【熱烈募集】人口3000人の田舎町を一緒に盛り上げてくれる料理好きな仲間を募集中!!「CFO(チーフフードオフィサー)=最高料理責任者」
働く・住む
公開日:2022/09/20
終了日:2022/12/25

【熱烈募集】人口3000人の田舎町を一緒に盛り上げてくれる料理好きな仲間を募集中!!「CFO(チーフフードオフィサー)=最高料理責任者」

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

愛媛県伊予市双海町。
"しずむ夕日が立ちどまる町"として有名なこの町は、
穏やかな瀬戸内海にすぐ急峻な山々が聳え立つ、美しい癒しの町です。

ここで我々は、3つの事業を行っています。
①喫茶店 ②ゲストハウス ③地域商社

すべてに関わる重要要素は、「食」。
ここを支えてくださる料理人を大募集します!
新商品開発や加工品製造、飲食店の調理など、幅広く行えます。
地域のベンチャーで立ち上げ期から重要メンバーとして関われる、
刺激的でロマンあふれるまたとない機会です!

・住み込みOK
・シェアハウス可能
・空き家や移住のサポートあり

【仕事イメージ】
ー週5日
9:00 -    仕込み、お弁当作りなど
11:00-15:00 喫茶店営業
15:00-17:00 仕込みなど
ー週1日
9:00-17:00 加工品の製造、原料の仕込みなど
      →ジャムやゼリーなどの製造、
       農家さんから仕入れたての柑橘の下拵えなど

ポパイの現在の名物は、65年前から続く昔懐かしい「中華そば」。
でも、これから、それだけでない令和版ポパイの名物メニューを
一緒に開発できたら嬉しいです。
双海の名産品であるハモや鯛を使ったレシピなど試行錯誤しましょう!

また、地域商社事業では
双海自慢の一次産品を使った加工品の開発・製造もしているため
新商品の開発や、現在のレシピの製造なども行います。

双海を面白くする!!!!!〜人間性の解放〜

愛媛県・松山市から西に20km
伊予市の海沿いにある
「しずむ夕日が立ちどまる町 双海(ふたみ)町」。
私は、ここで
地域おこし協力隊として活動しています。
東西16kmを伊予灘の海岸線に面し、上にはすぐ山がそびえ立つ
海と山に囲まれた人口3000人あまりの小さな町です。

町のキャッチコピーの通り、海に沈んでいく夕日が、まるで
ジュッと音を立てながら海に溶けていくような
日本一美しい夕日が望めます。

また、青春18きっぷのポスターに何度も選出され、
「海に浮かぶ無人駅」として今や四国旅行の
メインスポットとなりつつある"下灘駅”を有する町でもあります。

私は両親の地元である愛媛県出身ですが、
記憶がある時から小学6年生までは徳島県、
その後はずっと、横浜に暮らしていました。
双海町は、小さい頃から父の帰省で遊びにきていた町です。
双海町では、祖父母が田舎の商店を営んでいます。

私は、双海のばあちゃんちが大好きでした。

毎年、帰ると大きな座敷に親戚一同が集まり
ばあちゃんの得意な鯛めしや唐揚げ、お刺身を
たらふく食べさせてもらいました。
走ってすぐの海で遊んだり、屋上から
目の前であがる花火を見上げたり
祖父母の商店のお店番を手伝って
地域の方に褒められたり・・・

そんな思い出の全てが、
私の心に深く残っていたのです。

大学生になり、家族の帰省とは別に一人でもよく遊びに来るようになったのですが
そのとき、いつも遊んでくれていた従姉妹も双海を離れ、ただ一人呆然と海を見つめていると
この町の「寂しさ」に気がつきました。

ばあちゃんは私に、
「この町は過疎過疎で、もう終わっとる」
と嘆きました。

「この町をなんとかしたい」

私の中に強い使命感が湧いた瞬間を覚えています。

ひいじいちゃんから始まり、
祖父母が大切に守ってきたお店を守る。

そして町内外からたくさんの人を呼ぶことで
双海を盛り上げ、双海の誇りを守っていく。

そんな思いで、大学4年の時に横浜から双海へ単身移住し、事業を始めました。

伊予上灘駅前 祖父母の商店を引き継いだ「ポパイ」

伊予上灘駅前 祖父母の商店を引き継いだ「ポパイ」

海に浮かぶ無人駅「下灘駅」で双海のビーチボーイズトリオ

海に浮かぶ無人駅「下灘駅」で双海のビーチボーイズトリオ

海の見える喫茶店で料理長をしてみたい人に出会いたい!

・田舎暮らしに興味のある方
・料理が好きな方
・ものづくりに興味がある方
・丁寧な方、細かい作業が好きな方
・真面目な農家やイケメン漁師の一次産品を活用した商品の開発、加工品の製造などをやってみたい方
・海が好き、山が好き
・人が好き

双海のフルーツを使った加工品開発

双海のフルーツを使った加工品開発

海の見える喫茶店「ポパイ」

海の見える喫茶店「ポパイ」

「食」の力で、田舎町に人を呼び込む仕事!

【条件】
社員として入っていただきたいと考えています。
9:00-17:00(休憩1時間の7時間勤務 / シフト制 / 土日勤務有)
週休1日制
月給は17〜25万円程度を考えています。
(経験や能力により前後します。)

まだまだメンバーも少ない生まれたてのチームなので、
(というか、法人化もクリスマスに向けて準備中ではあるものの、まだですが・・)
マネジメントをするのが難しく
弊社の理念や目指すところに共感していただき、
一緒にそこを目指して、自立して努力ができる方に出会えたら嬉しいです。

【生活面】
松山などからの通いももちろんOKですが、せっかくならこの最高の町で一緒にヘルシーに暮らすのもおすすめ!県外からの移住も大歓迎です!
とりあえずポパイでシェアハウスをする/空き家を探して住む/マンション(アパート)に住む
などなど希望に合わせて一緒にお探しします!
移住コーディネーターによる全面バックアップもさせていただきますのでまずはお気軽にご相談ください!

きらきら海と夕日

きらきら海と夕日

昭和レトロな喫茶店でカウンターバー

昭和レトロな喫茶店でカウンターバー

伊予市
上田沙耶が紹介する伊予市ってこんなところ!

瀬戸内海の穏やかな海に癒される、四国・愛媛。
松山から海沿いを西に20km程度、
峠を越えた海と山ばかりの田舎町が、双海町です。

「しずむ夕日が立ちどまる町」
瀬戸内海に沈む夕日が美しく、多くの人を魅了しているこの町は
伊予市に合併されているものの、
まだまだ「双海プライド」が残っています。

双海を好きで残っている人や、Uターン、移住者など、多様な人が織りなすこの町の文化。
イケメン漁師に真面目な農家、移住者のパン屋さんや豊富な体験アクティビティ。
お店も少ないけれど、ちょっと不便なくらいが逆にいい。
この全てが満ち足りた世の中で、不便を楽しみ、ないことを楽しむ。
どこにでもあるチェーン店でなく、あの人がやってるあのお店で回る経済。

自然が作り出す空のパステルカラーにため息が出る。
森の香りにため息が出る。
とにかく綺麗で、楽しくて、気持ちよくて・・・幸せに包まれる町なんです♡

ぜひ来てみて体感してみてください!

上田沙耶
双海FAM
愛媛生まれ、横浜育ち 青学4年で愛媛に単身移住 2020年春より双海で活動中です。 オンラインショップの運営や商品開発、販路開拓など地域商社を目指した事業と、 昭和レトロな「泊まれる喫茶店」ポパイの経営などしています。
32
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}