送信

求ム。諦めきれない事業アイデア。西粟倉ローカルベンチャースクール2018

仕事住まい暮らしUIJターン起業移住

”「この事業をやってみたい」と言っても、応援はされなかった。
「これがただ好きなんです」と言っても、「それじゃ食っていけないよ」となだめられた。
でもやっぱり諦められない。
だって、これが好きだから。
だって、この事業やってみたいから。”
 
そんな、地域で起業や新事業の立ち上げを考える人を募集しています。
 
西粟倉ローカルベンチャースクールでは、10月から12月の実質3ヶ月間で事業発掘の為のブラッシュアップ&選考会を行います。

そこでは、西粟倉村を拠点とする起業家や新事業発掘を目的としていますが、
最も重要なのは事業化を目指すあなたが【自分の本質的な想いが見つかること】。

その為に多くの問いかけをもらいながら進みます。
問いかけ伴走するのは役場職員、ビジネス経験のあるメンター、コーディネーターたちです。

事業の実現とともに、内なる自分と向き合うプロセスは事業立ち上げ後、
1年、5年、10年先何度も立ち返り、あなたを支える拠り所となるはずです。

https://www.a-zero.co.jp/lvslll-nishiawakura-lvs

あなたは何かに強い、偏った愛情を持っていますか?

一次選考会の様子

役場職員、メンターとのブラッシュアップの様子

西粟倉ローカルベンチャースクールは、2015年から実施している村を拠点とした起業家、事業立ち上げを募るプログラムです。
10月から12月の間に2度選考会があり、その間役場職員やコーディネーター、メンターとともにブラッシュアップも並行して行っていきます。
 
ただ、ここでは事業プランの良さを磨くというより、まず事業に取り組もうとするあなたの想いを磨いていき、結果事業を磨くプロセスとなっていきます。
 
その為に1つ切り口となるのは「強い愛情」。
どうしてもこれが好き、どうしてもこの可能性を実現させたい。
そんな想いがあなたにはあったりしませんか?
西粟倉には、苺が好き、油が好き、帽子が好き、、その想いを原動力に事業を進める人たちが多く居ます。
 
西粟倉という場所を知っていても知っていなくてもどちらでも良いです。
ただ、あなたに諦めきれないしぶとい「愛情」がそこにあるか。
その想いがあり、事業化をしていこうとする方を募集しております。
  
●西粟倉村とは
西粟倉村は1,500人の小さな山間にある村です。
2004 年に市町村合併を拒み村として歩むことを決めた、村の未来を自分たちで切り開こうとした人たちが暮らし働いています。ここ数年はローカルベンチャーを掲げることにより地域住民の寛容性も高まってきています。1500 人の小さな村でありながら、次々にビジネスとプレーヤーが集結するとともに、同時に新たな可能性や役割も多く生まれています。
  
※エントリー対象者:西粟倉村を拠点にした創業、新規事業の立ち上げを目指す方。
(年齢、現居住地は関係なく、村内外問わずエントリーが可能です。都市部からの移住が伴う際は地域おこし協力隊制度も活用することが出来ます。第二創業、社内起業、支社進出も対象です。)

「生きるを楽しむ」人を増やしたい。

「生きるを楽しむ」

西粟倉ローカルベンチャースクールOBの1人、株式会社ミュウの渡部さん

西粟倉は、これから先の未来は「生きるを楽しむ」人が集うような村になりたいと考えています。
自らの人生を、自ら楽しんでいく。色んな事はあるけれど、それでも目一杯生きる。
そんな人たちの集合体は西粟倉村となる。
 
西粟倉ローカルベンチャースクールでは「生きるを楽しむ」を体現する為に「起業」が必要不可欠である人を求めています。

ツアー内容

開催日程:2018年06月06日

所要時間:※期間は8月いっぱいまで随時調整します。

費用:無料

定員:1 人

最小催行人数:1 人

集合場所:岡山県西粟倉村

解散場所:岡山県県西粟倉村

スケジュール

その方の事業アイデアにあわせて1~3時間程度(御相談下さい!)

エーゼロ株式会社が紹介する西粟倉村ってこんなところ!

人口約1500人の村、岡山県西粟倉村。村の面積の95%を森林が占める同村は2004年、市町村合併せずに村として存続することを決めました。2007年より「百年の森林(もり)構想」を掲げ、森林との共生に向け歩んでいます。

姫路・鳥取をつなぐ因幡街道筋に面した中山間地ということもあり、新しいものを受け入れる風土があります。

次々にビジネスとプレーヤーが集結し、同時に新たな可能性や役割も多く生まれており、移住起業家が集まる村とも言われています。
エーゼロ は、この西粟倉に本社を構え、林業をはじめ、起業支援やうなぎ養殖事業に取り組んでいます。

エーゼロ株式会社
スモールビジネスの創発や、地域の関係人口創出、情報発信、地域資源の活用などを地域に寄り添って展開していくことで、地域からさまざまなアイデアが育ち、豊かな土壌が広がっていくことをめざします。 【略歴】2009年10月1日 グループ会社である、株式会社西粟倉・森の学校 創業 / 2015年10月1日 森の学校ホールディングスとして創業 / 2016年5月 社名を「エーゼロ株式会社」に変更 【主な事業】 自然資本事業(養鰻、農業等)/ 不動産建築事業 / 創発コンサル / 地域商社事業 / ローカルベンチャー支援事業 【本社】岡山県西粟倉村 【事業所】エーゼロしこぶち事務所(滋賀県高島市) 【連携会社】株式会社エーゼロ厚真(北海道厚真町) 【代表者名】牧 大介