【トビラプロジェクト】新潟市南区の農家さんの魅力を新潟市の学生が知り、発信!発信のおてつだいをしてくれるサポーター募集!
情報を集める
公開日:2020/10/23
終了日:2021/12/31

【トビラプロジェクト】新潟市南区の農家さんの魅力を新潟市の学生が知り、発信!発信のおてつだいをしてくれるサポーター募集!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

昨年度、約20名の大学生が参加し、新潟市内の様々な魅力的な人と交流しながら、5チームがそれぞれプロジェクトを行った「トビラ」。「帰りたくなる場所」が大学時代に新潟にできるきっかけ、地域と学生が学びあいながら共になにかをつくれる場として、新潟市とイナカレッジで実践しているものです。

新潟市南区では、昔から梨やぶどうなどのくだもの生産が盛ん。魅力的な農家さんたちがたくさんいます。一方で、人手不足や後継者不足の声も聴きます。
南区役所の方と一緒に考えているのは、もっとこの地域に若い人が関わってもらうところから、魅力発信につながるものを始めていけないかということ。そのスタートとして、まずは新潟市内の大学生が農家さんのお手伝い&取材をして仲良くなり、発信していきます。

多様な農家さんたちの人柄や思いを伝えたい

今回、トビラプロジェクトとして新潟大学の5人の意欲ある学生が手を挙げてくれました。
現在、農家さんのところへ収穫や片付けのおてつだいに行きながらどんな農家さんがいるのか?を学んでいる最中。(少しへこんでいる梨やブドウなど、たくさんのハネもののお土産をもらっています!)

たくさんの魅力的な農家さんたちがいますが、くだものそのものは有名でも、どんな農家さんがいるのかはあまり知られていません。
それを少しでも変えるべく5人で発信材料をつくっていきます。
彼女たちが12月頭頃までにつくる発信物ですが、自分たちだけではなかなか色々な人に届きません。ぜひSNSやいろいろな人に紹介してもらいたい!という思いがあります。

学生5人がつくった農家さんの魅力について掘り下げた発信材料をぜひ一緒に発信してもらえませんか?まずはSNSやオンラインで応援してもらいたいなと思っています。そして来年、ぜひ実際に南区に訪れてもらい、美味しい果物も食べてもらえたら嬉しいです。

興味がある方は「応募する」を押してください^^追って詳細をご連絡いたします。(話していく中で「こういうこともできるかも!」という提案をしてもらうのも大歓迎です!)

農家さんのお話しを聞く学生

農家さんのお話しを聞く学生

発信方法の会議中

発信方法の会議中

新潟市
井上有紀(新潟市担当コーディネーター)が紹介する新潟市ってこんなところ!

新潟県一の都市である新潟市。広がる越後平野には美味しいお米が実り、日本海には美しい夕日が沈みます。便利な大型スーパーも多くありながら、魅力的な商店街・個人店もそこかしこで楽しめる町。大学も5つ以上あり、さまざまな施設も充実しています。東西南北・秋葉区・江南区・西蒲区の地区に分かれており、地区ごとに地域性も違います。

私は、東京出身・東京育ち。大学では農村地域のことを学び、4年生の時に1年休学して新潟市の内野という町の米屋さんと本屋さんで活動しました。それがきっかけで新潟に就職し、「にいがたイナカレッジ」という団体で地域と若者をつなぐインターンシップなどの運営をしています。昨年度から、新潟市の学生×地域の魅力探求プロジェクトでコーディネーターをつとめています。
12
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}