飾らない萩の日常を体験してみませんか?
募集終了

みなさんこんにちは!
萩市ローカルエディターの上田です。

移住したい地域のことって色々調べたり、体験したりしますよね? 最近巷では「お試し暮らし」といったワードをよく聞くようにもなりました。
「移住=暮らし」な訳ですから、まずは移住希望地でリアルな暮らしを試せたら…と思われる方が増えてきているのかな? と思います。

そんな風潮を受け、今回は萩暮らしをリアルに体験できるプロジェクトを皆さんにお届けします。

高台に誕生した住み開きの宿を起点に萩の日常に触れよう

プロジェクトの舞台は萩市鶴江地区。昔ながらの漁師町といった風情を今に残すこの地区は、市の中心部から近く、メインステーションであるJR東萩駅へは歩いていける距離という、長閑で静かに暮らせる田舎町でありながら、便利に暮らせる魅力的な立地条件を備えた地域。

そんな萩市の“便利な田舎”で暮らしの体験ができるんです!

また今回は案内人が着目した「地域のお宝」を“散歩がてら”見て回るというプログラム(下記参照)も用意されています。
いいですよね、この「気楽」な感じ♪

〜今回見て回れる萩市鶴江のお宝はこちら!〜
①今に残る藩政時代の風情「萩市道:鶴江の渡し(渡し船)」
②杜氏さんがご案内! 地元酒造見学&地酒のテイスティング
③観光客は使わない「地元道」を使って萩しーまーとへ。港町萩の新鮮な魚介類や自慢の野菜
④歩いてすぐの灯台で楽しめちゃう投げ釣りで食材ゲット(時間に余裕があれば)
⑤萩八景※にも選ばれた佳景「鶴江の夕照」
⑥高台の宿「鶴島邸」からコンパクトシティ萩を一望
 ※萩八景とは、1685年に萩藩3代目藩主の毛利吉就が、絵師、歌人、学者に命じて萩城下の佳景を選ばせたものです。

いかがですか皆さん。萩市鶴江の飾らない日常を体験してみませんか?

鶴江の高台からは萩が一望できます

鶴江の高台からは萩が一望できます

藩政時代の渡し船が現役で残っている町

藩政時代の渡し船が現役で残っている町

僕の住んでる町を案内します!

町を案内してくれるのは、鶴江の高台で「鶴島邸」を営む秋山光里さん。
数年前、彼は世界一周の旅に出ました。そして帰国後の“その足”で北海道から日本を縦断。その旅行の途中で辿り着いたのが「萩の町」でした。彼はコンパクトにまとまったこの町が気に入り移住することを決意しました。
移住してからは、地域おこし協力隊として地域資源を活用した事業開発を積極的に行い、卒隊後は在任中に培った経験を活かし独自の事業を展開。彼の暮らしの目標である『小さくても強い暮らし』作りに日夜邁進しています。そんな彼が住まいにと選んだ場所が萩地域の海・山・町を一望できる鶴江の高台でした。

協力隊の活動を通じて町にとても詳しくなった秋山さんだからこそ伝えられる『日常の萩の特別なコト』に興味がある人はぜひ【興味あるボタン】&メッセージをくださいね。

皆様のご参加お待ちしています!!

※1 今回のプロジェクトは、田舎暮らしに興味があって、お酒が好き(飲めなくてもOK)、旅行好き、語らいが好きと言った方にピッタリです。また外国からのお客様も歓迎します!!
※2 鶴島邸には猫の「ねぎ」がおります。猫アレルギーをお持ちの方は誠に申し訳ございませんが、ご遠慮ください

地域の造り酒屋の杜氏さんとお話してみませんか

地域の造り酒屋の杜氏さんとお話してみませんか

“住み開きの宿「鶴島邸」”で暮らし体験ができます

“住み開きの宿「鶴島邸」”で暮らし体験ができます

イベント・ツアー内容

開催日程:2023年11月21日~ 2023年11月22日

所要時間:1泊2日

費用:5000円

定員:5 人

最小催行人数:4 人

集合場所:

解散場所:

