特産品の鞍掛豆を活用した新しいビジネスづくりに取り組む仲間を募集!
募集終了
体験する
公開日:2021/04/21
終了日:2021/05/31

特産品の鞍掛豆を活用した新しいビジネスづくりに取り組む仲間を募集!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
もっと見る arrow

小海町は長野県の東部に位置し、八ヶ岳連峰や千曲川が流れる風光明媚な山間の町、小海町。株式会社さとゆめと協働し、都心から離れて等身大の自分らしさを取り戻す「憩うまちこうみ」と称した事業を展開し、Re・Designセラピーというヘルスツーリズムに力を入れています。

夏の冷涼な気候により、白菜、レタス、キャベツなどの高原野菜の生産も盛んですが、
生産価格の低迷や高齢化にともない遊休荒廃地が増えるなど、農業をめぐる課題は山積。
町では、高齢者でも比較的栽培しやすく、付加価値を持った生産物をと伝統野菜である
「鞍掛豆」の栽培を推進しています。

「鞍掛豆」は平らな緑の豆に馬の鞍がかかったような黒い模様がついた特徴的な豆で、
一般的な豆よりも糖度が高く、濃厚な甘みを感じることができます。

町の新たな産業となる商品開発・販路開拓

鞍掛豆自体のブランド価値を高めていくために、まずは地域内外での認知を高めていくフェーズです。「鞍掛豆」を活用した商品開発や地域外での販路開拓など、鞍掛豆の6次産業化なども視野に入れながら、産業の柱を育てていきます。

まずは、3ヵ月間のプロジェクトに参加いただき、小海町 町長をはじめ、鞍掛豆の産業化を目指す地域の方々に向けてプランを提案していただきます。【一般財団法人ALIVE・株式会社さとゆめが主催する100DIVEプロジェクト】

商品開発やマーケティング・新規事業に興味ある方大募集!

応募資格

ー必須条件
・3ヵ月間、プログラムへの参加や活動に主体性を持って取り組める
・自分の思いや経験をかけ合わせて力になりたい、事業づくりに挑戦したい

ー推奨条件
・新規プロジェクトの企画・推進経験などがある(規模不問)
・構造的に捉えて整理し、ニーズや課題を特定する力
・仮設検証を繰り返しながら、具体的にプロセスを作り込む力
 
 ※地域やテーマに関するバックグラウンドは不問です。

プログラム日時は、下記をご確認ください。
ご興味ある方は、まずはお気軽にご相談ください。

小海町
100DIVE小海町事務局が紹介する小海町ってこんなところ!

小海町は長野県の東部に位置し、八ヶ岳連峰や千曲川が流れる風光明媚な山間の町、小海町。さとゆめと協働し、都心から離れて等身大の自分らしさを取り戻す「憩うまちこうみ」と称した事業を展開し、Re・Designセラピーというヘルスツーリズムに力を入れています。

100DIVE小海町事務局
100DIVE小海町事務局
100DIVE小海町事務局です。 “100DIVE”とは、多くの人が地域課題に挑戦する新しい当たり前を創るために、テレビ東京「ガイアの夜明け」でも紹介された「沿線まるごとホテル」をはじめ、全国約40エリアで地方創生事業のプロデュースを行う株式会社さとゆめと、日本最大級の異業種混合型リーダーシップ開発プロジェクトを提供する一般社団法人ALIVEが協働し、「地域課題を解消するビジネス創出」プロジェクトです。 主催:一般社団法人ALIVE・株式会社さとゆめ 運営:合同会社CONNECTIVE
27
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
栽培からマーケティング、販売までとやれることが多く素晴らしいです!
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!