宇和島で“お試し移住”してみませんか?「移住体験住宅」あります!
体験する
公開日:2022/09/09
終了日:2022/12/31

宇和島で“お試し移住”してみませんか?「移住体験住宅」あります!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

・宇和島に住んでみたいけど、移住する勇気が出ない。
・じっくり滞在して、自分に合う街かどうか確かめたい。
・現地で時間をかけて仕事や住居を探したい。
・・・と思っている皆様、「移住体験住宅」を利用してみませんか?

宇和島市では、最短7日から最長92日まで、ご希望に応じて借りられる「移住体験住宅」を5戸用意しております。
必要最小限の 家具・家電・寝具と、Wi-Fiも設置しているので、気軽に“お試し移住”ができます。
滞在中は、市内をご案内したり、関係機関をご紹介したりと、ご相談に対応いたします。

じっくり滞在して、宇和島を味わっていただきたい!

「移住体験住宅」は、市がもともと教員住宅などで使用していた施設を活用しているため、新しい建物ではありませんが、必要に応じてリフォームしているので、住むのには不自由しません。
駐車場もありますので、車でお越しいただき、ぜひ市内各地を回ってみて、いろいろな方と出会ってみてください。

入居をご希望の場合は、まずは宇和島市役所企画課移住定住推進室までご連絡ください。

津島地区の「白鷺」。早期米の産地、山や川が近く周りは田んぼの明るい場所にあります。

津島地区の「白鷺」。早期米の産地、山や川が近く周りは田んぼの明るい場所にあります。

吉田地区の「温州」。周りの山々には蜜柑畑、海も徒歩圏内にあります。物件は二戸あり左右対称の造りです。

吉田地区の「温州」。周りの山々には蜜柑畑、海も徒歩圏内にあります。物件は二戸あり左右対称の造りです。

移住体験住宅の利用料など

<利用料>
利用料は月額15,000円ですが、1ヶ月より短い場合は、以下のようになります。

対象月内の利用日数に応じた賃料
・1日以上 10日以内      5,000 円
・11日以上 20日以内     10,000 円
・21日以上          15,000円                        

※水道光熱費と、その他諸経費(灯油代・汲み取り料等)は利用者負担です。

<利用期間>
7日 ~ 92日

<設備>
必要最小限の 家具・家電・寝具、Wi-Fi

※布団・食器は 2名分 ご用意しております。
※すべての備品は これまで繰り返し使用されています。気になる方は、ご自分でご用意ください。

<ご利用の流れ>
1.『移住相談シート』と『本人確認証の写し』を、郵送 または メールにて ご提出ください。
2.『宇和島市短期移住体験住宅利用要綱』をお読みいただき、ご納得いただけましたら『利用申請書』をご記入の上、郵送でご提出ください。 
3.利用申請書を収受・確認後、『契約書』をお送りしますので、ご記入・ご返送ください。
4.利用開始当日
午前10時 ~ 午後3時に、宇和島市役所 企画課 移住定住推進室(5F)まで お越しください。 
利用料の「納付書」をお渡ししますので、市役所1F:金融機関窓口にてお支払いください。
利用手続き完了後、物件へご案内・利用方法等の説明をさせていただきます。

▽『移住相談シート』、『宇和島市短期移住体験住宅利用要綱』、『利用申請書』は市ホームページに掲載しております。
https://www.city.uwajima.ehime.jp/site/ijyu/syoou103.html

<利用可能な方>
・市外在住者
・宇和島市内への移住を検討しておられる方 や ワーケーションで利用される方

※市内に在住しておられる方​、転勤や進学で当市に転入される方、学生の方はご利用いただけません。

「白鷺」の和室。日当たりも良く、人気の住宅です。

「白鷺」の和室。日当たりも良く、人気の住宅です。

「温州」のキッチン。最低限の家具は揃っています。

「温州」のキッチン。最低限の家具は揃っています。

宇和島市
宇和島市 企画課 移住定住推進室が紹介する宇和島市ってこんなところ!

貴重な現存12天守のひとつに数えられる宇和島城を中心に広がる宇和島市は、伊達十万石の城下町として栄えてきました。
まちの背後には自然豊かな鬼ヶ城連山がそびえ、前面には美しい宇和海が開け、さんさんと輝く太陽に照らされたみかん山では、数々の柑橘が育っています。
目が眩みそうな急斜面で育った柑橘は、太陽の光、宇和海からの反射光、急斜面ゆえの水はけの良さで、びっくりするほど果汁量が多くて濃厚です。

また、宇和海の豊潤な海の恵みは、じゃこ天や鯛めしなどの特色ある郷土料理を生み、深い入り江と半島が交差する複雑な地形に潮流が流れ込むことで、日本有数の養殖産地となっています。
ここで育てられた鯛やハマチ・真珠などは全国トップクラスの生産量を誇ります。

プロジェクトの経過レポート
2022/11/11

【12月2日~4日】移住体感ツアーで宇和島に来てみませんか?

11371

宇和島市では、12月2日(金)~4日(日)に移住体感ツアーを実施します。
「宇和島ってこんな街」と知っていただくのにピッタリのこのツアー、ご家族で参加してみませんか?
今が旬の温州みかんの収穫体験もありますよ~
お子様連れも大歓迎です!!

日程:2022年12月2日(金曜日)~12月4日(日曜日) 2泊3日
対象:愛媛県外にお住まいの方。
   宇和島市への移住を検討されている方。
   ツアー開始前後のアンケートにお答えいただける方
旅行代金:8,000円
集合/解散場所:松山空港またはJR松山駅(ご自宅から集合場所までの交通費は自己負担です。)
定員:10名(最少催行人員5名)

※ツアーの様子を撮影し、後日、一部をホームページで公表させていただきますので、ご了承ください。

▽詳細はこちら
https://www.city.uwajima.ehime.jp/site/ijyu/ijutour.html

宇和島市は「島」ではありません!四国の南西部にある海に面した城下町です。 なんといっても食べ物が美味しい!「宇和島鯛めし」に「じゃこ天」、新鮮なかんきつ類も味わえます。 現存12天守の「宇和島城」をはじめ、歴史を感じられる場所も随所にあり、のんびり街中を散策いただくのもオススメです。 まずは宇和島のことを知ってください!
33
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
親子(子供3歳)との親子移住体験希望です。素敵な環境ですね!
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}