世界一の雪質!?下川町でスノーシューイング体験!
体験する
公開日:2020/03/11
終了日:2021/03/30

世界一の雪質!?下川町でスノーシューイング体験!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

冬の下川町の森、川をガイドと共に散策するプログラムです。
私達「NPO法人しもかわ観光協会」では、下川町の自然資源を活用したアクティビティ体験を提供しており、これは、そのうちの一つとなります。
スノーシューイング体験は北海道中の地域で行われているので下川町でやるかどうか迷ってはいたのですが、下川の雪を踏んでみてこれは是非ご紹介したいと考え企画化しました。
北海道の雪質が世界一と言われ出して久しいですが、下川町の雪はその中でも特別で、オホーツクの風が下川町にも入り潮の混じった大きな結晶がフワフワの雪質を生み出します。また、盆地で寒さが厳しく、内陸特有の豪雪地帯です。
北海道でも特別なこの環境、雪の感触は道内に住んでいる方であっても驚かれます。
また、下川町の地形がとても雪遊びに適しているため、ツアー中いたるところで様々な遊びを提供できます!
もちろん下川町の豊かな自然は僕らに、野鳥や野生動物との出会い、新しい発見と驚きを与えてくれます。

海沿いのソルティースノーが大量に降る町

海沿いの潮混じりの雪は、バックカントリー好きの「パウダージャンキー」の方々から絶賛を受けていますが、海沿いの町は降雪量が少なく風が吹くため、固められてしまい最高のコンディションは機会がとても少ないのです。しかし、下川町では完全なソルティーではないにしろ、潮混じりで低い気温、風が吹く日が少ないため最高のコンディションを高い確率で味わうことができます。その雪の中を歩くだけで、踏む感触、音、景色が素晴らしく、一冬過ごしたら企画作りにキーボードをたたいていました。
遊び方はそれぞれで、散歩するだけでも、バックカントリーでも、雪板でも、尻滑りでも何でもありです。僕の持っている道具でしたらお貸しして遊ぶことが可能ですし、お客様が遊び道具を持ってきてくださっても構いません。僕も下川町に来てから知った雪遊びがたくさんあります。下川町は移住者が多く、好奇心旺盛な大人がたくさんいます。そんな方々から自分もたくさんの遊びを教わり、2年間熟成させて今ご提供できるタイミングとなりました。

オープンバーンでの雪板

オープンバーンでの雪板

遊び道具やティーセットを持ってプチ登山

遊び道具やティーセットを持ってプチ登山

こんな人におすすめ!

・自然が好き
・雪遊びが好き
・バックカントリーを体験してみたい
・一人で山に入るのは怖い人

お問い合わせ、ご予約希望の方は
いますぐ話を聞きたいボタンを押してください^^

イベント・ツアー内容

所要時間:2時間から4時間お客様のご都合に合わせてご案内します。

費用:大人1名5,000円 子供1名3,500円 道具レンタル一式1,000円 一名の場合8,500円

定員:5 人

最小催行人数:1 人

集合場所:まちおこしセンターコモレビ

解散場所:まちおこしセンターコモレビ

プロジェクトの経過レポート
1096
2020/04/01

昨日の3月31日にて令和元年度の当企画が終了いたしました。令和2年度の開始時期は12月中、積雪によって決定いたします。
お越しくださったお客様方本当にありがとうございました。
また、今年度のスノーシューイングからは新しいルートや体験内容を検討中です。ぜひとも楽しみにしていてください!

下川町は、東京23区と同じくらいの面積をもちながら、その9割は森林です。山に囲まれた立地ですが、高い山がない分狭さを感じず、その自然風景は北欧に近いとよく言われます。夏は30℃・冬は-30℃と、1年の寒暖差が60℃もある町ですが、その分四季の移ろいがはっきりしており、自然の雄大さを感じられます。 下川町は自治体として評価もさることながら、そこに住む住民も一人一人個性が際立つ魅力的な方ばかりで、その人らが主動となって日々新しい挑戦が生れています。 私たちもチャレンジャーの1人。これまでの“観光”という言葉の概念にとらわれない、新しい観光を体現していくのが、今の私たちの目標です!
24
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}