世界遺産「富岡製糸場」で働きませんか?シルクブランドをPRしてくれる人を探しています【地域おこし協力隊募集】
働く・住む
公開日:2020/10/19
終了日:2021/03/31

世界遺産「富岡製糸場」で働きませんか?シルクブランドをPRしてくれる人を探しています【地域おこし協力隊募集】

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

世界遺産・富岡製糸場を有する、群馬県 富岡市。
 

かつて日本のシルク産業の中心でもあったこのまちの「富岡シルクブランド協議会」では、
富岡産シルク製品のPRをしてくれる人を、地域おこし協力隊として募集します。
 

勤務地は、なんと富岡製糸場!
明治初期に建てられた、歴史とロマンあふれる建物です。
世界遺産の内部でのお仕事…なんだかワクワクしてきませんか?

ご存知ですか?「富岡シルク」。

時は明治。
日本初の官営工場・富岡製糸場は、上質な国産シルクの大量生産によって、日本の技術力の高さを世界中にアピールしました。

令和の現在、製糸場は操業を終えていますが、富岡産の繭からつくられた「富岡シルク」は、今も残っています。
 

「富岡シルクブランド協議会」は、そんな富岡シルクを普及すべく組織された団体。
養蚕農家や製糸会社、シルク製品に関係する事業者などで結成されています。

協議会では、良質なシルク製品の開発や販売強化、「富岡シルクブランドマーク」の交付などを通じ、富岡シルクを普及。
その働きによって、市内の養蚕農家さんが安心して繭の生産を続けられる…という仕組みを目指しています。
 

そんな富岡シルクブランド協議会が、地域おこし協力隊の募集を決めた理由は、2つあります。
 

1つは、情報発信にもっと力を入れたいから。
 

実は昨今、国産繭の消費量が減少しています。富岡産繭も例外ではありません。
繭の消費を拡大するためには、富岡シルクの魅力を今よりもっとアピールしていく必要があります。
 
富岡市のことも、シルクのこともよく知らない…というフラットな目線で、たとえば「富岡シルクって何?」ということから「養蚕農家さんの仕事風景」などを発信してくれる方を探しています。
 

もう1つは、協議会の未来を担う人材を見つけるため。
 

現在、協議会事務局では、行政職員が業務を支援しています。
ですが将来的には、支援を受けず活動できるような組織として発展していくことが、求められています。
 
そのため今回来ていただいた方には、任期満了後も富岡シルクブランド協議会の一職員として、
さらに活躍してほしいと考えています。

これが富岡シルクのもととなる、富岡の繭です。

これが富岡シルクのもととなる、富岡の繭です。

有名デザイナーとのコラボ商品も販売しています。

有名デザイナーとのコラボ商品も販売しています。

・SNSを日常的に活用している人
(PCに特別詳しくなくても、大丈夫です)

・好奇心旺盛な人
(繭の生産や製品の製造過程など、幅広く興味を持っていただきたいです)

・体力に自信がある人
(繭や生糸の運搬も仕事のひとつ。これが意外と重いんです…)

未経験でも、特別なスキルがなくても、意欲さえあればOK!
ただし繭や生糸の運搬もお願いするので、運転免許は必須です。
 

また、富岡市地域おこし協力隊としての募集ですので、以下の条件を満たす方が対象です。
・20歳以上50歳未満
・3大都市圏などの都市地域から富岡市に住民票を移し、居住できる人
・任期満了後も、富岡市に住む意思のある人
 

※選考に際しては、二次選考前に富岡市に来ていただき、現地を見学していただきます。
(交通費等は自己負担)

職場は、富岡製糸場。ぜひ製糸場の魅力もPRしてください!

職場は、富岡製糸場。ぜひ製糸場の魅力もPRしてください!

年に5回、繭の品質調査も。取材とサポートをお願いします。

年に5回、繭の品質調査も。取材とサポートをお願いします。

富岡市地域おこし協力隊 募集要項

【任用期間】最長3年(1年更新)
【勤務時間】140h(原則1日7h×月20日)
【賃金】報償費 月額20万円(賞与、退職手当などはありません)
※雇用保険には加入しません。また健康保険・年金保険料は自己負担です。
※報償費のほか、家賃相当(最大5万円)の借上げ料を支給します。
 

少しでも気になった方は、ぜひ「興味ある」を押してみてください!

富岡市
富岡市役所 地域づくり課が紹介する富岡市ってこんなところ!

「富岡製糸場」のあるまちです。
 

富岡製糸場は、国が建てた大規模な器械製糸工場。
創業当時、製糸工場としては世界最大規模でした。
2014年には世界遺産に認定され、世界各地から観光客が訪れるように。
2020年には県立世界遺産センター「セカイト」もオープンしました。
 

でも…実は世界遺産だけじゃなく、住み心地のよさも、富岡市の魅力なんです。
 

暑すぎず寒すぎない、おだやかな気候。
東京から約2時間という、都会すぎず田舎すぎない立地。
緑ゆたかな環境ですが、一方で、お店や病院がコンパクトにまとまり、生活に困りません。
よそから来た人を、あたたかく受け入れる風土もあります。
 

まずはどうぞ、世界遺産観光から。
少しでも気に入ってくれたら、ぜひ移住もご検討くださいね。

世界遺産 "富岡製糸場" のあるまちです。 都会から遠すぎず、近すぎず。 (東京から約2時間、軽井沢から約30分) 人は多すぎず、少なすぎず。 (人口約4.8万人) ほどよく田舎で、ほどよく便利。 そんな "ちょうどいい暮らし" ができます。
57
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
具体的なお話を伺ってみたいです。
icon
織物や染色に興味があります。シルクを加工したら素敵ですね。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}