【だんないラジオ】田舎のウェディング事情に迫る!
募集終了
情報を集める
公開日:2021/12/17
終了日:2021/12/17

【だんないラジオ】田舎のウェディング事情に迫る!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

丹波市の移住相談窓口「たんば"移充"テラス」がお届けするYou Tubeチャンネル「だんないラジオ」。

これまで、移住相談の場ではなかなかお話する機会がなかった丹波市内でのリアルな暮らしぶりを、毎回さまざまなゲストをお招きして、ゆるいトークを繰り広げながらお楽しみいただくラジオ番組です。

だんないラジオの「だんない」は丹波の方言で「気にしないで」「かまわないよ」という意味。仕事モードのスイッチを切って、普段の空気感を大切にしながら、ありのままの雰囲気が伝わればなあということで名付けました。なので原則ノーカット!

ネット検索できる情報だけでは拾いきれないような、丹波市内現地の暮らしについてのアレコレをお伝えしていきます。通勤しながら、家事しながら、ながら聴きでもお楽しみください。

米田さんと語る、丹波市のウェディング事情

第一回目の今回は、丹波市出身のウェディングプランナー、米田有為子(よねだ ういこ)さんをゲストにお迎えしています!

高校卒業と同時に地元を離れ、大阪の専門学校卒業後からウェディング業界でキャリアを積んだ米田さん。「好きな気持ちより、しんどさがあった」と語る彼女が、結婚式場がない丹波市にUターンし、立ち上げたウェディング事業が始動した。その過程と今の想いから、丹波市だから叶う「自分たちらしいウェディングのかたち」が見えてくる!?

【第一回「丹波市のウェディング事情」米田有為子(よねだ ういこ)さん】
https://www.youtube.com/watch?v=8Ndkc9TcAN0

森の中を式場に選んだカップルの結婚式

森の中を式場に選んだカップルの結婚式

丹波市の絶景スポットでウェディングフォト

丹波市の絶景スポットでウェディングフォト

次回テーマ「未就学児との、幼児教育『以外』の関わりかた」

次回は、あそびの先生協会認定インストラクター「まめっちょ」こと、東野倫子(ひがしの ともこ)さんをゲストにお迎えします。

「毎日をちょこっとていねいに、ちいさな〝うれしい♪〟を見つける」をコンセプトに、自宅もしくは出張で手仕事のワークショップや自宅親子カフェなどを開催し、幼児教育の場以外の子育て環境を提案されています。子どもの成長と共に変わる子育ての悩みや不安に、子どもだけでなく大人にも向き合いながら、相談に乗ってくれる。そんなまめっちょさんに、子育てを楽しくするヒントをお伺いします!

子どもは楽しく、親同士は交流できる、親子カフェの様子

子どもは楽しく、親同士は交流できる、親子カフェの様子

丹波市
段畑 未登利が紹介する丹波市ってこんなところ!

山間のまち丹波市。標高が低い一方で寒暖差はあるため、地表には「丹波霧」とも呼ばれ秋から春先にかけて雲海になる濃い霧が出る地域。この湿度と、分水嶺や源流があるほど豊かできれいな水にも助けられた、肥沃な土壌は、栗・小豆・黒大豆の「丹波三宝」をはじめとする様々な農作物を育みます。一年を通して色々な旬の味覚が味わえる丹波市へ、ようこそ。

段畑 未登利
たんば"移充"テラス
兵庫県丹波市は、大阪、京都、神戸市内から1時間半の距離に広がるのどかな里山のまち。宿場町や城下町から山間のエリアまで、様々な気候や文化が混在しています。 本州で一番低い分水界が通り、人や動物が行き交い、自然風土が交じり合います。そんな豊かな自然環境は、小豆・黒大豆・栗の「丹波三宝」と呼ばれる丹波ブランドの農作物を育みます。「丹波三宝」のほかにも、黒ゴマやニンニク、ブルーベリーなど、多様で良質な食の宝庫です。 都市圏からのアクセスの良さから生活に不便を感じることはありませんが、田舎らしい人と人との緩やかなつながりもある、独特の「丹波じかん」が流れる場所。 近年は「そんな場所なら自分らしいライフスタイルが実現できるかも…」と可能性を感じた若い移住者が集まってきています。たんば"移充"テラスの相談員たちもそんなメンバー。皆さんの理想が叶えられる場所かどうか、一緒に考えます。
5
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!