【信号のない山の村のオンラインツアー】オンラインでやま学校しよう!番外編 癒やされVlog-ログハウス編
募集終了
情報を集める
公開日:2020/09/24
終了日:2020/09/26

【信号のない山の村のオンラインツアー】オンラインでやま学校しよう!番外編 癒やされVlog-ログハウス編

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

諸塚村のオンライン第2弾は、インターンの大学生がVlogに挑戦!

Vlogとは、Video blog(ビデオブログ)のこと。
これまで文字と写真で綴っていたブログを、動画で残してしまおう!という日記をVlog(ブイログ)といいます。

9月中旬、インターンでやってきた大学生が、森に囲まれたログハウスで暮らすうちに普段の生活では味わえない「ヒーリング」や「癒やし」を感じ日々せわしなく働く大人にこの暮らしを体験して欲しい!と企画立案。

それはいいね!ということで、実際に生活を撮影してもらい、皆様へお届けすることになりました。

2泊3日のログハウス暮らしで、穏やかにゆるやかに過ぎていく日常をありのまま撮影し、配信いたします。

放送当日は、収録会場でしいたけステーキを生調理!

オンラインということで、放送日は9月27日 9時~10時30分。
価格は無料!

ただ、通りすがりのどなたにでも、という訳にはいきません。
諸塚村に興味がある方、池の窪グリーンパークやログハウスを良く知りたいという方、本気で癒やされたい方、にご覧いただくため限定配信とさせていただきます。

参加をご希望の方は「応募する」を押してください。
配信URLはメッセージにてお送りします。

配信はYoutube ライブを予定しております。
アプリを入れたり、お部屋を片付けたり、きれいな服に着替える必要は無し!
送られてきたURLをクリックするだけでご覧いただけます。

放送当日は見られない…という方でも安心。
後日、当日の様子を動画としてUP、しばらくご覧いただけるようご用意いたします。ただ、お申し込みをいただかないとご覧いただけませんのでお気をつけください。

あなたのご参加、お待ちしております!

インターンでやってきた若者が見る、山の村の魅力とは?

村の面積90%以上が山。2本の川と3本の尾根からなる諸塚村には、山の上に集落が点在し人々が助け合い笑い合いながら暮らしています。
少し滞在したぐらいだと、ちょっと分かりづらく伝えづらい村の魅力に、
20歳の現役大学生は何を思い、何を伝えようと思うのか。

自由な視点での企画・立案をお願いしたところ、最近諸塚村観光協会で取り組み始めたばかりのオンラインツアーを使い、日々に疲れた大人に癒やされに来て欲しい、と言うのです。
本人が、実際にコロナ禍にさらされ毎日を過ごしていた中で諸塚へ訪れ、ちいさな5人用のログハウスで寝泊まりするうちに、ただのアウトドアとしてのログハウスではなく、日常を暮らしリフレッシュするインドアの場所として充分に機能する場所であると教えてくれました。

遊びに来るばかりだけじゃなく、明日からの毎日をリスタートするために、2泊3日の超短期移住とも言えるログハウス暮らし。地域の住民と交流するわけでも、特別な何かをするわけでもありませんが、そこに暮らす人々と同じ所で、同じ目線で買い物をし、同じものを食べ、同じように生活をしてみる。それだけで見えてくるものや感じるものがあるかもしれません。

いろいろお話ししましたが、まずは頭をからっぽにしてご参加ください。

実際に暮らすログハウス

実際に暮らすログハウス

ログハウスの裏にある杉林

ログハウスの裏にある杉林

都会に閉塞感を感じている方、田舎もそんなに不便じゃないですよ

今回は、
・諸塚村を知りたい方
・移住にちょっと興味がある方
・ログハウスや古民家に興味がある方
・観光協会のお仕事に興味がある方
とご縁ができれば、と思っています。

デジタル最前線なのにアナログなオンラインツアー

デジタル最前線なのにアナログなオンラインツアー

実際のエコツアーの様子

実際のエコツアーの様子

諸塚村
岩切愛子が紹介する諸塚村ってこんなところ!

信号機、駅、海、空港、高速、24時間のコンビニ、平らな土地…無いものを上げれば切りが無い宮崎県諸塚村。しかし、ここにしかないものに溢れています。
透明度の高い川、きれいに手入れされたパッチワーク模様のようなモザイク林相、道路の路網密度日本一、自治公民館制度、車で離合するときの住民のバックの早さ、人生で1番美味しいしいたけとの出会い、初めて食べるもの、初めて見るもの、初めて体験するもの。30代後半で諸塚村へやってきて、こんなに人生初に出会えるなんて思ってもいませんでした。
私の地元から、車で1時間。たった1時間が異世界、そして懐かしさのある場所だったのです。

岩切愛子
一般社団法人 諸塚村観光協会
宮崎県日向市出身、諸塚村在住の岩切です。 幼い頃から引っ越しが多く、都民と府民以外は経験済みです。大都会で紙やらwebやらのデザインをしていたのですが、とある一念発起で脱サラ。 2019年5月1日、令和のスタートと同時に諸塚村観光協会にて勤務開始いたしました。 諸塚村へ移住を決めた理由は、「和紙」。 手漉き和紙の工房を村が所持しており、工房を利用したいがために、まんまと移住。 Jターン、かつ移住初期ですので、何でも聞いてください。
3
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!