【シェアハウスプロジェクト「よすが」】仕事と暮らしが”ゆるく溶け合う”シェアハウスを一緒につくってくれる人募集!
体験する
公開日:2021/06/28
終了日:2022/03/31

【シェアハウスプロジェクト「よすが」】仕事と暮らしが”ゆるく溶け合う”シェアハウスを一緒につくってくれる人募集!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
もっと見る arrow

真庭市中心部から車でわずか10分のところにある余野(よの)地区。
緑豊かな里山と清流が織りなす、美しい農村風景が広がっています。

そんな余野地区で今、古民家を改装してシェアハウスをつくるプロジェクトが進行中!プロジェクトリーダーは、余野地区でキャンプ場運営・動画配信業を営む藤田さん。知り合いや地元高校生たちと協力して、リノベーションを進めています。今までは床や天井の剥ぎ取り、庭の整備、木材の搬出などの作業をしました。

中心部から近いため、僕も時々作業を見に行きます。
この前お邪魔すると、ハンマーを持ってブロックを破壊する藤田さんの姿が!!!
硬いブロックがボロボロと崩れていく様子は、なんだか楽しそう・・・。

今回は、そんなシェアハウスを一緒につくってくれる人を募集します!

田舎ならではの暮らし方・働き方を”実験”できる場所にしたい

シェアハウスプロジェクトの名前は「よすが」。
「この場所でいろんな縁をつなぎたい」「関わる人たちの心の拠り所にしたい」という思いを込めて、藤田さんが名付けました。

藤田さんが目指すのは、田舎ならではの生き方・暮らし方・働き方を実験的に提案・体験できるシェアハウス。これは、生き方・暮らし方・働き方に対する、藤田さんの考えがあります。

***

2019年4月より始まった「働き方改革」。
長時間労働などが問題となり、その解消のために各企業が取り組みを進めています。
今後はテレワークも進みそうですよね。

でも、働き方”だけ”を変えればいいのでしょうか?
働き方が変わると、必然的に生き方・暮らし方も変わるのではないでしょうか?

1年間余野に暮らして、生きる・暮らす・働くの3つは分断されているのではなくて、緩やかにつながっていると感じました。そして、それらの境界が淡く溶け合うことで、人生が豊かになっていくと思いました。

その感覚を自分1人だけではなくて、シェアハウスに暮らす人たちとも共有したい。
心も身体も豊かになれる生き方・暮らし方・働き方を、シェアハウスを舞台にいろいろ試したい。

***

これからの多様化する生き方・暮らし方・働き方を、1人1人が試す場所。
それが藤田さんが思い描く、シェアハウスのイメージ像です。

そのイメージ像に向かって、作業を進めている藤田さんと仲間たち。
現在は解体作業が終わったところで、これからは床張りや土間づくりに取り組む予定です。

手伝いに来ているメンバーは真庭市在住の方もいれば、津山や岡山など真庭市外の方も。
移住者も多く、それぞれが話す地域観は個性があっておもしろいです。
また、藤田さんも岡山県新見市→徳島→横浜→真庭市と移り住み、設計事務所→旅館→個人事業主とさまざまな経験をされています。

作業に来ているメンバーのお話を聞くのも楽しいと思いますよ。

中央が藤田さん。毎回さまざまなメンバーと作業を楽しんでいます。

中央が藤田さん。毎回さまざまなメンバーと作業を楽しんでいます。

シェアハウスの間取り図。客室は3つで、縁側があるのも魅力。

シェアハウスの間取り図。客室は3つで、縁側があるのも魅力。

田舎の小さな経済に興味がある人募集!

田舎には、仕事や資源がたくさんあります。
草刈り、山仕事、大工、里山、竹林etc.
それらを活用することで、小さいながらも経済を回すことができます。

「縁は、余野地区の小さな経済を回すことに興味がある人に来てもらいたい」と藤田さん。
地域資源の活用や田舎のなりわいに興味がある方はぜひお越しください。

【こんな人に手伝いに来てもらいたい!】
・小さな経済に興味がある人
・田舎で非日常的な体験がしたい人
・「よすが」プロジェクトに共感して、応援したいと思う人

***

リノベーションのお手伝いと同時に、入居者も募集します!
入居可能人数は3名です。学生さんもOKですよ!