スケジュール

本プロジェクトにお問い合わせください
※募集は定員になり次第終了いたします

萩市ローカルエディター
プロジェクトの経過レポート
2024/02/17

移住者交流会やります!*\(^o^)/*

18082

移住されてきた方はもちろんですが、移住した方とお話ししてみたいという地元の方、萩への移住に興味関心のある方も参加OK👌
JF江崎フレッシュかあちゃんと一緒にレンコ鯛の干物を作りながら、楽しいひとときを過ごしましょう〜♪

詳細は➡︎ https://smout.jp/plans/15896

2024/01/05

~特別でも完ペキでもない、自分サイズの実践者に出会う旅~「萩・ひとに出会う旅」

17114

1泊2日、萩・ひとに出会う旅!大人気企画です。

萩・ひとに出会う旅は、
観光地を巡る旅ではなく、萩で暮らしを楽しんでいる、萩人と出会う旅となっています。
人とつながりお話することで、萩のまちの面白さが見えてきます。
1泊2日、3食付きで5000円!
たくさんの出会いが、みなさんを待ってます!
https://smout.jp/plans/15125

2023/11/25

萩市への移住に興味ある方もぜひご参加ください!

16482

移住には興味あるけど、なかなか一歩踏み出せない…
そんな人結構多いんじゃないでしょうか…?
「地域に馴染めるかな…」「子どもが少ないみたいだけど、少人数学級って実際どうなの?」「田舎暮らしはやっぱり車は必須?公共交通機関はどうなっているの?」「冬は雪が積もるのかな?」「町内会や地域活動ってどんなものがあるの?」
分からない・知らないことが漠然とした不安に繋がってなかなか行動できずにいる…なんてこともあるのではないでしょうか。
そんな方にぜひお越しいただきたいのが…移住者交流会です!萩市へ移住した方・地元の方・萩への移住に興味関心がある方を含め、ざっくばらんに萩暮らしを語ります♪
新たな出会いやつながりのきっかけとなる移住者交流会に参加してみませんか?

イベント詳細は下記の通りです
◇開催日程:2023年12月16日
◇所要時間:11時~14時
◇費用:1,000円(昼食代)
◇定員:15 人
◇集合場所:川上公民館(萩市川上4527番地)
◇解散場所:川上公民館(萩市川上4527番地)

交流会の内容はこちらです
・「サンタクロースのオーナメント」作り体験
・川上地域にオープンした「イタリアンバールサルーテ」のお弁当を食べながら気軽な意見交換会

皆様のご参加お待ちしております。

お問い合わせ・詳細は
https://smout.jp/plans/14612 をご覧ください。

萩市川上地域で会いましょう☆

登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
萩市
上田晃司が紹介する萩市ってこんなところ!

今回の地域紹介は「鶴島邸」がある萩市鶴江です。
「鶴江」という名前の由来には、鶴が飛来する場所だったからという説や、この地域に入ってくる密貿易船が舳先に鶴のマークを掲げることで仲間であることを示したという説など諸説あるそうです。対岸には伝統的建造物保存地域でる浜崎があり、離島へ行くための定期船が発着する港もあります。また眼前を流れる松本川を渡るための手段として現在も渡し船が存在しているという珍しい土地柄です(少し離れた場所に橋もあります)。萩市のメインステーションとなる東萩駅が割と近くにあって、萩の海産物を楽しむことができる道の駅「萩しーまーと」も近いなど、住んでしまえば不便はなさそうな場所と言えます。ただし道は狭いので、最初はちょっとびっくりする人もいるかもしれません。でも慣れますよ(笑)私は住んでませんが、何度か行くうちに慣れましたね。
鶴江について詳しく知りたい方は、萩まちじゅう博物館のホームページより、まち歩きマップ「鶴江・香川津・新川おたからマップ」をご覧ください。

上田晃司
萩市ローカルエディター
東京からのIターン移住者。プロカメラマン・エディターなどのスキルを活かし、萩市ローカルエディターになりました。現在は明倫学舎4号館にオープンした「はぎポルト-暮らしの案内所-」で活動中です。
43
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!