リモートしながら都会クオリティのシェアハウスで、憧れの島暮らしを。

人気移住先として話題の長崎県五島市。ワーケーションも盛んで、一年を通して、リモートワークをしながら島暮らしを両立する方も多数いらっしゃいます。移住を決めるにはまだ早いけど、数ヶ月、今の仕事を続けながら「島暮らし」を体験してみたい方へ。Colive Gotoに住んでみませんか?

福岡空港から飛行機で1時間弱。五島市街地に中心に位置する「Colive Goto」はセミダブルベッドを配した6つの個室からなるシェアハウスです。ビーチハウスをイメージした内装は、隈研吾事務所から独立した長崎県出身の建築事務所が設計。デザインだけでなく家具家電にもこだわり、キッチンにはBALMUDAの家電があり、テレビはプロジェクタを活用。都会に住んでいても憧れる場所であり続けることを目指して、お部屋を提供しています。

住民たちは、朝からビーチに行って波の音を聴きながら、深呼吸して1日を始めます。日中はリモートワークを、1階のカフェをはじめとしたお気に入りの場所で実施。夕方になったら近くの港で、地元の方と一緒に釣りをして夕食へ。

島ならではのゆっくりとした空気に包まれながら、非日常が日常に溶け込む五島暮らし、はじめてみませんか。

風と土が混じり合い、風土が生まれる場所へ

地域(土の人)とコリビングの住人(風の人)が混じり合う「風土」が生まれる場所と定義し、「自分たちだけがいい」暮らしの場ではなく、地域に開かれ、地域と共に暮らすための場所に育っていくことを願っています。

■ Coliving Goto, Nagasaki 施設について
福江港から徒歩10分(車で4分)の距離にある五島市内のホテル「SERENDIP HOTEL GOTO」の2階を活用し、6部屋の個室(セミダブルベッド)、住人専用のキッチン、共用スペース、シャワールーム、洗濯機などを備えています。

旅をするように訪れ、その日から新しい家具を買う必要がなく、暮らし始められます。同エリアにあるコワーキングスペースも無料で利用可能です(予約優先)。

施設名:Colive Goto(旧)HafH Goto The Pier
住所:〒853-0017 長崎県五島市武家屋敷1丁目7−12
詳細:https://yugyo.work/news1
インスタグラム:https://www.instagram.com/colivegoto/?hl=ja
問い合わせ先:https://tally.so/r/n07key

※本施設は、2018年に「HafH Goto The Pier」コリビング施設としてオープンしましたが、2023年より株式会社 遊行で運営の権利を受け、2023年夏よりColive Gotoとして新たに住人の募集を随時受け付けております。
※下部の「応募したい」ボタンからもお気軽にお問い合わせください。

人と人とが繋がる「島暮らし」

島での暮らしを楽しむ上で大切なのが、人と人との繋がり。県外・島外への移動・娯楽などに限りがある島では、この "出会い" が醍醐味です。過去の住人の中には、五島が「第2のふるさと」となる人も。自分の生命力が120%になるような場所、五島でお待ちしております。

株式会社 遊行
登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
五島市
yugyoが紹介する五島市ってこんなところ!

長崎の西方100キロに浮かぶ11の有人島と52の無人島から成り、美しい海と豊かな自然に恵まれた五島市。美しい砂浜などの自然景観と文化的歴史的資産が豊かな観光地であり、世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産を有しています。自然と美食が充実しており、移住者数が4年連続で200人を超え、定着率は約8割とされる*など移住やワーケーション先としても人気が高い地域です。
*参照:五島列島・五島市の移住の状況(https://www.city.goto.nagasaki.jp/iju/150/040/20210517161946.html

yugyo
株式会社 遊行

株式会社 遊行は、デジタルノマド市場に特化した日本初のマーケティングファームです。場所にとらわれずに働く「デジタルノマド」の国内誘致を通じて、あらゆるステークホルダーと連携し、地域において新たな経済的・社会的インパクトをもたらす事業を推進していきます。

72
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!
{{WANTED_TEXT}}