・田舎の資源を使って小さな経済を作ってみたい人
・自分なりの生き方・暮らし方・働き方を試してみたい人
・日常を楽しめる人

古くなった天井を剥がす。これからどう変身するのでしょうか?

古くなった天井を剥がす。これからどう変身するのでしょうか?

休憩中の一コマ。大自然の中で食べるおにぎりはおいしい!

休憩中の一コマ。大自然の中で食べるおにぎりはおいしい!

作業日程は経過レポートにて告知!

藤田さんのスケジュールに合わせて作業を進めるため、日程は経過レポートで告知します。

○持参してほしいもの○
汚れてもいい服・動きやすい靴・手袋・飲み物・保険
※作業によって変わります。

参加したい方は「応募したい」をクリックしてください。
詳細をメッセージでお送りします。

自然も人も豊かな真庭市余野地区でお会いできることを楽しみにしています!

普段はキャンプ場運営・動画配信業を営む藤田さん

普段はキャンプ場運営・動画配信業を営む藤田さん

お手伝い&入居者待ってます!

お手伝い&入居者待ってます!

真庭市
藤本 一志が紹介する真庭市ってこんなところ!

岡山県の北部に位置する真庭市は、9つの町村が合併して生まれた広い広いまち。東京23区や琵琶湖よりも広く、各地域に住んでいる人の気質や生活スタイルが個性的なのが特徴です。
.
そんな真庭市には、個性豊かで魅力的な人がたくさん暮らしています。そして、それぞれの「生き方」「考え方」「暮らし方」を尊重していく風土があります。
.
地域によって暮らしもさまざまで、町の暮らしができる地域、ほどよい田舎暮らしができる地域、里山暮らしができる地域と、暮らしの選択肢が豊富です。
.
自分の理想の生き方を、周りの人たちと一緒に楽しみながら作っていく。そんな人たちに魅力を感じ、ぼくは2020年3月に真庭市に移住しました。
.
真庭市には多彩なライフスタイルがあります。「自分の理想の暮らしを、みんなと一緒に作っていきたい」「おもしろいことに関わってみたい」「人と人とのつながりを密に感じたい」など、真庭市に興味を持っていただけると嬉しいです。

プロジェクトの経過レポート
2021/10/16

キッチンの床がほとんどできました!

5823

こんにちは。フジタです。

キッチンの床がほぼできました!
思い返せば、1番に解体に取り掛かった場所。
この解体で踏ん切りがついた。

あれから約5ヶ月後、また床が下地まで出来上がった。
もう少しで、キッチンらしく。

2021/10/14

断熱材を敷き詰めた!!

5791

こんにちは。
フジタです。

断熱材をやっと敷き詰めることができましたー!!

丸鋸を貸してもらえたので、倍以上の速さでカット、施工できました。さすがに、カッターナイフじゃ60mmをカットするのは大変でした。

2021/10/13

床下の調湿と断熱作業

5774

こんにちは。
フジタです。

リビングに調湿剤と断熱材を敷き詰めています!

調湿剤は夏に作った竹炭!
断熱材は6cmのスタイロフォームをカット!

断熱材を切って、貼る。
単純作業の繰り返し!
やっと半分ほどできました。

2021/10/08

最強の助っ人

5716

こんにちは。フジタです。

最強の助っ人が現れて非常に心強い
余野に住む地元の設備屋さんはなんでも出来る
彼のおかげで急激に作業が進んでます!

2021/10/06

床打ちの準備

5672

こんにちは。フジタです。
床打ちの準備をしました!

角材も購入し、防蟻処理も完了!
これからペースアップしていきますよ〜!!

