国内有数の林業地で地区の担い手として働いてみませんか?【智頭町地域おこし協力隊】
募集終了
働く・住む
公開日:2023/05/18
終了日:2023/06/07

国内有数の林業地で地区の担い手として働いてみませんか?【智頭町地域おこし協力隊】

 智頭町(ちづちょう)は、鳥取県の東南に位置し岡山県に接しています。周囲は1,000メートル級の中国山脈が連なり、その山峡を縫うように流れる川が合流し、千代川となって日本海に注いでいます。昔から長い歳月を経て、あの鳥取砂丘の砂を育んできた源流のまちです。
 智頭町は江戸時代から続く国内有数の林業地で、平成30年2月13日に林業景観としては日本で初めて「重要文化的景観」に選定されるなど、伝統的な生活・生業・文化が周囲の風景と一体となった「みどりの風が吹く“疎開”のまち」です。集落、山林一体が林業景観区域に選定されている芦津地区は1,270haの財産区有林を所有しており、自ら林業経営を行い、作業道開設、搬出間伐作業を行っています。
 また地域のミズナラを原木として使用した原木しいたけ栽培にも取り組んでおり、冬場でも作業できるようビニールハウスを整備し、しいたけ採取、選別、植菌作業を高齢者を含めた地域住民が共同で行い、高齢者の社会参加の場づくりのも取り組んでいます。

地域おこし協力隊(中山間集落振興)隊員として働いてみませんか?

 芦津区会が雇用し、智頭町が地域おこし協力隊に委嘱したうえで、下記業務を念頭に活動していただきます。

(1)芦津財産区有林における森林経営計画等の作成及び施業の実施
(2)芦津原木椎茸生産活動の事業実施(生産活動・販売戦略等)
(3)集落活動への参加と活性化対策の実施
(4)芦津集落の文化継承と記録化
(5)空家対策(リフォーム計画立案・リフォーム体制づくり等)

 芦津地域の人と一緒に、林業、原木しいたけ栽培等の活動に取り組んでみませんか?
地域の活性化に取り組んでいただける方大歓迎です!

人口約90人。この中山間集落と共同で活動してほしい

 芦津地区の担い手として、地域の人と一緒に、林業、原木しいたけ栽培等の活動に取り組み、地域の活性化を図る「地域おこし協力隊」の隊員を求めています。

智頭町山村再生課
登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
智頭町
智頭町役場 山村再生課が紹介する智頭町ってこんなところ!

智頭町の人口は6,500人程度。
位置:北緯35度15分43秒 東経134度13分46秒
面積:224.70km2
鳥取県の東南に位置し、周囲は1,000m級の中国山脈の山々が連なり、その山峡を縫うように流れる川が合流して千代川となり、日本海に注いでいます。長い年月を経て鳥取砂丘の砂を育んだ源流のまちです。総面積の93%が山林で、スギをはじめとする見渡す限りの緑が一面に広がります。
智頭町では”森林は町の大切な財産”としてとらえ、森がもつ癒し効果に着目し「森林セラピー(R)」をまちづくりのメインテーマのひとつとして取り組んでいます。
智頭町のキャッチフレーズは「緑の風が吹く”疎開”のまち智頭」。ゆったり深呼吸できる豊かな自然空間と人々のつながりを育むまちづくりに取り組んでいます。

※ プロフィールはまだありません
17
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!