1月10日〆 起業型協力隊募集!「豊岡の資源×〇〇」あなたのアイデアをカタチにしませんか?
募集終了
働く・住む
公開日:2021/11/30
終了日:2022/01/10

1月10日〆 起業型協力隊募集!「豊岡の資源×〇〇」あなたのアイデアをカタチにしませんか?

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
もっと見る arrow

豊岡市の地域資源を活かした面白いアイデアがカタチになれば、さらにまちが面白く楽しくなる!
そんな期待を胸に、2年の活動期間で準備し、豊岡市での起業を目指す「起業型」の地域おこし協力隊を募集します!
あなたのアイデアを実現することがまちの発展にもつながる、そんな素敵なアイデアをお待ちしています。

起業型協力隊は2人が活動中!その他にも豊岡で起業する人、増えてます。

豊岡市が地域おこし協力隊を導入したのは2014年度。これまでに69人の隊員を委嘱し、現役隊員は42人、活動終了後、15人が定住しています。
2020年度に行った協力隊の募集では、募集枠をはるかに超えるたくさんの応募をいただきました。(担当者としてめちゃくちゃ嬉しかったです)
豊岡を選んでいただけることだけでも嬉しいですが、更に嬉しいのが、豊岡への熱い思いを持って応募していただいていること。まちの取り組みに共感して、私たちが提示した活動メニューの範囲を超えて、豊岡での大きな夢や可能性を語ってくださる方もいました。
そんなみなさんと一緒に、もっともっとまちを面白くしたい!そうした思いから、既にいろいろなアイデアをお持ちの方に、豊岡の地域資源を活かした事業をしていただく「起業型協力隊」の募集を始めました!
2021年の春に募集したところ、3人の採用が決定し、9月から2人が活動中で、2022年春には3人目の方も移住してこられます。

<起業サポートも充実!>
豊岡市は、起業・創業を考えている人を応援するために、2019年に無料ビジネス相談窓口「IPPO TOYOOKA」を立ち上げました。活動期間中は「IPPO」も活用しながら起業準備を進めてください。
・IPPO TOYOOKA https://flap-toyooka.com/contact_ippo
・IPPOを利用し豊岡で起業した方を取材した記事はこちら https://tonderu-local.com/special/19979.html

また、市の創業補助金とは別で、地域おこし協力隊員向けの起業補助金も準備しています。
【対象経費の2分の1以内、200万円を上限】※補助金額は現時点のもので、今後変更になる場合があります。

このような市のサポートを受け起業された方は、2018年~2021年度の4年間(予定も含む)で55人。20・30代の若手や女性の起業も増えています。地域おこし協力隊(ミッション型)経験者も10人が起業されました!

起業型協力隊仲間 顔さん。家族で中国から日本に移住し大阪の会社でゲストハウス事業を担当していた。

起業型協力隊仲間 顔さん。家族で中国から日本に移住し大阪の会社でゲストハウス事業を担当していた。

起業型協力隊仲間 中田さん。フランス留学時に「ゼロ・ウェイスト」の考えと出会う。

起業型協力隊仲間 中田さん。フランス留学時に「ゼロ・ウェイスト」の考えと出会う。

豊岡市だからこそ花咲く面白いアイデアを持っている方と出会いたい!

「起業型協力隊チーム」の一員になっていただける方を2人募集します!
活動自体は個々で行っていただきますが、他のメンバーと情報共有しながら、切磋琢磨して活動していただきたいです。
もちろん、地域の方やミッション型の協力隊メンバーとも上手く連携していただける方をお待ちしています!

<こんな人と出会いたい!>
・豊岡の地域資源を活かして地域を盛り上げたい方
・豊岡のまちだからこそ、自分のアイデアをカタチにしたい方
・移住して新たなことにチャレンジしたい方

<まちの地域資源例>
・世界から評価されている、特別天然記念物「コウノトリ」の野生復帰の取組
・2021年4月に芸術文化観光専門職大学が開学し約80人が入学。いずれは、大きなエネルギーを持った学生320人+教職員80人(+家族)が豊岡のまちに!
・“まち全体が一つの旅館”がコンセプトの城崎温泉は、世界のインスタ映えする温泉第8位(国内1位)にも選ばれました。
他にも豊岡市には多くの地域資源が…。たくさん情報収集してアイデアをブラッシュアップしてください!