11月ごろから、みんなで出来る作業が増えてきます!
古材を洗ってヤスリで磨いたり、ペンキを塗ったり、、、
ぜひご協力をお願いしますm(__)m

2021/10/04

天井の釘抜き

5650

こんにちは。フジタです。

本日は地味な作業。
天井を張り付けるために、不要な釘を取り除きました。

抜こうと思ったけど、しっかり刺さってるので、
ぶった切ることにしました。

2021/10/01

土間ができました!

5622

こんにちは。フジタです。

ついにリビングの土間を打ちました!

長らく大きな動きがなかったですが
ここにきて大きな前進です。

今日から10月!
一次お披露目まで2ヶ月を切りまして

いよいよお尻に火がついてきました。
ということで、ちょっとペースを上げていきます!

2021/09/30

土間つくり

5601

こんにちは!
真庭市交流定住センターのフジモトです!

いよいよ土間つくりも本番!
今日はモルタルを流し込んでいます!
職人さんの技、すごいです!

これだけでも間違えますね。
全部できたらどうなるんでしょう??

2021/09/16

藤田さんがプロジェクトよすがについて語る動画を公開!

5425

こんにちは。フジモトです。
7/24に開催された「里山暮らしセミナー」で、藤田さんにプロジェクトよすがについてお話してもらいました!

その動画を本日公開!

古民家をどうやって手に入れたか、リノベーションで気をつけていることなど、いろいろ質問しました。
ぜひご覧ください!

↓動画はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=KhNwYq1WgrM&ab_channel=COCO%E7%9C%9F%E5%BA%AD%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

2021/09/14

モルタルを流し込む準備をしました!

5391

こんにちは。
真庭市交流定住センターのフジモトです。

土間となる場所に土を敷き詰めました!
ひたすら土を運んで、均して、固めての繰り返し。

地味にキツイ・・・

でも、部屋全体が土で埋まると少し達成感も!
次はいよいよモルタルを流し込みます!

2021/09/10

そろそろモルタルを流し込みます!

5336

こんにちは。藤田です。

丸太を切って道具を作る。
これ、手動填圧機。
いよいよ床にモルタルを流す日が近づいてきたので、砂利(砕石)を敷き詰めて固めていきます。

また詳しい情報はお知らせしますので、ぜひやってみたい方は連絡ください。

2021/09/02

何の跡でしょう??

5244

壁に残る、この跡は何でしょう・・・?


答えは便器!
先日サクッと取り外しました!

水洗化する予定です。
シェアハウスはゆーっくり進んでます。

2021/08/25

竹炭フェスの動画がアップされました!

5149

先日の竹炭フェスの動画がアップされました!
10分ほどの動画です。
メンバーが奮闘する様子をぜひご覧くださいね!

https://www.youtube.com/watch?v=uAFH7w0T4XY&t=580s&ab_channel=leal.lab

2021/08/14

竹炭フェス⑥

5016

最後に竹炭を使ってイカを焼きました!

炭火焼き独特の香ばしさが食欲をそそる!!
しっかり焼けてておいしかった〜^^

以上で全6回にわたる竹炭フェスの経過レポートは終了です。初めてにしては、なんとか竹炭になってよかったです。

ただ、この竹炭が”シェアハウスの湿気取り”になるか、これから試してみなければなりません!また、次作るときはもっと高温で焼けるよう改善しないと!!

今回のように、今後も地域の資源を活かしていきたいですね。

2021/08/13

竹炭フェス⑤

5000

ドラム缶を開けると・・・

焼けてる!!!!!
黒くなってる!!!!!

無事に竹炭できてました!
軽く叩くと「カンカン」と高い音が出ます。
温度が上がらなかったため少々脆いものの、火も付きました。

無謀な挑戦かと思いましたが、なんとか竹炭が作れて良かったです。

2021/08/12

竹炭フェス④

4988

しばらくすると煙突から白い煙が出始めました!
煙の温度も100℃を超えたので、熱分解も安定して進んでいます。

急いで薪をくべる所(ドラム缶の下)に土を盛り、通気口を残して空気を遮断します。これで煙が白→青→透明となるまで待ち、透明になったら火を消して冷まします。

火を消したのは深夜0時ごろ。
翌日の午後、いよいよオープンです・・・!

