福島県田村市【地域おこし協力隊募集】 福島の、観光を創る。
働く・住む
公開日:2022/08/24
終了日:2023/03/31

福島県田村市【地域おこし協力隊募集】 福島の、観光を創る。

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

田村市は、福島県内陸部に位置し、あぶくま高原が生み出す豊かな自然に囲まれた人口約35,000人の中山間地域です。
2011年の東日本大震災及び福島第一原子力発電所の事故では一部地域が避難区域に指定されたものの、真っ先に避難指示が解除された地域でもあります。震災後は人口減少や高齢化により地域課題が急激に進行、浮彫となりましたが、多くの地元住民始め、移住者や協力者が力を合わせ「10年後の地域のために」「自分自身がここで楽しく生きるために」と、様々な新しい取り組みが始まっています。

そんな田村市では今、「観光」に特化した地域おこし協力隊を募集しています。
現在、田村市における観光客の数は、震災・原発事故等により激減し、一定数は回復したものの、未だ震災前の水準にすら戻っておらず、観光の復興と創生を必要としています。

そこで、東洋一とも言われ多様な鍾乳石を有する「あぶくま鍾乳洞」や、日本初のカブトムシドームをもつ「ムシムシランド」といった田村市を代表する観光施設をはじめ、まだ知られていない地域資源を用いて、田村市の観光活性・観光地化の実現に共に取り組んでくれる仲間を探しています。

▼ご応募はこちらから  ※「応募したい」ボタンもお願いします♪
https://tamura-iju.com/chiikiokoshi

募集職種は、全部で4種類!

観光資源の新たな活用を考え、カタチにする!
「あぶくま洞」の企画、プロモーション人材【1名】

全長3kmを超え、約8千万年の歳月が作り出した鍾乳洞「あぶくま洞」、日本でも数少ないケイビング体験が楽しめる鍾乳洞「入水鍾乳洞」。田村市を代表する、この2つの鍾乳洞の観光活性化へ向けた体験型メニュー・コンテンツの開発、約2.5kmもの未公開鍾乳洞エリアの活用方法の企画、効果的情報発信プロモーションなど、枠にとらわれず想像力をフル活用して観光につなげていただける方を募集します。

あぶくま洞は今、新たなことにチャレンジする変革期にあります。
多くの方が来て、楽しんで、満足してもらえるような斬新なアイデアをお持ちの方の応募をお待ちしています。

一緒に全国No.1の「鍾乳洞の殿堂」を目指しましょう!

【主な業務内容】
①既存観光資源のブラッシュアップ
 ・体験型メニュー・コンテンツの開発
 ・未公開鍾乳洞(あぶくま洞の一部約2.5km)の利活用方法検討
②あぶくま洞を中心とした教育旅行や広域観光ルートの旅行企画立案
③あぶくま洞等で行われるイベント開催支援
④効果的な情報発信の検討・実施 など

【活動拠点・資源】
あぶくま洞
指定管理者:(一財) 田村市滝根観光振興公社

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
観光拠点、観光ルートを創り上げる!
「グリーンパーク都路」の企画、プロモーション人材【1名】

田村市産ホップ100%で作られるクラフトビール工房、オートキャンプ場、ロッジ、農業体験のできる畑などを有する観光交流施設「グリーンパーク都路」。その広大な敷地ゆえ、まだまだ活用しきれていない土地や資源がたくさんあります。それらを有効活用しつつ、利用者の呼び込みへとつなげていただく総合的な企画・プロモーションを担っていただける方を募集します。

1次産業から6次産業までを手掛け、循環型社会を体現するグリーンパーク都路には、「製品ができる前から土に返るまでを利用者が体験できるテーマパークにしたい」「グランピング場を作りたい」「原材料のすべてを田村市産にこだわったクラフトビールを作りたい」といった、熱い想いを持った人たちが働いています。そんな想いを応援しつつ、ご自身の新たなアイディアと組み合わせ観光へとつなげていただきたいと思います。

