【平日昼間は時間が作れないあなたへ】紀北町の移住担当者や地域おこし協力隊とつながる!夜間オンライン移住相談受付中
募集終了
公開日:2022/09/15
終了日:2023/10/30

【平日昼間は時間が作れないあなたへ】紀北町の移住担当者や地域おこし協力隊とつながる!夜間オンライン移住相談受付中

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

○オンラインで移住相談してみたいけど平日昼間は時間が作れない
○実際に移住した人と話してみたい

そんな方のために、紀北町では「夜間オンライン移住相談」を実施します。

□移住を考え始めたばかり
□三重県や「海のそばの暮らし」に興味がある
□紀北町に狙いを定めてより具体的な情報を求めている方、など

いろんな段階のかたに気軽に利用していただけます。

○1コマ40分程度、「Zoom」を使用して開催します。
○事前予約制
○費用:無料(通信料は自己負担となります)

■開催概要■

○開催日:令和4年9月20日(火)、21日(水)、29日(木)
○時間帯:①18:00~18:40
     ②18:50~19:30
     ③19:40~20:20

<予約から利用までの流れ>
①予約フォームに必要事項を入力し送信する。
②予約日時とZoomのURLが記載された「受付完了メール」が届く。
③当日、指定URLからZoomミーティングにご入室下さい。

予約締切は、予約希望日の前々日です。

予約フォームはこちらから>>>https://logoform.jp/form/5saE/125323

また、予約いただく方はこのページの「興味ある」ボタンを押してください。

■相談員紹介■

<<相談員紹介>>

紀北町移住担当
長井一晃(役場企画課)
生まれも育ちも紀北町。

地域おこし協力隊
豊川真規子(きほくと都市部のつながりづくりミッション)
30年の東京圏生活を経て小学生の子ども達と一緒にUターン移住。

紀北町
紀北町企画課が紹介する紀北町ってこんなところ!

三重県紀北町は三重県の南部に位置し、西の大台山系、東の熊野灘をつなぐ美しい川が流れる自然に恵まれた風光明媚なまちです。1年を通して比較的温暖であり、過ごしやすい気候といえます。また日本有数の多雨地帯で、雨が森を育てその養分が豊かな海を育んでいます。
基幹産業である漁業は、カツオや伊勢えび、ブリなどの魚介をはじめ、養殖のアオサノリや渡利かきといった紀北町を代表する特産品が多くあります。
町内には世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」として登録された熊野古道を有し、また奇跡の清流とも称される「銚子川」などもあり、多くの観光客が紀北町を訪れています。

プロジェクトの経過レポート
2022/09/22

【9/29(木)満席となりました】

10429

紀北町オンライン移住相談、
9/29(木)設定の3枠すべて予約済みとなりました。
ありがとうございます。

夜間オンライン移住相談は、10月も開設予定です。
10月の開催日程が決まり次第、別記事でアナウンスさせていただきます。

今回ご都合が合わなかった方も10月にぜひご検討下さい。

紀北町は、名古屋から車で2時間20分、東京から電車で約4時間。三重県の南部に位置し、大台山系から連なる山々とリアス式海岸に囲まれ、海・山・川の3拍子がハイクオリティで揃ったコンパクトなまちです。 町内には世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」として登録された熊野古道を有し、奇跡も清流とも称される「銚子川」などもあります。 主産業は、豊かな自然の恵みを活かした水産業や林業です。第1次生産者の若手たちが、6次産業化に向けて地域資源を活かしたアンテナショップ「海・山・こだわり市」を開催する等、地域に新しい元気な風が吹き始めています。 紀北町での暮らし方、働き方など、少しでも興味を持たれたらお気軽にご相談下さい。
13
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!