『新しい自分』発見の旅へ 〜「スウェーデントーチ」や看板を作って地域の憩いの場をアップデートしてくれませんか?
募集終了
体験する
公開日:2021/10/25
終了日:2022/10/25

『新しい自分』発見の旅へ 〜「スウェーデントーチ」や看板を作って地域の憩いの場をアップデートしてくれませんか?

pin 山口県
(サブエリア: 宇部市)

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

山口県宇部市は、山口県の瀬戸内にある、田舎すぎず、都会すぎない「ちょうどいいまち」。
今回の舞台となる吉部地区は、宇部市最北部に位置し、山々に囲まれ田園風景が広がる自然豊かな所です。
旧小学校校舎を中心に多くのイベントも開催され、明るく開放的な地域性もあって、市内外の人から親しみを持たれています。

少子高齢化(なんと高齢化率50%超え!!)が進み、現在地域づくりを担っている中心メンバーは65歳オーバー。将来的な地域人材不足が懸念されます。
地域活性化の原動力となる「ヨソモノ・ワカモノ」に来てもらい、新しい風を吹かせてくれることを期待しています。

今回は、スウェーデントーチや地域の憩いの場の看板を一緒に作ってくれる方を大募集します!

~出会いが〝何か〟を変える~ (宇部市吉部地区)

地域の人と一緒に、宿泊施設「うべの里ハウス」の看板やスウェーデントーチ作り、地元食材を使った料理、農業体験などを通して、地域を知り、人と交流することで、地域との継続的な関わりを持つ人を増やします。

【受入先団体】うべ.com
「魅力あふれる<ヒト・モノ・コト>を通して誰かの“うべの入口”になりますように...」をコンセプトに、地域活性化のためのイベント開催、移住体験ツアー、移住者交流会などを主体事業とした、地域おこし協力隊OGが立ちあげた団体です。市役所移住定住サポートセンターと連携しながら、数名のボランティアスタッフにより地域の魅力発信や移住定住の促進を図っています。

【協力団体】宇部市移住定住サポートセンター

【うべ.com代表 八代谷寿子さんのメッセージ】
私は『のんびりとした暮らしがしたい』と思い、吉部へ移住しました。
穏やかに流れる時間、美味しいお米や野菜、お金で買えない幸せをたくさん知り、今ではすっかり地域住民の仲間入り。
人付き合いや風景など“昔ながら”が残る吉部では、縁もゆかりもない私を温かく迎え入れてくれました。今では、お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんがたくさんいます!『そんな人たちに恩返しがしたい』、『北部地域の良さをたくさんの人に知ってほしい!』と思い、このプロジェクトを企画しました。
都会の忙しい暮らしに疲れたとき、何かに悩んだとき、『ただいま』『おかえり』と“いつでも帰って来れる場所”になればいいなと思っています。

このうつくしい風景をぜひ生で見てほしい

このうつくしい風景をぜひ生で見てほしい

こころ揺さぶるスポットがたくさん

こころ揺さぶるスポットがたくさん

地域の方と一緒に、吉部地区を楽しんでくれる方を大募集!

こんな人に出会いたいです!

・新しい自分を発見してみたい!
・地域のために汗をかきたい!
・宇部ラーメン食べたい!
・スウェーデントーチってなに?
・土いじりを楽しみたい!
・都会の騒がしさを忘れて田舎を満喫したい!
・地元の人と交流したい!
・宇部をフィールドに企画してみたい!

【募集対象】
山口県外在住の若者(主に10~30代の社会人及び大学生など5名程度)
※原則すべての行程に参加できる方
※参加に当たり、「山口つながる案内所への会員登録」が事前に必要です。
※参加者には無償で簡易抗原検査キットをお送りします。来県前日に検査を実施し、陰性を確認した上でお越しくださいますようご協力お願いいたします。

気になる方は、まずは、このプロジェクトに「興味ある」してくださいね。

かまどで炊く吉部の新米、尊い。

かまどで炊く吉部の新米、尊い。

みんなで楽しく、無心に土いじり

みんなで楽しく、無心に土いじり

イベント・ツアー内容

所要時間:2日間(現地プロジェクト)

費用:【宿泊費】・・・受入団体が全て負担 。【食 費】・・・受入団体が負担 。【交通費】・・・参加者負担 。 ※ただし、1回目の来県時は、山口つながる案内所への登録とSNS等での情報発信が要件になりますが、来県時の往復交通費(公共交通機関利用分に限る。)の1/2(上限3万円)を補助する関係人口来県支援交通費補助金がご活用できます。 ※2回目の来県時にも、SNS等での情報発信が要件になりますが、来県時の往復交通費の一部を受入団体が負担する予定です。

定員:5 人

集合場所:山口宇部空港もしくは新山口駅(受入団体スタッフが活動先まで送迎します)

解散場所:山口宇部空港もしくは新山口駅(受入団体スタッフが活動先まで送迎します)

スケジュール

【第1弾】
2021年12月11日(土)~12日(日)の2日間(現地滞在型)
1日目 オリエンテーション
    クリスマスマーケット(地域主催イベント)
    ときわ公園散策
    宇部ラーメンを堪能
    地元の温泉で疲労回復、夜は星空鑑賞会
2日目 農業体験(玉ねぎ作り)
    昼食は、かまどを使って羽釜で炊いた吉部米を堪能
    竹laboを見学
    北部地域を散歩
【第2弾】
2022年1月~2月(オンラインによる交流)
 オンラインによる看板デザインの話し合い
【第3弾】
2022年3月の土日の2日間(現地滞在型)
1日目 農業体験(野菜の苗植えなど)
    地元食材を使った昼食
    地元職人と「スウェーデントーチ」作り
    夕食はBBQパーティー(地域の方と交流)
    地元の温泉で疲労回復  
2日目 地元職人と看板作り
    吉部米かまどごはん
    西日本屈指の茶畑や小野湖を散策(小野茶ソフトクリームを堪能)
※新型コロナウイルスの感染状況や応募状況などにより、スケジュールや活動内容は、一部変更になる可能性があります。

山口県
山口つながる案内所が紹介する山口県ってこんなところ!

山口には海も、山も、美味しい食もある暮らしが待っています。
恵まれた土地の恩恵を日々感じることで、
都会では味わうことの生活に、心惹かれるのではないでしょうか。
また、雄大な自然を身近に感じながらも、程よい街暮らしを選ぶ事もできます。

プロジェクトの経過レポート
2021/11/09

【満員御礼!】

参加者が確定しましたので、募集を締め切らせていただきます。
たくさんの「興味ある」、「応募したい」をいただき、ありがとうございました。

山口つながる案内所
「住んでみぃね!ぶちええ山口」県民会議
山口つながる案内所とは、あなたが山口県の人や地域とゆるやかに、つながる場所です。 山口県の魅力に触れることができる、ユニークでアツいプロジェクトなどを紹介していきます。 地域が好きで、地域を思いっきり楽しみ、前へ進めようという地域発のプロジェクト。 魅力的な人に出会えることは間違いないのですが、現場はちょっぴりマンパワー不足です。 そこで、みなさんのアイデアやチカラをプラスしていただければ、地域はさらに元気に動き出すはずです。 一人ひとりができることで、地域の未来はつくれます。山口県で、一緒につくっていきませんか?
44
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!