Eyecatch labelEyecatch label sp
Status
只今の参加者数
119
Twitter
Facebook
Line

地域資本主義サロンホストより皆さまへ

地域資本主義サロンのメインホストは、「鎌倉資本主義」の著者で、地域固有の魅力を資本と捉えた「地域資本主義」という考え方を提唱する面白法人カヤック代表取締役社長の柳澤大輔が務めます。
Photo yanasawa@2x
地域にはそれぞれ固有の資本があると考えてみてください。その地域の産業が生み出すいわゆる経済資本、その地域の魅力である自然環境やあるいは文化などの環境資本、そして人と人の繋がりの社会資本。この3つから成り立つ地域の資本を、住民・行政・企業が三位一体となって増大に取り組むことが、これからの日本の地域と街を元気にする機動力になるのではないか、というのが『地域資本主義』の基本的な考え方です。
この『地域資本主義サロン』は、各地域で機動的に活動しているリーダーから、それぞれのまちの成功事例や失敗事例を学び、参加者はそれを自分たちのまちに活かしていく、あるいはこれから機動的に動くリーダーを育てるサロンです。地域の垣根を越えて、みんなで各地域の固有の魅力を見つけて盛り上げることを志に開催します。
面白法人カヤック 代表取締役 CEO 柳澤大輔
1974年香港生まれ。慶応義塾大学環境情報学部卒業後、ソニー・ミュージックエンタテインメントに入社。
1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。
鎌倉に本社を構え、鎌倉からオリジナリティのあるコンテンツをWebサイト、スマートフォンアプリ、ソーシャルゲーム市場に発信する。

地域資本主義サロンでできること

地域資本主義サロンは、まちづくりに関わる人や関心のある人が継続的に学び、共有し、ステップアップできる、会員限定の月額制オンラインコミュニティです。会員になると次の3つの機会を通じて、まちづくりに関する学びを深め、実践に繋げることができます。
学ぶ
月1回のオンライン講座
地域資本主義サロンの講座は月1で開講されます。毎月、全国各地のまちづくりの先駆者をゲストとして招き、柳澤とのオンライン対談を実施します。
<日時> 毎月第3水曜日19時~21時開催予定
<内容> まちづくりの先駆者と柳澤のオンライン対談
<形式> Zoomを使用します

「地域資本主義」の解説動画
サロン会員の方には、サロン加入時の予習動画として、柳澤による「地域資本主義」の解説動画をご覧いただけます。本サロンのテーマでもある地域資本主義の基本的な考え方を学んでいただくことができます。
Learn image 1@2x

過去の講座を録画視聴
これからサロン会員になる方も録画された過去の講座動画を閲覧できます。(※動画内容は一部編集されている場合があります)
Learn image 2@2x
共有
月1の地域資本主義サロンの講座では、前半のゲスト対談が終わったあと、参加者同士で小グループに分かれ、オンラインディスカッションを行います。ここではゲストが提示するお題に対してみんなでアイディアを出し、地域の課題を自分ごと化します。そうすることで、自分のまちでも実践するためのアイディアを得ることができます。
Share image@2x
仲間づくり
地域資本主義サロンの講座の他に、サロン会員は以下のコミュニティに参加することができます。まちづくりの同志と一緒に地域を盛り上げましょう!
1
非公開
Facebook
ページ
2
オフラインでの
ミートアップ
(不定期)

スケジュール

地域資本主義サロンの講座には、全国各地のまちづくりの先駆者がゲストとして登場します!
vol.06
4月10日(金)19:30〜21:00
「地方企業がまちを変える!地域経済再生の鍵は地元資本原理主義」
木下 斉 氏(一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事)
vol.07
4月15日(水)19:30〜21:00
なぜIT企業が集うのか。鯖江流自立型の実践者に聞く
竹部 美樹 氏(福井県 鯖江市 NPO法人エル・コミュニティ代表)
vol.08
5月20日(水)19:30〜21:00
松尾 崇 氏(神奈川県 鎌倉市 市長)

過去の講座

サロンに入会いただくと、録画された過去の講座動画も閲覧いただけます。
vol.01
2019年12月18日(水)19:30〜21:00
「いま話題の地域のスーパー首長とまちづくりを語る」
﨑田 恭平氏(宮崎県日南市長)
vol.02
1月15日(水)19:30〜21:00
「移住してまちづくりに取組むキーパーソンに聞く」
阿部 裕志氏(島根県海士町 株式会社風と土と 代表)
vol.03
2月19日(水)19:30〜21:00
「まちの再生の立役者に聞く、成功要因とは」
市来 広一郎氏(静岡県熱海市 株式会社machimori 代表 )
vol.04
2月28日(金)19:30〜21:00
「”人を手段化しない経済”をつくる地域通貨とは」
影山 知明氏(東京都国分市 クルミドコーヒー/胡桃堂喫茶店 店主)
vol.05
3月18日(水)19:30〜21:00
「スーパー地方公務員特集」
山田 崇氏(長野県塩尻市 市役所職員)

地域資本主義とは

「地域資本主義」とは、面白法人カヤックの代表取締役CEO柳澤大輔が提唱する新たな資本主義の考え方です。

地域固有の魅力を資本と捉え、企業や自治体が力を合わせて資本を最大化することが、企業の成長と地域の持続可能な発展につながると考えています。カヤックでは「何をするか」「誰とするか」「どこでするか」を行動指針としていますが、この3つの指針に対応する地域固有の魅力を「地域経済資本(財源や生産性)」「地域社会資本(人のつながり)」「地域環境資本(自然や文化)」と定義しています。

従来の価値観である財源や生産性に加え、人のつながりや自然や文化を大切にすることは、個人の幸せな働き方や企業の成長を後押しし、さらには地域の多様性を尊重することにつながるのではないでしょうか。

「地域資本主義」はこれまで定量化されることのなかった新たな資本に着目し、地域の人々の暮らしを本質的に豊かにしようと考える、地方創生の新たなアプローチです。
Image@2x

運営会社について

株式会社カヤックLivingは、「暮らしをつくろう」をビジョンとし、インターネット事業を展開する面白法人カヤックの子会社です。
2018年6月には移住スカウトサービス「SMOUT」をサービス提供開始。暮らしの選択肢のひとつとして、地域に関わる暮らしを提案しています。

SMOUTとは

カヤックLivingが運営する「地域に移住したい、関わりたい人」と「地域の人」を繋ぐスカウト型のマッチングサービスです。移住したい人や地域の副業、二拠点に関心のある人は登録してプロフィールを掲載しておくと、地域からスカウトが届きます。地域おこし協力隊の採用、ゲストハウスの情報、地域の求人など気になる情報を探すこともできます。