【迫る!!! 10/15・10/20 開催!】高田暮らしカフェ@オオサカ
募集終了
情報を集める
公開日:2020/09/25
終了日:2020/10/20

【迫る!!! 10/15・10/20 開催!】高田暮らしカフェ@オオサカ

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

\\\イベント内容を公開いたします!ぜひご一読ください///

このイベントを
高田暮舎の今井優衣さんから再度ご紹介してもらいます。

↓↓↓

神戸に住んでいて、関西の大学に通っています。

今年の夏休みは高田暮舎でオンラインでインターンをしているんですが、
オンラインでも地域の魅力って分かるもんですね。

それって高田だからなのかな?

もがきながらも、助け合って、自分の生き方を持ってる
すごく人間味の溢れているところが高田なんです。

そんな高田の温度感を届けようと
いろんな「高田暮らし」が交わる夜をお送りします。

・イベント概要
「高田暮らしカフェ@大阪」
日時:10月15日(木) / 10月20日(火) 19:30〜21:00
場所:zoom
10/15日 https://zoom.us/j/93367751424?pwd=SGg4TEFXU1lMMlFFSzBxaFpiMkhWZz09
10/20日 https://zoom.us/j/94994084291?pwd=UmV1dDZKNVhlNWRSTkR0SDhZbHA0UT09
定員:20名(1回につき)
参加費:「無料」にしちゃいます!
参加条件:「関西在住」か「関西出身者の方」限定
主催:特定非営利活動法人高田暮舎(https://takatakurashi.jp

お申し込み:応募締め切りは10月9日まで
・10/15ご参加させる方はこちらからhttps://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfmO1g2dASnEKZXH5hvzJhmL6pcEHgFYzZjf-WQqygiu_RUsA/viewform?usp=sf_link

・10/20ご参加される方はこちらから
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdDrWC6Zf5XUgAaqmU2bSQeT6bROLp-AmJwhatx87t-V3G4wA/viewform?usp=sf_link

なお「応募する」か「興味ある」を押して下さった方にも、当日の配信URLなどご案内メッセージが届きます!当日予定が入ってしまうかも…という方でも、事前に情報を知ることができます。

_______________________________

一緒に食べて、飲んで、笑って。

気づけば、昔から知り合っていたかのような
不思議と高田に染まってしまうような感覚。

初めて話すのに、なぜか安心する。

そんな空気の中で、「高田暮らし」について話していこうと思います。

「高田暮らし」は一人ひとり色が違う。
関西に住んでたっていいんです。

何も飾らず、ありのままの姿を受け入れあうからこそ、
人それぞれに高田との物語があるんです。

高田に行ったことがない人、関わったことがない人も、
これから一緒に陸前高田の夏?を体験してみませんか?

__________________________________

\\\ 追記!高田暮らしカフェ@オオサカの詳細をご紹介します///

〇しばでセットについて
 
参加者の皆さまには、なんと無料で(大汗)
高田暮舎特製「しばでセット」をお送りいたします。
中身はこちら
・熊谷ホルモン みそ味 
 焼いてもよし!お鍋に入れてもよし!高田市民に愛されるソウルフード「くまほる」
 おすすめは、焼きそばと混ぜて食べると美味しいよ!
・米粉パスタスナック コンソメ味
 カリッとした食感がクセになる低カロリーでグルテンフリーなお菓子
・おやつこんぶ 
 噛めば噛むほど味が出る大人気のおつまみこんぶ!
・マスカットサイダー
 昭和45年の製造開始から変わらず愛され、どこか懐かしさを感じられるスッキリとした味わいのサイダー
・酔仙特別純米酒 多賀多 生貯蔵
 米、水、造り手までも地元産!どこまでも陸前高田にこだわった特別純米酒
・北限のゆずクラフト酎ハイ
 陸前高田・大船渡で栽培された「北限のゆず」をまるごと絞った地域限定酎ハイ!

こちらを皆さまにお届けいたします!
赤字覚悟で皆さまにお届けいたします!
当日はぜひお手元に置きながら、飲んで食べて楽しい時間を過ごしましょう!

