆箱根鉄道の伊豆長岡駅まで自力でお越しいただければ、そこからはちだの車で送迎します!

■あなたの畑、で作る野菜について
私ちだは、農家志し中です。栽培経験はまだ半年ほどです。
なので、プロの出来栄えをご期待いただくのはちょっと辛いです。

少しだけルールを設けさせてください。

・作る野菜は、お一人3種類にさせてください。
あんまり多いとちだは対応できないです。すみません。

・栽培は「無農薬」「無化学肥料」で行います。
ちだに薬の知識がないのです。すみません。

・虫食い、野菜が小さいということがあります。
無農薬でやるということは、虫さんがやってきます。
化学肥料をやらないということは、野菜がじゅうぶんに育たないことがあります。

・その他、栽培の細かな点はちだに任せてください。
例えば「マルチをしてほしい、欲しくない」など細かな栽培方法が気になるかもしれません。
そういったことは個別対応が難しいことがあるのですみませんがお任せください。

・天災、獣害等で野菜ができないこともあります。
先日、僕の畑の野菜の7割ほどがシカに食べられました。
今年の7月は長雨が続いて、ミニトマトがほぼ全滅しました。
こういったことがありますので、ご承知おきください。

■あなたの畑の終了時期について
ちだの協力隊期間は2020年6月いっぱい、です。
したがって、そのタイミングであなたの畑も終了になりますのでご承知おきください。

■あなたの畑でリクエストできる野菜一覧
・こかぶ
・キャベツ
・小松菜
・レタス
・ほうれん草
・春菊
・大根
・チンゲンサイ
・人参
・白菜
などなど。

その他、この野菜はどう?というのがあればどんどん言ってください。
チャレンジできそうなら、やってみます!!

■参加費用について
現在、参加費用1万円とさせていただいております。
これは
・タネ等の購入費用
・堆肥購入費用
・ちだの労働経費
・農業資材等購入
に充てさせていただきます。

ちだが自分の畑を持った時、こういった取り組みがビジネスとして成り立つのだろうか?

今回はその検証も兼ねています。

まだまだ新しい取り組みですが、ぜひご協力、いや、一緒にこれを育てていきませんか?

よろしくお願いします!

イベント・ツアー内容

開催日程:2019年08月17日

所要時間:堆肥をまく作業は、15時から17時。伊豆ツアーは13時から行います!

費用:1万円*あなたの畑を希望しない場合にはゼロ円です。

定員:3 人

最小催行人数:1 人

集合場所:伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅

解散場所:伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅

スケジュール

■やること
畑に、堆肥をスコップと一輪車でまく。
ちだと一緒に伊豆おすすめスポットを巡る。
ちだと一緒に温泉入る。
ちだと一緒にビールスタンドでビール飲む。

*温泉代やビール代等の費用は参加者様の個人負担となります。

■スケジュール
13:00
伊豆長岡駅集合
*ちだが車でお迎えに行きます。

13:00-15:00
ちだの大好きな伊豆スポットツアー
*ちだの車で巡ります。

15:00-17:00
畑に堆肥をまく

17:20-18:00
銭湯@伊豆長岡温泉場

18:20-20:20
反射炉ビアスタンド@伊豆長岡駅前にてビール

千田一徳
伊豆の国市地域おこし協力隊
静岡県伊豆の国市で地域おこし協力隊をしている、ちだです! 家族で伊豆に移住して、丸2年が経ちました。 大学卒業後、金融機関に勤めましたが、「定年までの未来が見える不安」にかられ2年半で退職しました。 その後、ニートやラーメン二郎でのアルバイトを経て<青年海外協力隊>として<ウガンダ>で2年間活動しました。 帰国後、自転車での日本一周をやって、東日本大震災の復興支援の仕事をして、ようやくIT企業のコンサルタントとして落ち着きました。結婚もして娘にも恵まれました。 東京で仕事に子育てに奮闘する日々を過ごしました。 が、 が!! 朝から夜遅くまで仕事をする毎日 家族との時間はとても取れません。 子育ても、もう少し自然のある場所でやりたいという夫婦の想いが出てきました。 そこで 「何をやるかは置いておいて、まずは住む場所、仕事環境を変えよう」 という家族間の合意があり、伊豆への移住を決めました。 今でも日々新鮮な驚きが得られる伊豆の暮らしは最高です。 特に「自分で作ったものを食べる喜び」に感動し、現在「農家志し中」です!
9
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
実は今回は予定があって一緒に堆肥まきできません。。。でもでも!今の居住地からも近いので、ぜひぜひ次回(例えば9月の3連休とか、冬野菜に向けて10月とか)第2回をしませんか(๑・̑◡・̑๑)
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!