GOOD FRAME CATCH FUKUSHIMA
募集終了
情報を集める
公開日:2022/07/21
終了日:2022/08/19

GOOD FRAME CATCH FUKUSHIMA

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

GOOD FRAME CATCH FUKUSHIMA とは
今回のイベントは、中通り・浜通り・会津地方から、1名ずつゲストをお呼びし、ご自身の暮らし方や活動内容を「過去・現在・未来」のテーマに沿ってお話いただく、オンラインイベントリレーです。
福島と聞くと、ももやお米、あんぽ柿などおいしいものが沢山ある豊かな土地…というイメージを持つ方や、「復興」という言葉を思い浮かべる方もいるかもしれません。
今回のイベントでは、コミュニティ、デザイン、アートのそれぞれ異なる視点から、福島のいまをわたしたちなりに紐解いていきます。
震災から11年が経った福島。移住やUターンを経て、現地で暮らし、働く人々にとって、どう見えているのでしょうか?

<イベント概要>
【開催日時】2022年8月20日(土) 12:00~15:20
【参加費】無料
※Peatixサイトより申し込み
【申し込み】https://goodframe-catchfukushima.peatix.com
【場 所】オンライン(Zoom)でのイベントとなります
【定 員】50人
【主 催】福島県
【共 催】認定NPO法人ふるさと回帰支援センター
【協 力】株式会社はじまり商店街

こんな方におすすめ!
・福島の「いま」に興味のある方
・福島が好きな方
・地方が好きな方
・地方でなにか頑張ろうと思っている方
・福島に移住を考えている方
・福島と何かしらの形で関わりを持ちたい方

※気になった方や参加したいと思った方は「興味ある」「応募したい」でもお知らせください。

ゲスト紹介

野口福太郎さん
1997年生まれ、埼玉県さいたま市出身。
学生時代の多拠点生活により、地域で活動することのポテンシャルに気づく。
2020年春に大学卒業後、3.11、原子力災害の影響でゼロリセットされた福島県南相馬市小高区に移住。
フロンティアスピリッツを持つ人々が集うゲストハウス併設コワーキングスペース「小高パイオニアヴィレッジ」にてコミュニティマネジャーを務め、日々行き交う人の繋がりを生んでいる 
 
関根詩織さん
福島県須賀川市生まれ。学生時代はランドスケープを専攻。卒業後、株式会社良品計画 に入社。2017年に福島県猪苗代町に移り住み「はじまりの美術館」の展覧会の企画運営に携わる。現在、ヘルベチカデザイン株式会社のディレクターとして様々なプロジェクトの立ち上げや運営を行っている。また、Webメディア「real local郡山」の事務局も務める。好きな食べ物はトマト。旅と温泉、草原、茶道が好き。

野口福太郎さん

野口福太郎さん

関根詩織さん

関根詩織さん

語り手のフレームを通して「過去・現在・未来」から福島をCATCHする

西尾佳那さん
1994年 神奈川県生まれ
現代アーティスト、アートコーディネーター。
東京造形大学絵画専攻卒業。東京藝術大学美術研究科修了。
2020年より西会津地域おこし協力隊の芸術分野担当として、地域住民が主体となる芸術活動のコーディネートを行い、会津地域の民俗調査を通して地域に開かれる芸術文化あり方を模索している。
農村集落にある築150年の蔵を改修してつくった古川利意記念美術館「農とくらし」が今年7月に開館。
現代アーティストとしても「くらし」をテーマとしたインスタレーション作品を制作、本当の豊かさとは何かを探っている。

西尾佳那さん

西尾佳那さん

福島県
福島県地域振興課が紹介する福島県ってこんなところ!

東北地方の最南端に位置する福島県は、東京まで新幹線でわずか90分、テレワークにもちょうどいい距離感です。面積は全国で3番目に広く、雪深い地域から温暖な地域まで、「会津」、「中通り」、「浜通り」と気候も地域色も異なる3つのエリアに分かれています。あなたにぴったりの「ふくしまぐらし。」を見つけてみませんか?

福島県で移住施策を担当している地域振興課です! 福島県は全国で3番目に面積が大きく、会津・中通り・浜通りの3地方で気候も文化もさまざま… あなたにぴったりの「ふくしまぐらし」を一緒にみつけませんか?
6
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!