地域の観光資源を、地域の住民と協働しながら上手に活用し、東日本大震災において避難区域となった都路地区の賑わいを取り戻すため、ぜひみなさまの力をお貸しください。

【主な業務内容】
①観光資源のブラッシュアップ
 ・ グリーンパーク都路全体の利活用方法検討
 ・ オートキャンプ場の運営方針検討(グランピング等、楽しく過ごせる場の提供)
 ・ 多目的グランドの利活用方法の検討
 ・ ホップ栽培等農園の利活用方法の検討
②グリーンパーク都路を軸とした観光ルートの企画立案、農家民宿の支援
③グリーンパーク都路等で行われるイベント(灯まつり、収穫祭等)開催支援等
④マルシェの運営を通した出店誘導と起業支援

【活動拠点・資源】
グリーンパーク都路
指定管理者:光管財・ホップジャパングリーンパーク都路活性化共同事業体

―――――――――――――――――――――――――――

虫のチカラで人を動かす!
「ムシムシランド」の観光推進へ向けた企画・プロモーション人材【1名】

田村市常葉町の殿上山麓(標高800m)に位置し、自然の中でカブトムシの生態に直接触れることができるカブトムシドームや展示場(カブト屋敷)、山頂にある宿泊施設「スカイパレスときわ」などの自然施設を有する「虫の楽園 ムシムシランド」にて、虫や周辺地域の豊かな自然環境を利用した観光推進、交流人口の増加を担ってくれる企画・プロモーション人材を募集します。

2022年には日本初「全国クワガタサミット」を開催するなど、市とともに虫を用いた観光促進に取り組んでいます。とにかく虫や自然が大好きで、チャレンジ精神旺盛な方の応募をお待ちしています。「昆虫の楽園、昆虫の聖地」ムシムシランドを大いに活用して、楽しみながら、共に取り組みましょう!

【主な業務内容】
①施設や自然環境を活用した魅力ある企画の立案・実行/プレイリーダー
②昆虫の養殖や販売/インセクトブリーダー
③里山保全、生態系の確認・維持/ネイチャーガイド
④ムシムシランド業務のサポート(接客・ワークショップ開催)

【活動拠点・資源】
ムシムシランド
指定管理者:㈱田村市常葉振興公社

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

観光コンテンツを発掘・企画・PR!
体験型観光コーディネーター【1名】

地域の人と協力して、田村市全域の観光コンテンツ(特に体験型)の発掘、PR、ツアー化、集客までを総合的に扱う観光コーディネーターを募集します。

田村市にはあぶくま洞やムシムシランドの観光施設をはじめ、高原地域ならではの豊かな自然が作り出す四季や草花、作物、土地に根ざした郷土料理など、田村市ならではの観光資源が数多く存在します。そうした観光資源を活かした体験型観光メニューを充実させ、旅行者に実際に田村市に足を運んでもらえる仕掛けづくりや、地元住民との交流、活動支援、6次化商品の提案、開発等、幅広い業務に関わることができます。

【主な業務内容】
①地域の自然体験メニュー提供者の発掘、調整、農家民宿の支援
②交流ツアー等の企画立案、開催支援等
③ホームページ及びSNSの活用等効果的な情報発信の検討及び実施
④農産物の6次化等による商品・メニュー開発、開発商品の販路開拓と販売促進
⑤田村市グリーン・ツーリズム連絡協議会の事務局運営支援 
⑥地域の遊休施設の活用窓口、移住支援

【活動拠点・資源】
グリーンパーク都路
指定管理者:光管財・ホップジャパングリーンパーク都路活性化共同事業体

募集要項

【募集対象】
①令和4年4月1日現在 20歳以上60歳未満の方 (性別は問いません)
②田村市の地域活性化に深い理解と熱意を有し、かつ、積極的に活動できる心身共に健康な方
③三大都市圏をはじめとする都市地域に現住所を有している者で、本市に住民登録し、かつ、生活の拠点を移すことができる方
※「3大都市圏をはじめとする都市地域」:条件不利地域(過疎法・山村振興法・離島振興法の指定地域)以外の地域に住んでいる方が対象
なお、地域と連携した観光振興や食の観光資源化に係る業務に興味がある方(経験者)旅行業の資格取得希望者(取得者)が望ましい。
④普通自動車免許を持っている方
⑤パソコン(ワード・エクセル・パワーポイント)等の基本的な操作ができる方
⑥イベントや特産品等の情報をSNS等で発信できる方
⑦地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方

