【地域課題✕複業づくり】「ちの旅」をより多くの人に届けるプロモーション戦略の立案・実践
体験する
公開日:2022/09/21
終了日:2022/11/05

【地域課題✕複業づくり】「ちの旅」をより多くの人に届けるプロモーション戦略の立案・実践

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

東京から電車で2時間ほど、長野県の真ん中に位置する茅野市。
八ヶ岳の西側の裾野に広がり、高い山々に囲まれた諏訪盆地の一角にあります。
人々の暮らす里山が広がる一方、八ヶ岳登山の玄関口であり、蓼科や白樺湖、車山といった高原を有するリゾート地でもあります。エリアによってさまざまな顔を見せる、“日本の景色”がギュッと詰まった場所です。

今回はそんな茅野市が抱える課題を、地域外の皆さんと協力しながら楽しく解決を目指していくプロジェクトをご紹介させていただきます。

■「ちの旅」をより多くの方に体験いただき、新たな関係人口の創出へ

「ちの旅」とは・・・
茅野市の名所をただ巡るのでなく、地域での暮らしや紡いできた文化や伝統を身近に感じ、
まるでそこで暮らしているかのような体験に取り組めるアクティビティを提供しています。
茅野で暮らす方々が厳しい自然と対峙し、知恵を巡らせて培ってきたリアルな生活や文化、人々の営みを感じることができます。https://chinotabi.jp/about/

■チームで考え、共に立ち上げる「地域課題✕複業」でサステナブルに地域に関わり続ける

本プロジェクトでは、前述の「ちの旅」をより多くの人に届けるための企画策定及び実践までを視野に入れたプロジェクトです。多様な参加者でチームを組み、課題解決につながる企画を策定していただきます。企画の実践に向けての予算化などもチームや事務局と相談しながら進めていき、結果が伴えば事業に対する対価も検討していきます。

※本プロジェクトは、茅野市とちの観光まちづくり推進機構、株式会社さとゆめが協働して運営していきます。初年度はプロボノとして参画していただきながら、2年目以降には企画された事業の実践・運営を通じて対価を得ていただきサステナブルな形で茅野市に関わり続けていただければと考えています。

「ちの旅」をより多くの人に届けるプロモーション戦略の企画・実践

■コロナの影響などもあり、利用者数はまだまだ課題

茅野の豊かな暮らしを体験できるアクティビティがつまった「ちの旅」ですが、都市部の方への発信などはまだまだこれからな状態です。茅野市でしかできない体験や、その時期ならではの体験の魅力を十分に伝えきれていない側面もあります。

■アレックス・カー氏がプロデュースした泊まれる古民家✕アクティビティ

「ちの旅」ではアクティビティだけでなく、宿泊を通じて地域の魅力や丁寧な暮らしを過ごせる泊まれる古民家、「ヤマウラステイ」にも力を入れています。アレックス・カー氏がプロデュースした4棟の古民家で過ごす特別な日常と「ちの旅」で提案する様々なアクティビティをかけ合わせたオリジナルな旅を楽しむことができます。

■都市部人材✕茅野市人材で、課題解決に向けた提案を企画!!

「ちの旅」をさらに多くの人に届けるため、都市部✕茅野市人材の越境チームをつくり、
多様な背景から意見を出し合い、解決策を考えていくプログラムを実施します。
具体的には11月から1月末までに行う全4回のワークショップ&チームごとでの打ち合わせを通じ、「ちの旅」の価値を伝えるプロモーション戦略の立案を行っていきます。

