食・学び・観光まるごと詰め込んだ気仙沼を堪能しよう!1泊2日ツアー!
体験する
応募終了日:2019/08/23

食・学び・観光まるごと詰め込んだ気仙沼を堪能しよう!1泊2日ツアー!

pin 宮城県 気仙沼市

「今すぐ話を聞きたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

東北出身者でもない私たちは
これまで何度も東北に足を運び、いろんなカタチで東北と関わり続けてきました。
そうしてきたのは、
そう思わせてくれた「きっかけ」に出会えたからです。

たくさんの人とのあたたかい交流
居心地のいい雰囲気での生活
食を支える生産者との出会い

そのような「きっかけ」の出会いが、自分の人生に影響をもたらせてくれました。

私たちが、これまで恩恵を受けてきたたくさんのきっかけを
みんなにも体感してほしい。

そうして新しい価値に触れることが
これからの人生における、なにかのきっかけになるはずです。

あなただけの「きっかけ」を体感しに来ませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1泊2日で堪能できちゃうツアーとなっておりますので、
忙しい学生の方でも、社会人の方でもお待ちしてます!!

▶詳細ページはこちらから。
https://www.kakehashi0311.com/blank-1

人生を変えてくれた、たくさんの「きっかけ」との出会い

私が初めて被災地に足を運んだのは、震災から6年目の夏でした。
「被災地を自分の目で見たい。」
そんなことを思っていながら、行くきっかけがなく
気が付いたら6年が経っていました。
だからこそ、
「今更行ったって…」
「行こうか迷ってるけど、きっかけがない…」
そんな人にぜひ来てほしいと思ってます。

自分の目で見たからこそ、
自分の足で現地を訪れたからこそ、
感じるものがあります。
そこから得るかけがえのないものが
たくさんあります。

人生を変える「きっかけ」に出会いに来ませんか?

\\こんな人におすすめ//

・被災地に行ったことがないけど行ってみたい
・なにか人生を変えるきっかけがほしい
・たくさんの人との交流をしたい

▶詳細ページはこちらから。 詳細をご確認の上ご応募下さい。
https://www.kakehashi0311.com/blank-1

ツアー内容

所要時間:(1)2019年8月30日(金)〜2019年8月31日(土)*催行決定となりました。 (2)2019年9月6日(金)〜2019年9月7日(土) *催行人数に達しないため中止となりました。

費用:19000円(税込)

定員:12 人

最小催行人数:5 人

集合場所:ゲストハウス架け橋

解散場所:気仙沼内湾周辺

スケジュール

1日目
ゲストハウス架け橋集合:11時
昼食
佐藤慶治さんによる語り部
階上周辺のまちあるき
​ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
​震災時高校生だった慶治さんに、当時の震災体験や、現在の活動についてお話をして頂きます。彼は、震災時何を感じ、どのような思いで現在活動をしているのでしょうか。
まちあるきは、架け橋周辺のまちあるきをします。ここでは、震災遺構の伝承館に行ったり、イチゴ農家の三浦さんの所にも立ち寄ります。震災について学びつつ、生産者さんの想いにも触れてみませんか?
​夕飯は、地元の方を呼んで一緒にわいわい交流しちゃいましょう(^^)
=====================
2日目
キャンドル作り&ともしびプロジェクト杉浦恵一さんのお話
昼食
振り返り
​気仙沼市内湾周辺解散:15時頃
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ともしびプロジェクトとは、東日本大震災の「忘れないをカタチ」という想いのもと、キャンドルを灯すことで、想いを伝え、想いを繋いでいくプロジェクトです。キャンドルを作りながら、その活動のお話を聞いてみましょう。
​昼食は、まちあるきをしながら、気仙沼を堪能しませんか?

プロジェクトの経過レポート
2019/08/06

一次募集は8月5日(月)に締め切りましたが、二次募集が決定しました!8月30日~31日のタームのみ募集を受け付けております。二次募集締め切りは、8月23日(金)となっております。

木原 葵
中央大学休学中&ゲストハウス架け橋
大学4年生になるタイミングで現在中央大学を4月から1年間休学中してます。2019年2月から気仙沼に移住し、ゲストハウス架け橋で働いています。気仙沼や架け橋を初めて訪れたのは、大学2年生の夏休みで、それ以降気仙沼の魅力に惹かれ長期休みの度に何度も遊び行っていました。休学を決めたきっかけはたくさんありますが、就活のインターンに参加するも「みんなと一緒」というなんとなくの違和感を感じ、休学を決意しました。
9
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}