生きものに優しい農法「コウノトリ育む農法」で栽培されたお米の他に、肉・野菜・魚介・果実…、新鮮な食材の宝庫

生きものに優しい農法「コウノトリ育む農法」で栽培されたお米の他に、肉・野菜・魚介・果実…、新鮮な食材の宝庫

まちを盛り上げようと活動してくれる高校生もいます!(写真は高校生と一緒に取り組む「ミュージシャン・イン・レジデンス事業」のミーティング)

まちを盛り上げようと活動してくれる高校生もいます!(写真は高校生と一緒に取り組む「ミュージシャン・イン・レジデンス事業」のミーティング)

豊岡市地域おこし協力隊 受入条件

◎身分:個人事業主として、市と業務委嘱契約を締結する
◎活動支援組織:一般社団法人ちいきのて(活動へのアドバイス、地域情報の提供等)
◎活動期間:最長2年間(応募時点で2年間活動する意思のある方が対象)
◎活動時間:140時間/月(例:7時間/日×20日)
◎月支給額:最大333,000円(報償23万3千円、私用車・事務機器借上料3万円、家賃支援 上限7万円)※住居初期費用、ガソリン代は別途支給
◎その他:活動時間外の副業OK

メッセージやオンライン相談で話を聞いてみたいという方は、下記ページで応募条件等をご確認のうえ「応募したい」ボタンを押してください!
https://www.city.toyooka.lg.jp/boshu/shokuinboshu/1004082.html

ちょっと気になる!という方や、素敵な活動だけど応募できないという方は「興味ある」ボタンを押して応援していただけたら嬉しいです。

豊岡の酸いも甘いも熟知した同級生コンビが活動をサポートします! 左:多様な人脈をもつ沖中さん(市担当者) 右:いろんな肩書で活躍する島﨑さん(ちいきのて)

豊岡の酸いも甘いも熟知した同級生コンビが活動をサポートします! 左:多様な人脈をもつ沖中さん(市担当者) 右:いろんな肩書で活躍する島﨑さん(ちいきのて)

協力隊として3年活動後、パートナーと一緒にゲストハウス「Hostel Act」を開業された岡田さん(写真左)

協力隊として3年活動後、パートナーと一緒にゲストハウス「Hostel Act」を開業された岡田さん(写真左)

豊岡市
飛んでるローカル豊岡が紹介する豊岡市ってこんなところ!

豊岡市は兵庫県の北東部に位置し、北は日本海、東は京都府に接している、人口8万人のまちです。
小さな世界都市を目指し、まちの面白い人たちと一緒に、演劇を用いたまちづくり、コミュニケーション教育等の子育て・教育の充実、コウノトリ(生きものを)育む農法の推進など、いろいろなことに取り組んでいます!
地域おこし協力隊は42人が活躍中!

移住に関する情報は、豊岡市移住・定住ポータルサイト「飛んでるローカル豊岡」をご覧ください。
https://tonderu-local.com/

プロジェクトの経過レポート
2022/01/09

豊岡の地域資源!たくさんの温泉!

7036

豊岡市の温泉といえば、城崎エリアの城崎温泉街が有名ですが、竹野・出石・日高・但東エリアにもそれぞれ温泉があり、市民にとって温泉は身近な存在です。
(豊岡エリアには温泉はありませんが、市街地に一軒だけ銭湯があります。)

豊岡市の6エリアについては、下記ページをご覧ください。
https://tonderu-local.com/about

豊岡市地域おこし協力隊の応募締切はいよいよ明日となりました。正式なご応募は下記ページの応募フォームからお願いいたします。明日(1/10)中は受け付けています。
https://www.city.toyooka.lg.jp/boshu/shokuinboshu/1004082.html

2022/01/06

着任後に活動をサポートする市担当者と話してみませんか?

6976

「地域おこし協力隊各募集メニューの市担当者と話しましょう!」企画は、本日6日が最終日です!

「起業型」のメニューはまだ空きがありますので、少しでも興味がある方は、ぜひお申込ください^^
◎イベント詳細 https://smout.jp/plans/753
◎お申込み https://tonderu-local.com/entry/
※本日12時までは予約フォームを開けています。ご予約しそこねた場合は、メッセージでお知らせください。

結婚を機に関東圏から豊岡に移住して、現在は子育て中の増田さんが担当します!移住担当チームメンバーなので、移住に関することもぜひご相談ください。
まちに潜む地域資源についてもご紹介します!