宿泊+αな滞在型コンテンツをより多くの人に活用してもらい、茅野の暮らしを感じてもらいたい

宿泊+αな滞在型コンテンツをより多くの人に活用してもらい、茅野の暮らしを感じてもらいたい

都市部✕茅野市人材の越境チームで議論を行い、「ちの旅」をより多くの人に伝えていく

都市部✕茅野市人材の越境チームで議論を行い、「ちの旅」をより多くの人に伝えていく

【参加費無料・説明会実施中】11~1月、全4回のプログラムで「ちの旅」利用増につながるプロモーションを検討

全4回のプログラムを通じ、「ちの旅」のプロモーション戦略を企画していきます。

【プログラム日程】※予定
11/6(日)   オンライン開催 10:00〜16:00
11/12-13(土日)茅野市開催   茅野駅10時集合 13日夕方 解散
12/17-18(土日)茅野市開催   茅野駅10時集合 18日夕方 解散
1/29(日)   茅野市開催   茅野駅10時集合 夕方解散

【費用】
・プログラム参加費  →無料
・参加時の旅費交通費 →実費

【参加条件】
・全4回のプログラムに主体的に参加できる方
・課題に対して当事者意識を持って取り組める方
・様々な方と協働して課題可決・価値創造に取り組める方
※地域での活動、マーケティング、ブランディングなどのスキル面は不問です。
 
■無料オンライン説明会を実施中!
テーマやプログラムに関して詳細をお伝えする無料オンライン説明会を実施中です。
「応募したい」を押していただければ、申込みURLをお送りします。
 

ワークショップを通じて取り組むべき課題の整理や解決策の立案を行います

ワークショップを通じて取り組むべき課題の整理や解決策の立案を行います

地域の方、参加者の方と本音の対話を通じた関係性を築くことができます

地域の方、参加者の方と本音の対話を通じた関係性を築くことができます

プログラムを通じ、地域と深い関係性を築ける

■全4回のプログラムで企画と推進体制を提案

3ヶ月のプログラム内で、地域でのフィールドワークやチーム内での協議を重ね、
最終的に茅野市関係者に自分たちの提案をプレゼンしていただきます。

机上の空論でなく、どう予算を確保するのか、誰がどう推進していくのかまで計画を練り、
自分たちがどう関わっていくことで成果が生まれるのかを語っていただきます。

■プログラム終了後、実践に向けて始動

提案後、地域からのフィードバックなども踏まえながら、実際に計画を実行していきます。
予算化に向けた支援はさとゆめも相談に乗りながら進めていきます。

■関わり方は、自分で選択

3ヶ月のプログラム後、地域やチームとどう関わるかはご自身で選択ください。
プロボノとして対価がもらえる複業になるまで関わる、サポート役として緩やかにつながる、
いったん離れるなど、選択は自由です。3ヶ月の期間で地域に、事業に、チームに向き合って判断してもらえればと考えています。

プロボノからスタートしながら、成果を生み出し対価を得て地域に関わり続けられる仕組みを目指す

プロボノからスタートしながら、成果を生み出し対価を得て地域に関わり続けられる仕組みを目指す

全国40を超えるエリアで地域課題解決につながる事業づくりを行うさとゆめが伴走支援

全国40を超えるエリアで地域課題解決につながる事業づくりを行うさとゆめが伴走支援

茅野市
茅野市✕さとゆめ プロジェクトが紹介する茅野市ってこんなところ!

茅野市は、八ヶ岳、蓼科、白樺湖とそれぞれ特徴の異なるリゾート地があります
スキー場やキャンプ場など自然を堪能できる場所、信州そばやジビエなどの食、宿泊できる温泉施設といったリフレッシュできる環境に囲まれていますが、そんな中でも、テレワークスポットの整備やいろんな人が交流できる場所づくりなどを進めて、「若者に選ばれるまち」を目指しています。新たな目線で茅野市の魅力を発掘し、いろんな人が利用しやすいまちづくりをしてみませんか?

本事業は、全国の様々な地域課題の解決に従事する株式会社さとゆめと茅野市が連携して進める、新たな関係人口創出に向けた取り組みです。 市外の方と茅野市の方がチームになって課題解決に取り組むプログラムを通じ、茅野市の魅力を知っていただいたり、自分の経験、スキルなどを活かして茅野市の課題解決に貢献する複業づくりなど、多様な関わり方を生み出していきます。
52
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}