1泊2日から利用可能!福島県でテレワーク体験してみませんか?
体験する
公開日:2021/10/11
終了日:2022/02/16

1泊2日から利用可能!福島県でテレワーク体験してみませんか?

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

福島県では、県外在住の方が県内に一定期間滞在してコワーキングスペースなどでテレワークをしながら地域の魅力に触れていただく際の費用(交通費、宿泊費、施設利用料、レンタカー代)の一部を支援します。
1泊2日から気軽に利用可能で、1ヶ月以上の場合には、最大30万円を補助します!
「地方への移住に関心のある方」、「仕事を変えない移住を考えている方」、「ワーケーション目的の方」などなど・・・。ぜひ、この機会に多様な風土・文化に触れられる福島県でテレワークを体験しませんか?

福島県でのテレワーク体験

新型コロナウイルス感染症の影響により、全国的にテレワークが浸透した結果、地方への移住を検討する方が増えています。
「今の仕事を変えずに、テレワークで働きながら地方で生活する」という新しい移住スタイルの考え方が広まりつつある今こそ、福島県でのテレワークや暮らしの魅力を多くの方に知っていただきたいと思い、本補助金の募集を開始しました。
本補助金をきっかけに、多くの方に福島県と関わりを持ってもらい、移住や継続的な関係づくりにつながっていただければと考えています。

補助金の概要
○補助金名 ふくしま「テレワーク×くらし」体験支援補助金
○対象者 以下のいずれかを満たす者
       (1)福島県外の対象法人(※)に在職し、県外在住の正規雇用者
       (2)福島県外の対象法人
       (3)福島県外在住のフリーランス等
       (※)福島県内に本社、支社、事業所等の拠点を有していない法人
○対象コース 
①ふくしま“じっくり”体験コース【長期コース】
    1~3ヶ月間、本県でのテレワークを体験するコース
②ふくしま“ちょこっと”体験コース【短期コース】
    短期間(5泊6日まで)、本県でのテレワークを体験するコース
○対象経費 宿泊費、交通費、施設利用料、レンタカー代、
○補助率、上限額 ①長期コース:対象経費の3/4(上限30万円)
          ②短期コース:対象経費の3/4(上限1万円/泊)
○申込方法
 "興味ある"を押していただいた方に募集ページのURLを送付しますので、申請様式をダウンロードの上、お申し込みください。
 ※本県でのテレワーク体験を行う前に申込が必要です。

こんな方におすすめ!

・地方への移住を考えている方
・地方でワーケーションをしてみたい方
・仕事を変えない移住を考えている方 など

福島県
福島県地域振興課が紹介する福島県ってこんなところ!

東北地方の最南端に位置する福島県は、東京まで新幹線でわずか90分、テレワークにもちょうどいい距離感です。面積は全国で3番目に広く、雪深い地域から温暖な地域まで、「会津」、「中通り」、「浜通り」と気候も地域色も異なる3つのエリアに分かれています。あなたにぴったりの「ふくしまぐらし。」を見つけてみませんか?

福島県で移住担当をしている地域振興課です! 福島県は全国で3番目に面積が大きく、会津・中通り・浜通りの3地方で気候も文化もさまざま… あなたにぴったりの「ふくしまぐらし」を一緒にみつけませんか?
28
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}