幅広い事業展開!農場管理や農産物加工、施設のセルフビルドやメンテナンス等「温川プロジェクト」のお仕事体験の募集!
体験する
公開日:2020/09/28
終了日:2023/03/31

幅広い事業展開!農場管理や農産物加工、施設のセルフビルドやメンテナンス等「温川プロジェクト」のお仕事体験の募集!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

田辺市で創業し現在は東京、大阪に支店を展開、グラフィックデザインとwebデザインを中心に広告企画制作を仕事にしている会社です。2013年、もっと広い意味でのデザインをしたいとの思いから、本社を紀南地方の山間部に位置する温川地区へ移転しました。

山深い里のなかで、本社移転を機に人材育成・エネルギーの地産地消などを提唱した「温川プロジェクト」がスタートしました。デザインの仕事をしながら、現在はカフェや民泊などを営業。またエネルギーや環境についての取り組みとして農業も開始し加工品の製造販売なども行っております。

温川で農業を営むひとが増え、自活を実現し、こどもたちの声が聞こえる里にしたい!

グリーン事業部の石山佑一さんは、6年前に大阪からIターンした移住者。無農薬で「なた豆」や「お米」などの生産を行い「paradise・cafe」のメニュー素材としてはもちろん、商品化から販売までを担っています。

また、温川を体感してもらうために、築約80年の古民家をリノベーションした一棟貸切の宿「ぬるみの家」を管理するなど、石山さんが「温川プロジェクト」を横断的に動かしています。

この体験では、石山さんと共に普段の仕事を体験。農場の管理や農産物の加工。施設のセルフビルドやメンテナンスなど、今の「温川プロジェクト」をリアルに体験していただきます。

◆仕事のこだわり
温川プロジェクトの目的は、経済・エネルギー・人材などの観点で「集落が自立する」こと。温川で農業を営むひとが増え、自活を実現し、こどもたちの声が聞こえる里になることです。

そのための第一歩は「温川」を知ってもらうこと。飲食の経験が無いなかではじめた「paradise・cafe」の運営や、畑で取れた「なた豆茶」の製品化、自然豊かな村を歩くための「おさんぽMAP」作りなど、さまざまな展開が仕掛けられています。

移住するということ、田舎での仕事を知りたい・体験したいと思われる方は、ぜひご参加ください。

イベント・ツアー内容

所要時間:2泊3日

費用:無料(宿泊費補助あり)

最小催行人数:1 人

集合場所:株式会社ホワイトスペース : 和歌山県田辺市中辺路町温川170

解散場所:株式会社ホワイトスペース : 和歌山県田辺市中辺路町温川170

スケジュール

1日目
13:00(時間調整可)~17:00
1.ごあいさつ、やりたいことや目的の確認
2.ホワイトスペースの仕事の説明/工房案内
3.石山さんの普段の仕事のお手伝い
・農作業や加工品製造など
・カフェや宿の管理などの手伝い
・田舎での生活や仕事の良いところ悪いところ

2日目 11:00~17:00
1.石山さんの普段の仕事のお手伝い
・農作業や加工品製造など
・カフェや宿の管理などの手伝い

3日目11:00 ~14:00
1.石山さんの普段の仕事のお手伝い
・農作業や加工品製造など
・カフェや宿の管理などの手伝い
2.最後のまとめ
・体験の感想、質疑応答

田辺市
わかやまキャリアチェンジ応援プロジェクトが紹介する田辺市ってこんなところ!

和歌山県田辺市は美しい海・山・川の大自然を有している紀南の中核都市です。
龍神温泉や湯の峰温泉など有名な温泉が市内各地にあります。
世界遺産「熊野古道」や「熊野本宮大社」など歴史的文化資源を数多く有します。
熊野古道歩きの外国人(特に欧米系)の来訪が大変多くなっています。
医療・福祉施設が充実しています。

わかやまキャリアチェンジ応援プロジェクト
わかやま定住サポートセンター
東京都に住みながら、キャリアコンサルタントとして、和歌山の仕事の情報発信や、職業体験の企画をしています。 和歌山のこと、お仕事のこと、なんでもお気軽にご連絡ください。
39
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}