【全国初・全日制有機農業学校】丹波市立 農(みのり)の学校第3期生募集!
募集終了
働く・住む
公開日:2020/09/04
終了日:2021/03/10

【全国初・全日制有機農業学校】丹波市立 農(みのり)の学校第3期生募集!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

せっかく田舎暮らしをするなら、自然に触れながら今までとは違う【自分らしい生き方】がしたいと思いませんか?

農業は決して楽ではないですが、自然が好き、作物の観察や育つことに喜びを感じる、という方にとってはずっと夢中になれるとても魅力的なお仕事です。最近では、身体や地球環境にやさしい有機農業や自然栽培に取り組む方も増えてきています。

丹波市は丹波黒大豆、大納言小豆、丹波栗はじめ様々な特産品があり全国的にもブランド力の高いエリアです。また、学校のある市島町は、約40年も前から地域として有機農業に取り組んできた、全国的にも珍しいエリアです。

そんな丹波市市島町で、2019年4月全国初めての取り組みとなる全日制の有機農業学校が開校しました!

自然豊かな里山で、自分らしい暮らしを追求してみませんか?
里山での暮らしにあこがれている方、有機農業と真剣に向き合ってみたい方、お会いできることを楽しみにしています!

全国初!全日制有機農業学校・丹波市立 農(みのり)の学校

2019年4月に丹波市立 農(みのり)の学校が開校しました!

農の学校は、丹波市が設置し株式会社マイファームが指定管理業者として学校運営及び施設運営を行っています。

マイファームは全国最大規模の民間農業スクール「アグリイノベーション大学校」を2011年から運営してきた実績があり、新規就農者を多数輩出してきました。

学校のある市島町は1975年に「市島町有機農業研究会」が結成され、地域ぐるみで有機農業に取り組んできた歴史があります。有機農業者にとっていわば「聖地」のような場所です。地域には自然があふれ、美しい資源を有効に活用した酒蔵、乳業、畜産などの「なりわい」が数多く存在します。

身の回りに当たり前にある水や野菜が当たり前にイイモノであるこの地で、日本最高峰の講師陣とともに、新しい農業のミライを一緒に作る、そんな毎日が待っています。

学校で作業する受講生

学校で作業する受講生

全国的に有名な丹波の特産品:大納言小豆、黒大豆、丹波栗

全国的に有名な丹波の特産品:大納言小豆、黒大豆、丹波栗

自然豊かな里山で、「自分らしい農業のカタチ」を見つけませんか

■人生をたがやす1年間
ここ、兵庫県丹波市立 農(みのり)の学校では豊かな里山の風景をバックに日々受講生が精力的に畑を耕しています。
耕しているのは畑だけではありません。土と向き合いながら、自らの人生を耕しに各地からやってきています。

■正解をさがす時代に絶対のない仕事
農業という仕事は自由度が高く、「これが絶対」ということはひとつとしてありません。
自分に合った、心地よいと感じられるやり方を自ら築き上げていくことが必要とされます。
それはつまり自分自身をよく知ってあげることに他なりません。
作物を作るとき、その作物の特性をよく知り、育ちやすい環境を整えることにも通じています。
だからこそ「ムズカシイ」し「オモシロイ」のだと思います。

■着実に就農の夢を叶える1年間を一緒に過ごしましょう
農の学校の特徴は3つ。
①全日制の超実践型カリキュラム
②学びの環境徹底サポート制度
③農業界トップクラスの豪華講師陣

学校では最高の講師のもと、市からのサポートも全面に受けながら、農業を志す仲間たちと一緒に実践をする中で栽培技術を徹底的に学びます。

多くの人との出会いやつながりの中で、いろいろなことを試し、自分自身が自然体で心地よく一生懸命頑張れる生き方を探してみませんか。

農業界トップの講師陣

農業界トップの講師陣

座学の様子

座学の様子

丹波市
木下 智代が紹介する丹波市ってこんなところ!

自然に囲まれているけど神戸・京都・大阪まで90分圏内の、ちょうどいい田舎、丹波。
あまり目立たないけれど、実は移住者がたくさんいていろんな新しい取組をしている、とても面白いエリアです。
休日には古民家リノベ講習や味噌づくり体験など、暮らしを豊かにするイベントが盛りだくさん。
ここでは集落自治が今も脈々と受け継がれていて、木の倒壊への対応や道路・橋の整備など、自分たちの暮らしは自分たちで守るのがあたりまえの習慣になっています。
ちょっと息苦しさを感じることもあるかもしれませんが、隣の人がいつもちゃんと気にかけてくれている、それってとっても素敵なことだと思うのです。

木下 智代
マイファーム
1984年生まれ。兵庫県三田市出身。 社会に出てから京都市内に10年以上住んでいました。趣味でパンや味噌、お豆腐など何でも手作りするようになり、2017年7月「自産自消(自分で作って自分で食べる)」を推進しているマイファームに転職。 社会人向け週末農業スクール【アグリイノベーション大学校】の事務局を経て、丹波市に移り住み、全国初の取り組みである、公設民営型・全日制農業学校【丹波市立 農(みのり)の学校】の事務局を2019年4月の開校当初から関わっています。 食べること大好き!田舎暮らし大好き! 一緒に自分らしい生き方、模索しましょう!
86
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
都市圏からさほど遠くないのに、あれだけの自然が残ってるなんて、とっても素晴らしい! 黒枝豆は毎年買いに行ってます
icon
5年後に応募したいです。
icon
丹波の黒豆の枝豆が好きです‼️
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!