オンライン個別相談を常時開設!岩手県一関市の地域おこし協力隊18名募集!
情報を集める
公開日:2023/06/08
終了日:2024/02/28

オンライン個別相談を常時開設!岩手県一関市の地域おこし協力隊18名募集!

オンライン個別相談 \常時開設/
平日9時〜21時(要事前予約制)
地域おこし協力隊18名の各募集の詳細から、
運転や、近所付き合いのことまで、
気になること、なんでも気軽にご相談ください!

【お申し込み】
このページの「興味ある」ボタンを押してチャットでご連絡ください!
もしくはこちらの申込フォームから希望日時等を指定し、お申し込みください。
https://forms.gle/ZDmNxx7sRVi9vJBN7

あらゆるジャンルの協力隊の募集の中から、自分の進みたい道を見つける。

今年度、一関市では18名の協力隊を募集します。
ぜひ自分の興味のある分野をのぞいてみてください!

【A】やりたいことは分からないけれども、3年間で自分の道を見つけたい方向け
 地域コーディネーター枠 7名
 (一関市内の川崎、藤沢、東山、室根、千厩、本寺の各エリア単位での活動になります)
 各活動のキーワード:観光、農業、商店街、伝統工芸、芸術・文化、コミュニティなど

【B】やりたいことが決まっている方向け
 ①3年間でアウトドアショップの開業を目指す
 アウトドアコーディネーター枠 1名

 ②観光カメラマンで独立を目指す
 アウトドアコーディネーター枠 1名

 ③もったいないを面白く。
 空き家プロデューサー枠 1名

 ④自伐型林業×複業で生きる 
 現代版百姓枠 3名

 ⑤『農業×観光』で都市と地域をつなぐ
 農泊コーディネーター枠 1名

 ⑥ローカル×デジタルで地域を面白く。
 デジタル相談員枠 1名

 ⑦3年間で花に関わる事業で起業を目指す
 ガーデンデザイナー枠 1名

※一部募集枠の詳細については後日公開になります。
各募集の詳細については、smoutの各募集専用ページをご覧ください。

募集の期間と今後のスケジュール

◆応募期間
2023年6月1日〜2024年2月28日の期間で、応募があった都度、随時選考します。

応募については、第5希望まで記載可能です。第1希望が不採用だった場合でも、他の枠が空いていた場合には再度選考を受けることができる可能性があります。

◆採用決定までの流れ
1次選考:書類選考
(書類提出後、1週間後を目処に選考を行います。)
 ↓
2次選考:現地面接
(書類選考後、2週間以内を目処に行います。)
 ↓
選考結果通知
(現地面接後1週間以内を目処に通知します。)

◆今後のスケジュール
①オンライン説明会
6/28(水)19:00〜
8/2(水)19:00〜
地域おこし協力隊18名の各募集内容を一挙説明!
やってみたい仕事が見つかるかも?

②個別相談会
オンライン個別相談 \常時開設/
平日9時〜21時(要事前予約制)
地域おこし協力隊18名の各募集の詳細から、
運転や、近所付き合いのことまで、
気になること、なんでも気軽にご相談ください!

③現地見学会 -協力隊と地域をリアルに体感する2日間-
7/16(日)〜7/17(月・祝)
※上記に参加できない場合も見学を受け付けておりますので、チャットや個別相談にてご相談ください!

各イベントの詳細については、smoutの各イベントの専用ページをご覧ください。
(6/8以降に公開予定です。)

主催:一関市 / 運営:一般社団法人いわて圏
登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
一関市
櫻井 陽が紹介する一関市ってこんなところ!

一関市は岩手県の最南端に位置する人口約11万人のまちです。
東京駅からも新幹線で最短2時間以内で着きます。

近年8市町村の合併があり、その面積は香川県の3分の2に及ぶ広域のまちになりました。
合併前の旧8市町村(一関、花泉、大東、千厩、東山、室根、川崎、藤沢)の地域それぞれに固有の文化が残っており、趣向を凝らした多種多様な行事が各地で行われており、1年では楽しみ尽くせません。

江戸時代は伊達藩の領地であったことから、もち文化が今も色濃く残っています。

餅の食べ方が300種以上あると言われ、全国ご当地もちフェスティバルが行われるなど、「もちのまち」でもあります。

櫻井 陽
一般社団法人いわて圏
1992年、岩手県一関市生まれの31歳。 大学卒業後、公務員になるものの、生き方を考えなおすため、2016年に地域おこし協力隊として一関市へ。農業支援・地域づくりを担当。 卒隊後の2019年より、一関市内の広告代理店業を個人事業で始め、2022年に合同会社ハルノ企画を立ち上げる。 主な事業として ・市内の行政・民間の企画・広報業務 ・一関市内の協力隊のサポート ・一関市の起業講座「シゴト・ツクル・ゼミ」の企画 ・シェアオフィス「ハルノバ」の運営 ・U・Iターンの仕事・暮らしWEBメディア「イワイズカン」 また、自主事業として高齢により耕作を断念した金山棚田を引き継ぎ、シェア農園の取り組みも行う。 趣味は硬式テニス、猫を愛でること、焚き火、温泉。
12
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!
{{WANTED_TEXT}}