タイムスケジュール
19:30 スタート
19:35 乾杯!陸前高田の紹介
19:40 お届けした商品「しばでセット」の紹介
19:45 陸前高田での夏の思い出ムービーとゲストのエピソードトーク
20:15 関西にゆかりのあるゲストの紹介
20:55 記念撮影、クロージング
21:00 参加者の皆さんとの交流タイム
 話し足りない方々、是非ここで一緒に話しましょう!
22:00 最終クローズ

〇ゲストはこちら
DAY1出演者
・長谷川伸さん 関西大学 准教授・桜ライン311,陸前高田での聞き書き,
        メキシコやベトナムの学生たちとの研修プログラム

・神門かなさん 兵庫県 関西学院大学出身
       陸前高田市小友町上の坊という集落の盆踊りを復活させたメンバーの1人
       陸前高田には定期的に通っている
       お酒大好きで飲み会の常連さん

・北野留美さん アーティスト。町歩き冊子「オバケダイガク」を作成。
        http://obakedaigaku.net/
        高田暮らしカフェ@東京vol.3では、「江州音頭を」披露して下さる。
        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
        江州音頭(ごうしゅうおんど)は滋賀県を中心に近畿地方各地で盆踊り
        に用いられる音頭。棚音頭と座敷音頭(敷座)の2種類がある[1]。
        独立した舞台芸としても行われる(こちらは「口説き(クドキ)」と
        呼ばれる)。「江州」とは、近江国の別称である。
        ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋。

DAY2出演者
・宮本妃菜さん 兵庫県宝塚市出身 お茶の水大学出身
       陸前高田市小友町上の坊という集落の盆踊りを復活させたメンバーの1人
       「森のようちえん」という活動を行っている
       この方もお酒大好きで飲み会常連

・泉創和さん  関西学院大学3年生
       高田暮舎でインターンとして関わる
       陸前高田市のシェアハウス「弟子舎」に泊まり、虜になってしまう
       なぜか活動中、竹駒町という部分的な地域を愛してしまう

・橋本裕之さん 大阪府藤井寺出身 豊中市在住。文学博士。
        国立歴史民俗博物館助手、ミシガン大学日本研究センター客員教授
        などを経て、現在は千葉大学文学部日本文化学科教授。
        専攻は民俗学・演劇学・文化人類学。
        2005年のNHK大河ドラマ『義経』の芸能考証も担当。
        民俗学に詳しく岩手県下閉伊郡普代村に伝わる「鵜鳥神楽保存会」
        のメンバーでもある。今宵もマシンガントーク炸裂

・今井優衣さん 関西学院大学4年生
       高田暮舎インターンとして関わる
       まだオンラインで陸前高田に来た事はないが
       情熱を持ち、素敵な笑顔で、陸前高田に関わり続けている
       2日間、協力スタッフとして関わって下さる

当日、盛り上がる事必須!
賑やかな夜になりそうですね!
ぜひ皆さまのご参加お待ちしております。

関西と陸前高田 今だから伝えたい

2018年からはじまった、高田暮らしカフェ。

このイベントに参加してから、
陸前高田に移住した人もちらほら。

初めて高田に関わる人をもトリコにしてしまう
高田の独特な空気の中に
今回は関西の人を誘いたいと思っています。

陸前高田に暮らすだけが「高田暮らし」じゃない。

高田に関わっている人、気になっている人、住んじゃった人。
いろんな「高田暮らし」が交わる夜をお送りします。

震災後に色んな方から支援と勇気をもらい
あれから10年経ちました。

そういえばあれから会えてないな
「ありがとう」の一つも言えてないな

昨年は東京で食べて飲んで踊って、楽しかったな

昨年は東京で食べて飲んで踊って、楽しかったな

みんなでテーブル囲んで一緒のもの食べたかったんだよな~

みんなでテーブル囲んで一緒のもの食べたかったんだよな~

\こんな風に考えている方におすすめ!/

・東北、岩手、陸前高田気になる!
・移住って大変じゃないん?
・田舎暮らしって実際どうなん?
・まちづくり、地方創生やってみたいなあ…
・移住相談とかじゃなくて、まずはその地域の雰囲気知りたい!

ほんとにみんなで会って騒ぎたい!

ほんとにみんなで会って騒ぎたい!

ごちゃごちゃになって騒ぎたな~飲み明かしたな

ごちゃごちゃになって騒ぎたな~飲み明かしたな

陸前高田市
松田 道弘が紹介する陸前高田市ってこんなところ!

山が聳え、川が流れ、海がある。
雄大な自然に囲まれている土地だから、
栄養豊富な海で育つ牡蠣やわかめ、
ホタテの等の養殖をはじめとした漁業が盛んです。
また、広大な土地を活かして
ブランド米や青果の栽培も行われています。
自然の恵を享受し、生かされていることを実感しながら
生活することが、とても身近な土地だと思います。

ここに暮らすのは、生まれ育った人、一度離れて帰ってきた人、地域の外から来た人。
いろいろな人が入り混じる場所だからこそ、
受動的であるよりも、自らの興味のあることや、
面白そう!と感じたものに敏感に向かっていくことで、
より楽しく充実した生活を実現できる気がします。

松田 道弘
特定非営利活動法人 高田暮舎
岩手県遠野市出身・野球やってました・でもバスケットやバレーボールの方が好き・そばアレルギー・しっかり逃げ人材・岩手のために何かしたい・生きてるだけでOK・音楽聞く事が好き・自然がそばにないと生きてけない
13
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!