南房総・館山の「愛ある賃貸住宅」で暮らしをシェアするメンバー募集

南国UIJターン家族・こども住まい暮らし体験募集移住

上の写真は、今年の5月に住人さんの結婚披露パーティを行った時のもの。住人ご夫婦が入籍当時にできなかった披露パーティを開催し、全国から30組超が集まりました。

ここは千葉県、房総半島の南端にある館山市。 ここ「MINATO BARRACKS」(ミナトバラックス:通称ミナバラ)は、移住者を中心に10組が暮らす「現代版長屋」です。
元は築40年になる元公務員宿舎ですが、これを1棟リノベーションし、共同住宅として昨年春にスタートさせました。
移住者が、大家族みたいになって、四季折々の南房総を楽しみながら暮らしています。

新たなメンバー募集は、残すところあと3組です!

元公務員宿舎が移住者・二地域居住者のための住居として再生!

館山自動車道 富浦ICから車で7分。田んぼの向こうにそびえる4階建て。

ミナバラ公用車「ミナトゥク」は住人さんに格安レンタル中。

千葉県、房総半島の南端にある館山市。
都心から90分というアクセスのよさもあり、移住・二地域居住の人気ランキングでも上位に顔を出すエリアです。

2017年春、元海上保安庁の宿舎を改装した「MINATO BARRACKS」がオープンしました。

この建物は、もともと官舎(公務員宿舎)として1979年に建てられました。
3年の閉鎖期間を経て、賃貸住居・ゲストルーム・DIYレンタルガレージ・カフェ等を併設した複合施設としてリノベーションしました。
地元生活者の住居はもちろん、都会居住者のデュアルライフ(二地域居住・二拠点居住)拠点として提案しています。

詳細は公式サイトへ
http://www.minatobarracks.com/
公式Facebookページ
https://www.facebook.com/minatobarracks/

暮らしをともに楽しむコミュ二ティメンバー募集

お正月の「餅つき」。イベント時には住人以外にも地域の方が遊びに来てくれます。

4階の部屋からは、海に沈む夕陽や、晴れた日には富士山も見られます。

ここは賃貸住宅です。でも、いわゆる普通の賃貸住宅とはふた味違います。

1つ目はコミュニティを重視していること。この物件の大家自身がリードして、大きな家族みたいな暮らしを楽しんでいます。
夏祭り、ハロウィン、クリスマス、餅つき、といった四季折々のイベントが盛りだくさん。様々な行事を通じて、絆を深めています。
公式なイベントの他にも、1階のシェアリビングでは食事会などが頻繁に行われています。

2つ目は自由さに溢れていること。DIY可能・原状復帰義務はありません。お部屋はあなたのキャンバスです。ペンキを塗ってもタイルを張っても、なんだったら間取りを変更してもらっても構いません。
敷金・礼金・手数料・更新料も無料です。

誰もが求めるスタイルの賃貸住宅ではないかもしれませんが、
「ありきたりの賃貸アパートばかりでしっくりこなかった!」
「ここのコミュニティこそ最大の魅力」
という方が、ミナバラを選んでくれています。
ミナバラが気に入って、入居中の部屋から、わざわざ移り住んでくださった方も2組いらっしゃいます。

*イベントの参加はあくまでも任意です。
*部屋のDIYは任意です。手を加えなくとも通常に暮らせる仕様にはなっています。

移住だからといって「終(つい)の棲家」を探す必要はないのでは?

住人の女性たちによる自主ハーブ園「ミナバラ・ハー部」。小さな農園スペースも開放しています。

ヴィンテージな雰囲気を残しながらキッチン等は新品に交換。

MINATO BARRACKSの「BARRACKS」は「兵舎」という意味。人生の中で挑戦する人たちのための、ひと時の安らぎの場です。

「移住する」というと、「田舎に、終の棲家を買う」というイメージがまだまだあると思います。でも数回の下見で見極められるはずもありません。同じ南房総でもエリアによっては特性・気質がぜんぜん違います。
移住してから、「こんなはずではなかった」と出戻る例も少なくはありません。

まずは賃貸で、初期費用も不要なこのミナバラで試して、地域特性を体感して、そして数年後には本当に気に入ったエリアに移り住む。
そんな使い方をしていただけたら幸いです。

ぜひ一度、お気軽に見学してみてください。
なにせ東京駅・新宿駅からならバスで90分、マイカーなら70分でも着いてしまう距離ですから。

*入居にあたっては面談を必須とさせていただいております。
面談等の結果、ご入居をお断りする場合もございます。

マイクロデベロッパー漆原秀が紹介する館山市ってこんなところ!

館山は房総半島の南端部です。「半島」つまり、「半分、島」。
大晦日に部屋から夕陽を見て、新年には車で15分で初日の出を拝むことができるという、半島。
半島の先ではありながら、半径5km四方にコンパクトながら便利な店や機能が一通り集積しています。

「海などの自然を身近に感じながら便利に暮らせるコンパクトタウン」。それでいて東京に出たい時は90分で行けるという立地。
子育て世代である僕にはわがままを満たせる魅力の詰まった街です。

マイクロデベロッパー漆原秀
VMV合同会社/TUKTUKタイムトリップサービス
大学在学中の起業、IT系ベンチャー、クリエイター養成スクール運営、ネットマーケティング会社の起業、大手企業への出向、不動産投資の独学を経て現在に至る。 約10年の往復生活を経て、2016年に家族と館山に正式移住しました。 https://cocolococo.jp/19490