被災地・珠洲で復興を支え、生業を守るマルチワーカー募集!|珠洲市特定地域づくり事業協同組合

2024年元旦に発生した「能登半島地震」で大きな被害を受けた石川県・能登半島の最北端・珠洲(すず)市で、「マルチワーク」というはたらき方を通じて、復興の力となり、将来的に生業や地域の担い手となってくれる方を募集します。

総務省の制度を活用した「特定地域づくり事業協同組合」は、地方へ移住したい人と働き手不足で困っている事業者を結ぶ仕組みで、地域内の事業所で組合を設立し、季節ごとの需要に応じていくつかの仕事を組み合わせて通年の仕事を創出し、移住者等を雇用し派遣することで、安定的な雇用環境を作り出すものです。

当組合では、農業(牛や馬の牧場も含む)、林業、宿泊業、飲食店、観光業など14事業 所が加入しており、マルチワーカーとして採用された方には、その中から季節や曜日によって、年間2か所以上で仕事をしていただきます。
正社員として安定した雇用環境のもと、様々な仕事を経験することで自らのスキルアップを図るとともに、より深く地域を知り、地域の人々と交流を深めることができます。

近年、全国で「マルチワーク」という働き方が浸透しつつありますが、あえて被災地・珠洲でチャレンジしてみようという方はいらっしゃいませんか?

能登半島地震を経て、働き手不足がさらに深刻化…

当組合は、2022年3月に北陸で初めて発足し、2023年末時点では9名のマルチワーカーを雇用していました。全員が20~30代の県外からの若い移住者で、マルチワーカーとして市内事業所で活躍するとともに、プライベートでも地域活動へ積極的に参加するなど、珠洲での暮らしを楽しんでいました。
組合員以外の事業所からもマルチワーカーの受け入れを希望する声が増えてきたことから、新年度からさらに事業拡大しようと準備を進めていました。

ところが、2024年元旦に発生した「能登半島地震」により状況は一変。
幸い、組合関係者の命こそ無事でしたが、市内全域が壊滅的な被害で、事業を中断、なかには継続断念せざるを得ない組合員や、住まいの倒壊や破損により住む場所を失ったマルチワーカーも少なくなく、3ヶ月間派遣事業の休業を余儀なくされていました。

そんな大変な状況中でも、歩みを止めず事業を再開しマルチワーカーの受け入れを希望する組合員と、引き続き珠洲で働き暮らしたいという意思を示してくれたマルチワーカーの声を受け、この4月より3名のマルチワーカーで派遣事業を再スタートすることができました。

しかしながら、現在珠洲では働き手世代の多くが二次避難や生活再建のため市外へ出ていってしまい、働き手不足が深刻化しています。現時点でも、マルチワーカーの人数よりも組合員事業所からの受入のニーズの方が多く、さらに組合員以外の事業所からも「事業を再開したくても人手不足でできない」という声を聞きます。

いまの珠洲に一番必要なのは、復興や生業を担う「人」です。
派遣先となる組合員事業所は、農林業・製炭業・酒造業など「能登らしさ」を担う地場産業や、復旧・復興を支える人々の受け皿となる宿泊業・飲食店など、どれも珠洲の再生に不可欠なものばかり。それら複数の事業所で働き、復興を支え、幅広いスキルや人脈を身に着けて、将来的には、市内事業所へ就職や独立開業して、地域の担い手となっていただきたいと願っています。

特定地域づくり事業協同組合制度の仕組み

特定地域づくり事業協同組合制度の仕組み

マルチワークのイメージ

マルチワークのイメージ

復興への長い道のりを、住民として、共に歩んでくれる人待っています

この記事を書いている4月下旬時点では、未だ多くの地域で断水が続いており、倒壊した家々は元旦のまま放置され、主要道は通れるようになったもののそこら中がガタガタ道、復旧・復興には程遠いのが現実です。
これから珠洲は、多くの方々の力を借りながら、復興に向けて、長く険しい道のりを歩むことになります。一方で、これまでできなかったことに挑戦するチャンスでもあると考えています。

そんな被災地・珠洲に住んで働くというのは、人生の次のステップを考えている方にとって、可能性に満ち溢れていると思います。そのとき「マルチワーカー」という選択は、より多くの出会いや経験、スキルを得ることができ、本人にとっても地域にとっても、必ずプラスに働くことでしょう。

「我こそは」という方のご応募をお待ちしております。

派遣先例:ボランティアや工事業者の滞在地となっている宿泊施設

派遣先例:ボランティアや工事業者の滞在地となっている宿泊施設

派遣先例:未だ断水の続くなか、引退競走馬支援を行う牧場

派遣先例:未だ断水の続くなか、引退競走馬支援を行う牧場

仕事だけでなく、住まいや暮らし、将来のことまで、まるっとサポート

【雇用条件】
職  種|組合員の事業所における派遣労働
雇用形態|正社員・無期雇用派遣労働者
労働時間|1日8時間、週40時間(週休2日制)
給  与|月給205,000円~
福利厚生|
 ・健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
 ・有給休暇(年10日~)、特別休暇(年5日)、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇制度あり
 ・キャリアアップ研修制度あり
 ・退職時、勤続年数に応じた独立支援金給付制度あり
  (1年:約5万円、2年:約30万円 3年:約50万円)
応募資格|
 ・珠洲市に移住定住し、将来、市内で独立開業もしくは地場産業の後継者を目指したい方
 ・普通自動車免許(必須)
 ・学歴・経験不問

住まいについてもご相談にのります。その他、生活全般に関するサポートも行います。
少しでも気になる方は「興味あり」ボタンからお気軽にお問い合わせください!

派遣先例:発災直後、孤立・断水のなか牛の世話を続けた牧場

派遣先例:発災直後、孤立・断水のなか牛の世話を続けた牧場

派遣先例:いち早く営業再開した、市民に愛される居酒屋

派遣先例:いち早く営業再開した、市民に愛される居酒屋

珠洲市特定地域づくり事業協同組合
登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
珠洲市
珠洲市特定地域づくり事業協同組合が紹介する珠洲市ってこんなところ!

海と山に囲まれた石川県珠洲市は、能登半島最先端に位置し、里山里海と呼ばれる、人と自然が共存する文化が今でも色濃く日常に溶け込む、日本古来の美しい「人の暮らし」が残る地域です。この豊かな自然環境や風土が注目され、全国からの移住希望者が増えると共に、若い世代からも注目されている地域でもあります。

近年は他の地方同様に過疎高齢化が進み、一次産業や観光業での担い手不足、繁盛期の人手不足など、働き手の確保が課題となっていましたが、2024年元旦に発生した「能登半島地震」により事態はさらに深刻化してしまいました。

珠洲市特定地域づくり事業協同組合
珠洲市特定地域づくり事業協同組合

北陸地域で初となる「特定地域づくり事業協同組合(総務省の制度を活用)」です。
これは、地域内の事業所で組合を設立し、複数の仕事を組み合わせて通年の仕事を創り出し、移住者等を派遣することで、安定的な雇用環境を作り出すものです。

当組合には、農業、林業、宿泊業、小売業、観光業、飲食店など14事業所が加入しており、採用された方には、派遣職員として2ヵ所以上の事業所で勤務していただき、様々な業務を経験していただきます。

46
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
私は震災に合われた地域と人々の復興に携わりたいと考えております。宜しくければお話させて頂ければと思います、
訪問しました!
移住決定しました!
{{WANTED_TEXT}}