【募集人数】
4名(令和4年度)

【活動拠点】
福島県田村市内 
・あぶくま洞/田村市滝根町【1名】
・ムシムシランド/田村市常葉町 【1名】
・グリーンパーク都路/田村市都路町【2名】

【雇用形態】
田村市地域おこし協力隊として市長が委嘱し、市が実施する田村市地域おこし協力隊設置業務の受託者が雇用します。
※1年更新最大3年
※着任日は相談に応じます

【雇用期間】
委嘱日:令和4年4月1日以降から5年3月31日までとし、年度毎に協議の上、最長3年間更新可能です。
※地域おこし協力隊としてふさわしくない行為があったと判断した場合等については、雇用期間中であっても解雇することがあります。

【給与・賃金等】
月額225,000円(年収約270万円程度)
退職金等はありません。
※田村市地域おこし協力隊設置業務の受託者が支給します。
※社会保険、雇用保険の対象です。上記から所得税、社会保険料等の本人負担分が差し引かれます。

【待遇・福利厚生】
①田村市地域おこし協力隊設置事業受託者の規定に準じて、年次有給休暇等を取得できます。
②社会保険完備(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険に加入
③田村市地域おこし協力隊設置事業受託者の規定に準じて通勤手当を支給します。
④旅費、燃料費など地域おこし協力隊の活動に要する経費は、市の委託事業の範囲内で支出します。
⑤住宅については、住宅手当を支給します。(上限あり)
なお、転居に要する費用、水道光熱費等の生活に必要な経費等は個人負担となります。生活備品等は各自ご準備ください。

【勤務時間】
勤務時間は原則週5日とし、8時30分から17時15分(休憩1時間)とする。

【休日】
原則、土曜日・日曜日・祝祭日とします。超過勤務及び休日に勤務した場合は、勤務時間及び勤務日を振り替えるものとします。
※各勤務先施設のイベント実施状況により、休日出勤もあります。

【募集期間】
令和4年4月1日~令和5年3月31日

【選考方法】
(1) 書類選考(1次審査)
・申込書等を書類選考の上、選考結果を書面郵送にて通知します。
・1次審査合格者については、併せて電話等により連絡しますので、連絡がとれる電話番号、メールアドレスを履歴書にご記載ください。

(2) 面接選考(2次審査)
・面接の日時・場所等については、1次審査の結果通知時にお知らせします。
・選考結果は書面郵送にて通知します。内定通知を受けた方については、住まいや活動開 始のために必要な各種手続き等を連絡調整させていただきます。

(3) 活動開始日
・協議の上、各種調整後に決定します。

※ 選考にかかる費用等は、応募者の負担となります。

▼ご応募はこちらから  ※「応募したい」ボタンもお願いします♪
https://tamura-iju.com/chiikiokoshi

田村市
一般社団法人Switchが紹介する田村市ってこんなところ!

ワクワクがとまらない自然とチャレンジがいきるまち田村市。

3.11東日本大震災を乗り越え、次の時代に向かう田村市は、若い世代がのびのびと働き、夢を持って暮らせる環境づくりを自治体と民間が一体となって進めています。
未来志向のエネルギーに共鳴してくれる都会からの移住者や若い就農者、地域資源を生かして新たなビジネスを始める起業家も増えつつあります。田村は自分らしい生き方を選び輝ける場所。
やりたい仕事をスタートさせ、育てていく自由が味わえます。

一般社団法人Switch
一般社団法人Switch
興味を持っていただき、ありがとうございます! 私たちは福島県田村市で廃校活用型テレワークセンター「テラス石森」を運営しながら、地域活性化に取り組んでいるまちづくり法人です。 福島県田村市を、よりアツい場所にするべく活動しています。
15
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}