2021/08/10

竹炭フェス③

4944

点火!!
薪をくべて、どんどん火力を上げていきます!

目安温度は700℃!
竹炭は焼く時の温度によって、性質が変わるようです。
今回の目的である”除湿”には800℃ほど必要だとか・・・。

果たしてうまく焼けるのか???

2021/08/08

竹炭フェス②

4930

ドラム缶に隙間なく竹を詰めていきます。
動かないくらいギチギチに!!

はみ出した竹は、金槌でトントン押し込みます。

これ以上入らない状態になれば、蓋をして点火です。

2021/08/07

竹炭フェス①

4921

こんにちは。
フジモトです。

先日”竹炭フェス”を開催しました!!
山から切り出した竹を、一晩かけて炭にします。
市内の高校生も手伝いに来てくれて、手分けして作業しました。

竹を切り分けるグループ
薪を集めるグループ
土を集めるグループ

そしてドラム缶に竹を詰め込み、点火!!
少しすると煙突から白い煙がモクモクと上がり始め、燃焼が確認できました!

さて、無事に竹炭はできるのか??

2021/08/01

ついに竹炭を作ります!!

4868

こんにちは。
フジモトです。

先日切った竹を使って、ついに”竹炭”を作ります!!
第1弾は8/2〜8/3。

情報源はネットとYouTubeのみで、ドラム缶を使って作ります。
無謀とも思える挑戦ですが、果たしてどうなるやら・・・?

2021/07/27

真庭高校生たちと竹を切りました!!

4790

こんにちは。藤田です。

真庭高校の学生さんたちと、先日切り出してきた竹を切る作業をしました!

作業の前には、余野地区にある放置竹林のお話を。
「荒れた竹林を綺麗にしたい」「その竹を再利用する」
その思いを掛け合わせて課題を解決する。
そんなお話をお伝えしました。

思いがどこまで伝わったかは定かではないが、
高校への帰り道、
所々に点在する放置竹林を見つけながら帰ったそうな。

2021/07/18

ついに浴槽を取ったどー!!

4719

こんにちは。藤田です。

床のタイル剥がしから始まり、地道な取り外し作業を続けていたお風呂。
浴槽の取り外しには非常に苦労したけれど、ついに取り外すことができました!!

1人で途方に暮れていたところ、地元の方にヘルプのLINEを送ったら早朝から駆けつけてくれました。
土曜の朝8時。
ガリガリ、ゴリゴリ、音を立てながら、1時間かけて取り外すことができました。

この浴槽は、露天風呂に。
助けていただいてまた1歩、前に進むことができました。

【お風呂の解体動画】https://www.youtube.com/watch?v=0FDpXDcX5Ho&ab_channel=leal.lab

2021/07/11

「プロジェクト よすが」のホームページができました!

4639

こんにちは。
真庭市交流定住センターのフジモトです。

「プロジェクトよすが」のホームページができました!
今後の作業予定などが掲載される予定です。

「作業に参加してみたい!」という方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

【リンク】https://project-yosuga.studio.site/

2021/07/05

【湿気対策に竹炭を作ろう!】竹を切ってきました!

4567

こんにちは。
真庭市交流定住センターのフジモトです。

「よすがプロジェクト」を進めている古民家は山と水路が近くて湿気がすごい!!

ということで、湿気対策に「竹炭」を作ることになりました。竹は古民家の近くに竹林があるので、そこから調達!

7/4(日)に、地元の方々や高校生の協力のもと、たくさんの竹を切ってきました!今後は切り出した竹の長さをそろえて乾燥させ、炭にしていきます!
もちろん古民家改装も続けます!

藤本 一志
一般社団法人コミュニティデザイン
2020年3月に真庭市に移住しました。現在は岡山市との2拠点居住をしながら、移住支援員・米農家・Webライターの3つのなりわいを営んでいます。
48
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}