【求人】紀の川市で場を起点に地域で自走する事業づくりに取り組む事業開発担当を募集!
募集終了
働く・住む
公開日:2023/02/17
終了日:2023/04/30

【求人】紀の川市で場を起点に地域で自走する事業づくりに取り組む事業開発担当を募集!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

【地域の事業開発担当者】

「和歌山県紀の川市」の事業を楽しく企画立案をしていただくける方、大募集!

弊社が地域連携協定を締結した紀の川市では、地域課題のひとつである空き家をお引き受けし、リノベーションし、地域住民の交流の場となるハブへと生まれ変わらせてきました。その空き家からは地域交流増進を図るイベントや、クリエイターによる展示会などたくさんの催し物が開催されています。

「地域に想いを込めて、人々の笑顔のために奮闘したい人」

弊社では今、そんな方を必要としています。

2023年度、紀の川市のCASEでの取り組みはさらに活発になろうとしています。

現在2名の活動メンバーから、さらに3名が増員予定。2023年度から5名のメンバーで地域課題を解決していただきます。

CASEメンバーと一緒に空き家をリノベーションしたり、さらなる拠点となる空き家を掘り起こしたり、事業承継課題に取り組んだり、地域と膝を突き合わせて解決できる課題はたくさんあります。

もちろんその中であなたの「やりたい」を事業にすることも可能です。あなたにしかできないアイディアで地域を盛り上げるチャンスが紀の川市には眠っています。

【2022年度 紀の川市CASEの取り組み事例】

- 空き家リノベーション
- イベント開催
- 竹灯籠と小さなお祭り(竹灯籠×プチマルシェ×エンタメ)
- 木と向き合う大人の木工遊び 檜のツリーづくり
- 打田移民の歴史を辿る〜マダムメリーのライフストーリー〜
- まちかどアート展@打田
-『CASE×Creative HUB』-クリエイターによる、マチカド プチ個展・作品販売・交流イベント-

1人では難しい・・と思っていることも、忘れかけていた本当にやりたかったことも、CASEメンバーとなら実現できる可能性があります。

地域の課題に新たな価値を吹き込み、たくさんの人と出逢い、そして感謝をされる。そんな素敵な循環の中で一緒に働いてみませんか?

◯ひとつでも当てはまる方は、まずカジュアル面談でお話ししませんか?
・本気で地域で事業づくりにチャレンジしたい方
・空き家や空き店舗のリノベーションや利活用に興味のある方
・「想いを込めて→知恵を絞って→行動をする」という循環を高速に大量に回せる方
・地域の方々と積極的に関わる事ができるコミュニケーション能力の高い方
・0から1を作り出すことにわくわくする方
・場作りに関心がある方
・弊社の理念に共感し、仲間とのカルチャーにフィットできる方
・良いことも悪いことも一緒になってSURFしていけるポジティブな方

少しでも興味を持っていただけたあなたからの応募を、心よりお待ちしております。

空き家「メリーズハウス」を関係人口創出のハブとして生かしたい!

CASEでは、紀の川市に点在する空き家をお引き受けしリノベーション、利活用しています。
その改修した空き家は「メリーズハウス」と名付けられ地域に愛されています。
メリーズハウスでは時にマルシェやイベントを開催したり、時には弊社のデザイナーの夢であった個展を開いたりと、人と人との出逢いのみならず個々の「やりたい」を応援する場所にもなっています。

そんな可能性に満ちたメリーズハウスでさらにたくさんの人が出会い、そこから地域の新たな取り組みに繋げられるようCASEのメンバーは日々地域の方に寄り添って企画を進めています。

来年度、紀の川市の可能性をさらに高めるために一緒に挑戦してみませんか?

デザイナー個展にて 友人が駆けつけてくれました

デザイナー個展にて 友人が駆けつけてくれました

デザイナー個展にて 様々なアートを展示しています

デザイナー個展にて 様々なアートを展示しています

チームで協力しながら、地域とも深いコミュニケーションを取っていきたい方

地域の課題やニーズは住民の暮らしの深い部分にあります。
その課題に一緒に膝を突き合わせ、寄り添った地域の目線で企画・事業を展開していける人を求めています。

地域活性化に少しでも興味のある方は、まずはカジュアルにお話しをしてみませんか?
あなたの「やりたい」をCASEで実現できるかもしれません。

地元飲食店主さんと弊社スタッフ

地元飲食店主さんと弊社スタッフ

メリーズハウスの様子

メリーズハウスの様子

会社に属した「地域おこし協力隊」として活動していただきます

全国でも例に見ない、「地域おこし協力隊を企業から派遣する」という形を取っている弊社。
その理由は、せっかくの「やりたい」という気持ちがあっても1人での地域活動を進めることは実際問題難しく、3年の任期を待たずに退任してしまう人が大勢いることが背景にあります。そんな「やりたくても1人ではできない」をなくすため弊社ではチームとして地域おこし協力隊の活動をしています。

知見のあるほかのメンバーに相談をしたり、すでにあるプロジェクトを動かしたり、1人では到底実現できなかった働き方を可能にしました。

そして3年の任期を超えた後は、弊社社員としてしっかり雇用をしていきます。
(もちろん現地で事業を起こしたいとなった場合は、臨機応変に対応します)

将来に不安を感じて一歩踏み出せない人は弊社で、チームで、取り組みませんか?

【募集要項】
・紀の川市に移住できる方(出来ない場合も応相談)

弊社メンバー 天草市にて

弊社メンバー 天草市にて

弊社メンバー 西川町拠点

弊社メンバー 西川町拠点

株式会社CASE
紀の川市
CASEが紹介する紀の川市ってこんなところ!

和歌山県紀の川市。和歌山県はザックリいうと、カタカナの「ヒ」の形に主要な道路が走っている県です。「ヒ」のまっすぐの部分、その真ん中あたりにあるのがこの紀の川市です。
西から東へ、奈良からまっすぐに流れる紀の川。その南北を小高い山脈が海へと続くような地形です。太陽と月と同じ動きをしているので、夕暮れの景色や山に挟まれて浮かぶ月も風情を感じられます。

年間を通して多くのフルーツが採れ、その中でもキウイやイチゴ、あらかわの桃、有田みかん、特に柿と八朔(はっさく)の美味しさたるや衝撃です・・・。

野菜からフルーツまで、毎日新鮮なものを産直売り場で買えるため、食が充実します。

そして「イベント好き」な地域性。新しいことにオープンな地域でもあります。地元の方も協力的で「挑戦する」ということには、とても相性の良い地域です。

CASE
株式会社CASE
起業家であり事業家であり総務省地域力創造アドバイザーである代表のコンタケこと近藤威志と共に、全国各地で地域に寄り添い、地域の方々と一緒に自走する事業づくりに取り組むチームです。
45
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
和歌山県は行ったことがないので、興味あります。 55歳と60歳ですが主人と町おこし協力隊で仕事をしてみたいです。
icon
移住先探す旅で、紀の川/吉野に滞在中2/27まで。お話聞きたいです
訪問しました!
移住決定しました!