空き家・空き店舗の再生を支援と移住相談に乗る、移住サポートの担当者を募集!
働く・住む
公開日:2020/06/19
終了日:2021/06/30

空き家・空き店舗の再生を支援と移住相談に乗る、移住サポートの担当者を募集!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

\このプロジェクトの魅力/
・空き家・空き店舗の情報を調べ、こんなことに使えたらという構想を描きます!
・移住希望者の窓口として、いろいろな人の相談に乗り、物件と人とのマッチングを企画します。
・複業可なので、地方暮らしをしながらさまざまなチャレンジができます!

\こんな方におすすめ/
・田舎と都会の両方の良いとこ取りをできる暮らしをしてみたい方
・空き家・空き店舗のリノベーションに興味のある方
・給与を得ながら、地方で仕事を起こしてみたい方

寄居町では、人材を「埼玉県版地域おこし協力隊」として募集しています。

【こんな方を募集しています!】
不動産や建築に興味があり、古い建物を活用することにワクワクする方。
いろいろな人とコミュニケーションを取るのが好きな方。

中心市街地を、面白いことを自由にチャレンジできる場に。

\中心市街地活性化の最も大事な部分「チャレンジできる町」/

寄居町は、中心市街地活性化基本計画の認定を受けており、駅前広場や道路の整備、創業支援や空き店舗活用に取組んでいます。
駅前広場や道路などのハード整備は令和5年度までに終わる予定ですが、町に命を吹き込むのは、そこで暮らし、経済活動をする人たち。
そんな人たちの受入れを積極的にして、町を面白くしていきたいと考えています。

また、寄居町への移住を考える方は少なくないのですが、物件の情報、町の移住支援策、町の良いお店、面白い人などの情報がまとまっていません。
そこで、移住相談に乗ったり物件情報を提供する役割も必要です。

\関係人口創出に力を入れており、多くの人が関り始めています/

寄居町は、これまで、創業塾やくらしごとワークショップ(暮らしと仕事を考える)などを実施してきました。
2019年度は、LAYERS HOOP YORII(レイヤーズフープヨリイ)という、町の事業者の課題解決を、町内外の人が4か月間関わりながら課題解決・新サービス開発を行う取り組みをしました。
デザイナー、PR会社、コミュニティデザイナー、ウェブマーケター、カメラマン、大学生など、全17名の多彩な人たちが関わってくれ、実際にサービスローンチまでできたものもあります。

こうした関係人口をしっかり根付かせていくため、交流機会の継続はもちろん、拠点となるような物件整備や交流や移住をする際の支援策などの情報がまとまっていることが重要となります。

LAYERS HOOP YORIIのプレゼンの様子

LAYERS HOOP YORIIのプレゼンの様子

LAYERS HOOP YORIIの集合写真

LAYERS HOOP YORIIの集合写真

人のチャレンジをサポートしつつ、自分もチャレンジしたい人と出会いたい!

\自分もチャレンジしつつ、人のチャレンジを後押しできる人募集です/
・人のチャレンジを応援するのが好きな方
・人の話を聞くのが好きな方(おせっかいな方)
・空き家・空き店舗のリノベーションに興味のある方
・田舎と都会の両方の良いとこ取りをできる暮らしをしてみたい方
・副業可能な条件で、地方で自ら仕事を起こしてみたい方

リノベーションが進む古民家

リノベーションが進む古民家

築100年の和菓子屋跡のリノベを検討しています

築100年の和菓子屋跡のリノベを検討しています

町内の資源と移住希望者等とのマッチングを図る仕事です!

埼玉県版地域おこし協力隊の制度を活用しているため、埼玉県内を除く3大都市圏、または3大都市圏以外の指定都市に居住している方で、寄居町に住民票を移し、町に居住できる方が条件です。

詳細は、寄居町の募集ページをご覧ください。
https://www.town.yorii.saitama.jp/soshiki/13/tiikiokoshi-kyouryokutai.html

空き店舗見学ツアーなどもやりたいです

空き店舗見学ツアーなどもやりたいです

空き物件の情報を整理して発信します

空き物件の情報を整理して発信します

寄居町
株式会社まちづくり寄居が紹介する寄居町ってこんなところ!

寄居町(よりいまち)は、町の中心を荒川が流れ、周囲を山に囲まれた場所です。
今回のプロジェクトの物件から荒川までは徒歩5分です。周囲の山の山頂までは1時間で行けます。
荒川の上流部なので、とても美しい河原で、夏には、キャンプやBBQ、川釣りを楽しむ方が多く訪れます。農業も盛んで、さまざまな野菜が作られていますし、かつて、みかんの産地の最北限だったみかん山があり、今でも「風布みかん」は名産です。
また、昔は屠畜場があったため、豚肉文化があり、豚肉の味噌漬け、カツ丼は町内外でも評判です。
特徴的なグルメもあり、寄居町で「やきとり」というと、鶏肉ではなく、豚のカシラ肉を使います。また、カツ丼は、卵とじでもソースカツ丼でもなく、甘いタレにつけたタレカツ丼なんです。
鉄道が3路線通っており、交通の要衝でもあります。都市部からのアクセスは、池袋から東武線で1本。約1時間30分かかります。自然豊かな環境で暮らしながら、東京にも出やすい。自然豊かな田舎さしらと、都市部へのアクセスの良さ、都会と田舎の両方の魅力がある町が、寄居町です。

株式会社まちづくり寄居
株式会社まちづくり寄居
埼玉県寄居町で中心市街地活性化、観光振興、移住促進等のまちづくりに取り組む、まちづくり会社です。 駅前開発のマネジメント、空き店舗活用促進、サブリース事業、創業支援、観光案内業務、体験アクティビティ開発、イベント企画・実施、移住促進等の業務に取組んでいます。 【公式ウェブサイト】 http://machizukuri-yorii.com/
43
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
是非、詳しくお話しをお聞きしたいです‼︎
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}