【ボランティア仲間募集!!】砂浜美術館*Tシャツアート展・運営スタッフ*特典あり*イベント準備・設営・運営・片づけ*仲間とともにお手伝い*
募集終了
体験する
公開日:2022/03/18
終了日:2022/03/31

【ボランティア仲間募集!!】砂浜美術館*Tシャツアート展・運営スタッフ*特典あり*イベント準備・設営・運営・片づけ*仲間とともにお手伝い*

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

広い砂浜でたくさんのTシャツがひらひらする、砂浜美術館のTシャツアート展。

ここ黒潮町の一大イベント!!

この”ひらひら”の風景づくりに、あなたも参加してみませんか?

ただ今、Tシャツアート展ボランティア(Tボラ)23期生を募集中です!!

広い空、青い海、人、Tシャツ、おいしい地元ご飯… たくさんの素敵な出会い☆
黒潮町・砂浜美術館を、”フルコースで”体感できます。

□□□活動期間
2022年4月29日(金)~5月7日(土)
□□□応募締切
2022年3月31日(木)
□□□募集定員
10名程度

4つの素敵な出会いをご紹介します♪

その①……”浜”
天井も壁もない広い広い砂浜美術館に、みんなの手で創りだすひらひらの風景。世界で1つだけの壮大なアートが出現します。そして、期間を通して丸1日過ごす砂浜での時間…風がやんでピタリととまったTシャツ、ひらひらと風におどるTシャツ、潮が満ちて水辺に映るTシャツ、夕日に輝く貝殻、広い青空にぽっかりうかんだ雲などなど、旅行では見られない、とっておきの姿にもきっと出会えるでしょう!どんなに眠くても、”日の出”は毎回大人気☆

その②……”人”
とにかく人がおもしろい!集まるボランティアも地元の人も「楽しみを見つけ出す」のが得意な人が多いです。Tボラの先輩たちもたくさん帰ってきます。(なんと、Tボラ同士で結婚した夫婦も!)さらに、審査のお手伝い、交流会など審査員との出会いも楽しめます。今年は、きのこ・粘菌写真家の新井文彦さん。新たな感性との出会いに、乞うご期待です!

その③……”宿”
「行ってらっしゃーい」「おかえりー」と、地域のお母さんたちが出迎えてくれる期間中の”わが家”は、なんと小学校。廃校を活用した宿泊施設「であいの里蜷川」は、黒板も図書室もそのまんま。懐かしい小学校の中に、ボランティア仲間たちと布団を並べて泊まるって、ワクワクします!山あいの校舎から見上げる星空も、格別ですよ~☆

その④……”食”
朝と夜のご飯は、地域のお母さんたちの手料理。栄養・量・愛情たっぷり!とっておきの田舎の家庭料理は、ある意味一番のごちそうです。(野菜嫌いだった人が克服することも?!)お昼は地元商店の手作り弁当を砂浜で。美味しい空気と愛情ごはんをモリモリ食べて、黒潮町の自然の恵みを堪能しましょう。交流会と慰労会では、地元の宴会も体験できます♪「黒潮若手の会」の心づくしのおもてなし”黒潮BBQ(メンバーの畑や海から調達した黒潮町の恵み満載の極上BBQ☆)”が味わえるのも、Tボラの特権です!!

旅行では見られない、とっておきの姿にもきっと出会えるでしょう!

旅行では見られない、とっておきの姿にもきっと出会えるでしょう!

新たな感性との出会いに、乞うご期待です!

新たな感性との出会いに、乞うご期待です!

ボランティアだけのうれしい特典♪

●スタッフTシャツ2022(2枚)・・・Tシャツアート展に合わせて作られるスタッフTシャツ。毎年色が変わります。さて今回の色は…?

●スタッフトレーナー2022・・・砂浜美術館スタッフでさえ手に入れることのできない、完全ボランティア限定のTボラトレーナー。朝晩もこれがあれば大丈夫!こちらも久米繊維さん製です。

●オリジナルジーンズ・・・クジラのしっぽのモチーフを刺繍したオリジナルのisaジーンズを、色やスタイルも、お好みに合わせてご提供くださいます!集合の日に、直営店にジーンズ選びに行きますよ♪

期間を通して参加くださる方には、Tボラのユニフォーム(?)プレゼント!Tシャツアート展の作品Tシャツと同じオーガニックコットンのスタッフTシャツと、貴重な国産・しかも町内産!のジーンズ。提供は、砂浜美術館を長い間応援してくださっている、久米繊維工業株式会社さんと地元黒潮町にある有限会社じぃんず工房大方さんです!

ボランティア仲間と宿泊するのは廃校を活用した宿泊施設~☆

ボランティア仲間と宿泊するのは廃校を活用した宿泊施設~☆

宿泊施設でのご飯は地域の方の手料理♪交流会は海の幸のBBQ♪

宿泊施設でのご飯は地域の方の手料理♪交流会は海の幸のBBQ♪

~*~*~*~*~*~

興味ある!応募したい!!を押してくれた方には詳しい応募要項をご連絡します!!

是非、9日間黒潮町を体感してください☆☆☆

砂浜美術館の特設店舗でボランティア仲間おそろいコーデ♪

砂浜美術館の特設店舗でボランティア仲間おそろいコーデ♪

ここにしかない出会い。同じ思いを持った仲間。

ここにしかない出会い。同じ思いを持った仲間。

黒潮町
黒潮町 企画調整室が紹介する黒潮町ってこんなところ!

黒潮町(くろしおちょう)は、四国/高知県の西南地域にあり、幡多郡(はたぐん)の中では東部に位置します。

気候は、南国特有の温暖で年間平均気温17度、降雨量2800mm前後と、雨が多くなっています。こうした気候を活かして、早くから施設園芸や花卉、水稲を中心に栽培が行われ、シメジやシイタケなどの栽培なども行われています。

また「土佐カツオ一本釣り漁業」が盛んであり、近年は完全天日塩も代表的な特産物となっています。

美しい砂浜や磯が続く海岸線と緑豊かな山々の広がる黒潮町では、自然資源を活かした「ホエールウォッチング」、「天日塩づくり」、「カツオのタタキづくり」などの体験型観光と、土佐西南大規模公園を活用したスポーツツーリズムの推進により、県内外から多数の方が訪れています。

自然あふれる黒潮町には、「私たちの町には美術館がありません。美しい砂浜が美術館です。」をコンセプトに、4kmの砂浜を「美術館」に見立て、「美しい松原」や沖に見える「くじら」、流れ着く「漂流物」など全てを作品とした「砂浜美術館」があります。
春には「Tシャツアート展」や「シーサイドはだしマラソン」、冬には「漂流物展」などほぼ一年中何かを見たり、遊んだり、楽しむことができます。

黒潮町公式HP
https://www.town.kuroshio.lg.jp/
NPO砂浜美術館HP
http://www.sunabi.com/
黒潮町へのアクセス
https://www.town.kuroshio.lg.jp/pb/cont/machi-shokai/2015

黒潮町への移住・定住に関する総合窓口として、webを中心とした情報提供や、電話・メール・オンラインなど、多様な形態でご相談をお受けします。
42
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!