【菜の花キャンプで週末移住体験】三川町の花・菜の花を見ながら、ゆるりと過ごす。語らいながら、お祭りを楽しみながら、非日常を味わうー。

アウトドアUターン家族・こども移住カメラマン主婦・主夫フリーター旅人ノマドワーカーペット

「スカウトされたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
訪問しました!
移住決定しました!

三川町の町の花である菜の花が一面に咲く、5月5日の子どもに、いろり火の里周辺で「葉の花まつり」が行われます。

今年で37回目になるこちらのお祭りは、毎年県外含む3500人のお客様が来る山形県でも有数のファミリー向けのイベント。

この祭りが終わると、翌日にはすぐに菜の花は刈られてしまい、「今年の菜の花はいつ見れるの?」という問い合わせもちらほら。

三川町の町の花「菜の花」を見て、感じて、もっと町を盛り上げていきたい!

しっかりと「菜の花」を堪能してほしいという思いを込めて、前日からキャンプをして楽しめるイベントをご用意させて頂きました。

当日は、移住者である私伊藤もお話させて頂きながら、三川町の特産品を食べたり、語らいながら、週末移住体験の非日常空間を楽しめるキャンプイベントをさせて頂きます。

今回、三川町史上初の祭りに絡めたキャンプイベント開催の理由

お子さんカメラマンも、撮影を楽しんだり。

お祭り当日は人力車も体験できます。

三川町の町の花は菜の花です。

町には、「菜の花餅」「菜の花オイル」「菜の花アイス」「なの花温泉田田」など、さまざまな菜の花の関連商品もあります。

当時は、菜の花を観光資源に町もPRをしておりましたが、その規模も縮小傾向にあり、観光資源がないと言う町の方も。

昨年、地域おこし協力隊として私が着任したのですが、5月1日に着任したのですが、5月5日の菜の花祭りが終わると、その菜の花はすぐに刈られてしまいました。

この菜の花、せっかくならより多くの方にその魅力を感じてもらい、写真コンテストに多くの方にご出展頂くことで、町の魅力の1つである菜の花を様々な方のレンズを通して、形に残していくことができたらよいなと思いました。

また、一方でこのいろり火の里は、知る人ぞ知るキャンパーの聖地。

週末には多くのキャンピングカーがこちらの道の駅に来て、ショッピングセンターラコスで買い物をし、菜の花温泉田田で汗を流し、ゆったりと過ごしながらキャンプを楽しんでる様子がうかがえることも少なくありません。

そうした、町民の方の三川町の素晴らしい場所の再発見と、新たに町に来ているキャンパーの方の交流ができるイベントにできたらよいなと考えております。

菜の花祭りとは・・・・

菜の花をバックに、「菜の花むすめ」の写真を撮影できます。(商品・賞金あり)

祭りの前日はキャンプで楽しみましょう!

「菜の花娘写真撮影会」をはじめ、巨大なバルーンに入って水をはった田んぼの中を移動するアトラクション「ウォーターバルーン」、救助犬デモンストレーション、山形県内外から小中学生のチームが集結する「菜の花杯サッカー大会」、菜の花DANCEフェスタ(キッズダンス)働く車の展示、人力車などなどファミリーで楽しめるさまざまなイベントも催されます。

ツアー内容

開催日程:2019年05月04日

所要時間:16時~翌17時

費用:3000円程度を予定 (施設使用料・食材費・お酒代として)※交通費に関しては、実費でこちらに来て頂きます。

定員:30 人

最小催行人数:6 人

集合場所:山形県三川町 いろり火の里周辺(山形県三川町横山字堤172-1)

解散場所:山形県三川町 いろり火の里周辺(山形県三川町横山字堤172-1)

スケジュール

5月4日(初日)
16時集合
17時準備
18時キャンプスタート(キャンプ内容調整中 ※集まった方とお話できればと考えてます。)
※適宜就寝

5月5日(2日目)
※適宜起床
10時菜の花祭り開始
15時菜の花祭り終了
16時片付けなど
17時解散

伊藤 秀和が紹介する三川町ってこんなところ!

山形県三川町。「人の顔」の形をしているといわれている山形県の目にあたる場所。人口7600人、世帯数2500、町の2/3が田んぼを占める町。山形県で唯一山がなく、雪崩警報も心配なし!町の花は「菜の花」で、毎年5月5日子どもの日に行われる「菜の花まつり」では、黄色いじゅうたんが町をきれいに彩ます。

伊藤 秀和
山形県三川町地域おこし協力隊
1984年神奈川生まれ。2018年5月三川町地域おこし協力隊に着任。家族移住ブログ「家族4人、山形暮らしはじめました。」運営。 (https://www.itohidekazu.com/) 地域で活躍する人の取材記事「ミカワビト」執筆。筆ペン詩集「生きる。」出版。ラジオパーソナリティ、レポーター、ライター、イベントの企画屋として活動中。
興味あるを押した人たち(6人)
6
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}