【徳島市・特定任期付職員選考試験】広報専門官を募集します!
募集終了
働く・住む
公開日:2021/06/25
終了日:2021/07/09

【徳島市・特定任期付職員選考試験】広報専門官を募集します!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

 徳島市の魅力や取組を効果的かつ積極的に発信し、徳島市の将来像である「わくわく実感!水都とくしま」の実現に向けた街づくりを推進することを目的として、広報活動に関して特に高度で専門的な知識・経験を有する人材を「広報専門官」として採用します。

★選考試験の詳細については、徳島市ホームページ「職員採用情報」をご覧ください★

徳島市の広報活動の充実・強化に向けて貢献できる人材を募集

 自治体の広報活動の役割として、「地域住民に正しい情報を伝える」ことと、「地域外の方に地域や自治体の魅力を伝える」ことが求められていますが、地方創生の観点から、その両面からの取組の重要性が高まってきています。
 徳島市においても、「市民に施策や事業内容などの情報」を正確に伝えることで、市民サービスの向上につなげるとともに、国内外の方に「徳島市の魅力」を認知していただき、興味・関心を持っていただけるよう、徳島市固有の魅力を効果的、戦略的に情報発信していくことが重要だと考えています。
 こうしたことから、今回、広報活動に関して特に高度で専門的な知識・経験を有する人材を採用し、徳島市の広報活動の充実・強化につなげていくこととしています。

職務内容・受験資格

【主な職務内容】
1 徳島市の広報強化対策と新しい媒体を利用した広報戦略の検討
2 徳島市の重要課題に関する戦略的な情報発信についての提案及び助言
3 映像・情報コンテンツ等の関連事業者との新たな連携に向けた関係の構築
4 広報活動に係る職員の意識改革、スキルアップのための指導等の実施

【受験資格】
 次のいずれにも該当する方
1 民間企業等において、広報・報道・プロモーション関連の分野の業務を担当し、ブランド戦略の立案、多様な媒体での情報発信、プレス戦略などの実務経験を15年以上有している方
2 政治、経済などの社会問題に造詣が深く、自治体の課題について広報戦略を立案できる能力を有している方
3 プロジェクトの推進にあたり、責任のある立場としてのマネジメント経験を5年以上有している方
4 新たな環境に順応し、多様な関係者と効率的かつ円滑にコミュニケーションを図ることができる方
※ 日本国籍を有しない方、地方公務員法に規定する欠格条項に該当する方は受験できません。

★選考試験の詳細については、徳島市ホームページ「職員採用情報」をご覧ください★

募集人員・任期・勤務条件等

【募集人員】 1人
【任期】 採用された日から令和6年3月31日まで(採用された日から最長5年が経過する日まで、任期を更新する場合あり)
【主な勤務条件】
週5日勤務(月~金・8:30~17:00)、給料月額:60万8千円、各種規定に基づく諸手当あり、健康保険・厚生年金保険
※守秘義務、営利企業等への従事制限等、地方公務員法の規定が適用されます。
※勤務条件等は、徳島市の条例等の定めによります。

徳島市
徳島市人事課が紹介する徳島市ってこんなところ!

 徳島市は、徳島県の東部に位置し、吉野川とその支流がつくり育てた三角州に発達した人口約25万人の県都です。地方の中核的都市として、産業をはじめ、政治、経済、文化、教育、情報といったさまざまな面において高い集積があります。
 気候は温暖で物産は豊かです。四国一の大河・吉野川をはじめ市内を縦横に流れる大小の川と優美な眉山の緑は、住む人に安らぎを与え、訪れる人をいやします。また、阿波おどり、人形浄瑠璃、藍染・阿波しじら、木工製品、すだちなど、徳島の風土と歴史が育んだ個性的な文化を有しています。
 まちは天正年間に蜂須賀家政が阿波に入国し、城郭を築いたのが始まりで、蜂須賀14代の治世のもと、阿波の政治・経済の中心として栄えました。明治22年に市制を施行。大正末期には周辺町村を編入し市域を拡大しました。
 古くから関西圏との結びつきが強く、徳島県の県都として、政治・経済の拠点都市の役割を果たしています。

徳島市人事課
徳島市役所
※ プロフィールはまだありません
19
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!