2022/01/02

FBもチェックしてみてください。

6943

豊岡市地域おこし協力隊のFBページでは、豊岡市で活躍する隊員の紹介を順次しています。是非ご覧ください。
最新の投稿では、本文でも紹介してる中田さんが登場。
https://www.facebook.com/toyookachiikiokoshi/

また、豊岡市の就活応援BOOKでも同じく中田さんを紹介していますので、そちらもご覧ください。
https://job-navi.city.toyooka.lg.jp/guide_book_2021/html5m.html#page=10

2021/12/27

豊岡で起業した方をご紹介!

6884

豊岡市の移住定住ポータルサイト「飛んでるローカル豊岡」では、豊岡で起業した方へのインタビュー記事を掲載しています。

協力隊として活動したのち、ゲストハウスを開業された岡田さんのインタビューも。
https://tonderu-local.com/job/20413.html

他にも市内で起業された方を紹介していますので、ぜひご覧ください!
https://tonderu-local.com/special/19979.html

2021/12/24

「IPPO TOYOOKA」が起業準備を強力サポートします!

6847

豊岡市の起業相談窓口「IPPO TOYOOKA」。
起業型協力隊員も定期的に利用して、起業プランをブラッシュアップさせていきます。専門家との相談が、なんと無料でできちゃいます!
写真は、IPPO相談員の今井さんと、起業型協力隊員の顔さん。今井さんの的確で愛のあるアドバイスは、起業を目指す協力隊員に好評です。
IPPO TOYOOKAは、豊岡市で起業をしたいとお考えの方であれば、市外にお住まいでもご利用いただけます。

facebookページでは、実際にIPPOを利用して起業された方の紹介をしています!
https://m.facebook.com/ippotoyooka/

2021/12/16

12/23「起業・事業承継」をテーマにした協力隊合同募集セミナーに参加します!

6754

当日は、全国から6つのまちの担当者が集まります。
ぜひこれをきっかけにお話しませんか?
いろんなまちを比較してみてください。

日時:12月23日(木)18:30~(18時~受付)

参加自治体:北海道石狩市、秋田県由利本荘市、茨城県県北振興局、滋賀県愛荘町、兵庫県洲本市、兵庫県豊岡市

詳細・申込は下記ページをご覧ください。
※申込締切は21日(火)15時まで!
https://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/7778.html

自治体職員だけでなく、地域おこし協力隊経験者で協力隊員のサポートをされている方も参加してくださるようです!

2021/12/10

豊岡の地域資源!千年以上の鞄作りの伝統

6681

東京・名古屋・大阪と並び、豊岡市はかばんの4大産地の一つです。180社以上のカバン関連企業があり、美しいモノづくりの精神と技術が受け継がれています。

市街地のカバンストリートには、1年間で一から鞄作りを学べる学校「アルチザンスクール」が。入校生のほとんどは市外からやってきて、卒業生の約6割が市内鞄企業に就職しています。
https://smout.jp/plans/5119

飛んでるローカル豊岡
兵庫県 豊岡市役所
豊岡市は兵庫県の北東部に位置し、北は日本海、東は京都府に接しています。多彩な四季を感じられる大自然は、私たちにさまざまな恩恵を与え、時には心を癒してくれます。 豊岡市は 「小さな世界都市-Local & Global City-」を目指しています 。「小さな」を「Local」と訳し 、 豊岡というローカルに深く根ざしながら世界で輝く「小さくてもいい」という堂々とした態度のまちを創ろうとしています。 そのために、まちの面白い人たちと一緒に、演劇を用いたまちづくりや、生きものを育む農法など、いろんなことに取り組んでいます。 2005年9月には 国指定の特別天然記念物 コウノトリが自然放鳥され、人里で野生復帰を目指す世界的にも例がない壮大な取組が始まりました。現在では約200羽が日本の大空を悠然と舞っています。 日本一の生産量を誇る鞄産業、城崎温泉、竹野浜海水浴場、神鍋高原スキー場、出石城下町、たんとう花公園など、6つのエリアにある個性豊かな地域資源もまちの魅力のひとつです。 海も山も温泉もあり、空港もあり、新古の文化もあり、人と自然が共生するまちで、子どもも大人ものびのび暮らしています!ぜひ一度お越しください!
46
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!