英語力を活かす!伊那市に外国人観光客を呼び込むためにあなたの力を貸してほしい!
募集終了
働く・住む
公開日:2019/12/25
終了日:2020/02/03

英語力を活かす!伊那市に外国人観光客を呼び込むためにあなたの力を貸してほしい!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

長野県伊那市では2020年2月3日まで、5つのミッションで地域おこし協力隊を募集中。
このうちのひとつのミッションが「インバウンドコンダクター」です。

外国人観光客を伊那市に呼び込み、伊那市を楽しんでいただくための仕掛けをしてほしい。
観光客にとって、どんな地域や体制があればよいのか、どんな情報発信をすることが効果的なのかを考えてほしい。

そんな業務に取り組んでくださる方の応募をお待ちしています!

主な業務内容は以下の通りです。
・市内各種施設における外国人観光客受け入れのための意識改革、態勢構築
・外国人観光客向け観光コンテンツの発掘と外国人向け観光ルートの構築
・SNS、ホームページ、商談会などを活用した国内外への情報発信
・インバウンド対策に取り組む各種団体との連携
・その他インバウンド推進に関する企画立案・実施

英語が得意!SNSでの情報発信が好き!そんな方を待ってます!

増加を続ける外国人観光客。
今、その多くは、いわゆる観光地ではなく、日本ならではの原風景や
暮らしそのものを求めて地方へ足を運ぶようになっています。

伊那市には目立った観光地はないかもしれません。
でも、美しい二つのアルプスの眺めや、あたたかく迎え入れてくれる人たちなど、
たくさんの魅力があります。

まだまだ眠っている伊那の魅力を掘り起こし、
「何もない」と言われがちなこの地の良さを
外国からやってくる観光客に伝えてほしいと思っています。

この地で生活する私たちには見えなくなってしまっている「当たり前」を
外からの目線で見直し、新しい視点で価値を見出してくれる方を
お待ちしています。

この地だから見ることのできる二つのアルプス

この地だから見ることのできる二つのアルプス

全国的に有名な高遠城址公園の桜

全国的に有名な高遠城址公園の桜

伊那市地域おこし協力隊の募集要項はこちら!

【応募資格】
(1) 年齢が20歳以上概ね45歳以下の方(令和2年4月1日現在)
(2) 条件不利地域※1以外の地域から生活の拠点を伊那市※2へ移し、住民票を異動することができる方
(3) 地域の活性化に深い熱意と知識を有し、かつ、積極的に活動できる方
(4) 心身ともに健康で、地域になじむ意志を有し、かつ、誠実に活動を遂行できる方
(5) 普通自動車運転免許を取得している方(令和2年4月1日までに取得見込みの方を含む。)
(6) パソコンの一般的な操作ができる方
(7) インバウンドコンダクターについては、TOEIC700点程度の英語力を有する方

※1※2
詳しくは下記リンクをご確認ください。
https://www.inacity.jp/shisei/kakushuboshu/kyouryokutaiboshu.html

【隊員の委嘱】
応募資格を満たす方の中から、市長が委嘱します。(市との雇用関係はありません。)
なお、市長が、隊員としてふさわしくないと判断した場合は、委嘱期間中であっても解嘱することがあります。

【委嘱期間】
令和2年4月1日から令和3年3月31日(最長で3年まで延長する場合があります。)

【報償費】
月額166,600円。
※雇用の形態ではなく、委嘱となりますので、雇用保険には加入しません。
健康保険等は、各自で対応してください。

【活動形態等】
週24時間を基本とし、活動状況等を市長に報告する必要があります。
隊員の活動に必要と認められる作業道具、消耗品、旅費等の経費は、市が負担します。
兼業は、制限しておりません。

【住 居】
委嘱期間中の住居は、市が無償で貸与します。
※転居に係る費用、生活備品及び光熱水費等は、個人負担となります。

【車 両】
隊員の活動に必要な車両は、原則として隊員が用意するものとします。
※燃料代は、活動に関わる移動距離に応じ、市が負担します。

【応募受付期間】
令和元年12月20日(金)から令和2年2月3日(月)まで (必着)

伊那市をフィールドにスキルと経験を活かす

伊那市をフィールドにスキルと経験を活かす

現在10名の隊員が活動中!

現在10名の隊員が活動中!

伊那市
伊那市移住・定住相談窓口が紹介する伊那市ってこんなところ!

長野県伊那市は、中央アルプスと南アルプスが東西に広がり、その間を天竜川と三峰川などが流れる、人口約68,000人の自然豊かなまちです。東京、名古屋、大阪などから、高速バスの直通便があります。
特色ある教育の保育園や小学校などが多く、また図書館をはじめとする文化環境も優れているということから、「子育てにぴったりな田舎」としても取り上げられています。
商店街にも元気なお店が多く、さらに夜になると多くの飲食店に人々が集い話をする、楽しいまちです。
伊那市への移住・定住を検討する方は、ぜひ一度伊那市役所の「伊那市移住・定住相談窓口」にご連絡ください。

■伊那市移住応援HP「伊那に住む」 http://www.inacity.jp/iju/

伊那市への移住、定住に関するご相談をなんでも受け付ける窓口です。移住・定住コーディネーターをはじめ、職員が対応しています。
28
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!