大自然と芸術の魅力あふれる山村で新しい生き方してみませんか? 2021年3月15日(月)19時〜オンラインマッチングミーティング開催!
募集終了
情報を集める
開催日:2021/03/15
終了日:2021/03/13

大自然と芸術の魅力あふれる山村で新しい生き方してみませんか? 2021年3月15日(月)19時〜オンラインマッチングミーティング開催!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

富山県南砺市(なんとし)は平成16年に今回紹介する、利賀(とが)村をはじめ城端町、平村、上平村、井波町、井口村、福野町、福光町の8つの町村が合併して誕生いたしました。

募集する利賀地域は、18 集落が山々に点在する山間地域であり、鈴木忠志氏を中心とした世界的に有名な劇団「SCOT(スコット)」が活動しています。また日本における「そば」による地域おこしや、国内外との地域間交流の草分けとして、1960年代(昭和40年代)から様々な活動を継続し、大自然に囲まれた「演劇」、「そば」の聖地となっております。しかしながら、過疎と高齢化が進み、地域の集落機能や活力が低下していることは否めない状況です。現在、地域住民が引き続き地域に誇りを持ち、互いに支え合い、安心して住み続けられる地域づくりを目指しています。

山での暮らしをきめ細かくご紹介

今回紹介する会社
一般財団法人利賀ふるさと財団 
◆富山県南砺市利賀村で国際キャンプ場や博物館、宿泊温泉施設などの運営を通して地域の活性化を図っています◆UIターン者活躍中!

野原建設
◆利賀村は、標高は700メートルを超えており、ストレスフリーの風が吹く環境の中で、土木事業(砂防、治山、河川護岸、道路改良)建築事業(建築、茅屋根)を営んでいます。
山間での暮らしを聞いてみたい人、会社を見学してみたい人
お気軽にご参加ください!

また南砺市では「おせっ会 移住応援団」が活動を始めました。
移住の相談からお仕事のマッチング、お住まい探し、移住後の交流まで応援していきます。

参加方法につきましては
■参加方法
1. Googleフォームから申し込み 
https://forms.gle/qm2wQxNe5n7Wxj6L6
(参加決定者には後日詳細メールを送付します。)
2. 申し込み後に参加決定者に送付させていただく詳細メールに記載されているZOOM URLを確認
3. 当日ZOOMのURLから参加

参加方法を詳しくお聞きしたい場合、「興味がある」もしくは「応募したい」を押してください。詳しくお話させていただきます。

雄大な大自然に囲まれた利賀村。

雄大な大自然に囲まれた利賀村。

利賀ふるさと財団が運営するキャンプ場。

利賀ふるさと財団が運営するキャンプ場。

大自然のなかで暮らしてみませんか?

\このミーティングの魅力/
・魅力ある地域で暮らす先輩の話を聞きながら新しい暮らしのイメージを広げることができます!
・アート、自然、食べ物多くの資産がある中での生活を知り、就職先を見つけることができます!

\こんな方におすすめ/
・文化や芸術、農業の魅力などを感じながら暮らしたいという方
・大自然に住んでみたいなという方

山間での暮らしを聞いてみたい人、会社を見学してみたい人
お気軽にご参加ください!

皆様のご参加お待ちしております。

野原建設㈱が実施している茅プロジェクト。建設を通じ地域の安全・安心を守っています。

野原建設㈱が実施している茅プロジェクト。建設を通じ地域の安全・安心を守っています。

夏には、キャンプ場で演劇際も開催されます。

夏には、キャンプ場で演劇際も開催されます。

イベント・ツアー内容

開催日程:2021年03月15日

所要時間:19:00 〜 20:30

費用:無料 (自宅からの通信料、Zoom接続方法などはご自身でお願いします)

定員:10 人

最小催行人数:1 人

集合場所:オンライン (ZOOM)

解散場所:

スケジュール

9:00 開会 (ZOOM開始)アイスブレイク 南砺市の紹介
19:30 利賀の魅力紹介
19:40 先輩移住者にきく
19:50 職場紹介
20:20 クロージング
20:30 閉会

南砺市
南砺市役所 南砺で暮らしません課が紹介する南砺市ってこんなところ!

富山県の南西端に位置する五箇山(ごかやま)地方は、1500m級の山々に囲まれ、冬には2、3mの積雪がある豪雪地帯です。清流庄川(しょうがわ)(飛騨高地から日本海へ流れる115kmの一級河川)沿いの谷間に40の集落が点在し、そのうちふたつの集落、相倉合掌造り集落と菅沼合掌造り集落が1995年(平成7年)、岐阜県白川郷荻町とともにユネスコの世界遺産に登録されました。
 五箇山の地名が初めて見られるのは室町時代、1513年(永正10年)本願寺第9世実如の裏書に始まります。名前の起こりは5つの谷間(やま)から(赤尾谷・上梨谷・下梨谷・小谷・利賀谷)から構成された集落群の総称と云われ、加賀藩政時代には約70の集落がありました。現在は共に世界遺産の相倉集落を有する※旧平村、菅沼集落を有する※旧上平村を総じて「五箇山」と呼びます。居住の歴史は古く、縄文時代に遡り、古代、中世、近世を通じ、平野部とは地理・自然条件が大きく異なるため、独特の文化を形成してきました。

 富山県南砺市は、平成16年11月に城端町、平村、上平村、利賀村、井波町、井口村、福野町、福光町の8つの町村が合併して誕生しました。富山県の南西端に位置し、岐阜県境に連なる山々に源を発して庄川や小矢部川の急流河川が北流するなど、豊かな自然に恵まれています。また、本市北部の平野は、豊かな水に恵まれた全国有数の水田地帯です。  山間部には、世界遺産に登録された五箇山合掌造り集落があり、平成28年12月には、城端神明宮の曳山祭が無形文化遺産に登録されました。  平野部には、家並みが美しい越中の小京都・城端や、板画家の棟方志功が約7年間暮らしていた福光、そして瑞泉寺門前の古い町並みから木槌の音が響く信仰と木彫りの里・井波など、香り高い歴史や文化があり、伝統の技も豊富にあります。 そして人情溢れる人が、訪れる人々をいつでも温かくお迎えします。 自然豊かで伝統あふれる南砺で暮らしませんか!(課)
8
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!