【5/10.11@東京、5/12.13@大阪】地域おこし協力隊募集相談会の参加者募集中♪
募集終了

 北海道の空の玄関である新千歳空港や札幌市へのアクセスが良い長沼町は、豊かな自然を身近に感じられる「ちょうど良い田舎暮らし」をしたい方にぴったりのエリアです。
 北海道らしい景観、アクティビティ、グルメを一度に楽しめる「まち」で、トレッキングや温泉を楽しむ観光客にも人気。
 丘陵地帯から見る夕陽はとてもきれいで、この夕陽を見て移住を決める方もいるほどです。
 これまでにも、移住し空き家を改修してカフェやゲストハウスを営んでいる方など、たくさんの移住者さんが活躍しています。
 そんな長沼町の魅力や課題を自らが体感し、課題解決の糸口を探したりと、町の職員とは別の視点で活動いただける地域おこし協力隊を一気に5名(令和6年10月以降採用予定)募集します!
 まずは東京都内及び大阪市内での相談会からスタート!!
 現役隊員も2名参加しておりますので、まずはお気軽にお声がけいただけると嬉しいです。

相談会イベントについて(5/10.11@東京、5/12.13@大阪開催)

5名採用に向け、まずは東京都内、大阪市内での相談会からスタートします!!

▼開催日時
2024年5月10日(金)14:00~20:00(東京)
   5月11日(土)11:00~17:00(東京)
   5月12日(日)9:30~17:00(大阪)
   5月13日(月)9:30~17:00(大阪)

▼開催場所
東京都中央区京橋1丁目1-6越前屋ビル1F 移住・交流情報ガーデン
大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階 難波市民学習センター内セミナー・展示室

▼当日スケジュール
 上記時間内であれば、いつでも相談対応可能です。
 事前にお申込みいただけますと助かります。

地域おこし協力隊に興味をお持ちの方必見です!
▼こんな話が聞けます
北海道長沼町での暮らしについて
協力隊の業務内容と現役隊員の生の声

▼こんな人におすすめ
長沼町または北海道に興味がある
地域課題の解決やまちづくりに興味がある
地域おこし協力隊になりたい

少しでも関心がある方「興味ある」「応募したい」ボタンを押していただけるとうれしいです!
 ぜひとも「長沼おこし」にあなたの力を貸してください!

▼長沼町はこんなところ
長沼町役場:https://www.maoi-net.jp/
長沼町観光協会:https://naganuma-kanko.com/
絶景テラス「maoi salud」:https://maoisalud.com/
長沼町YouTube公式チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCssZtti6OuKIemqlUK7oCVA
NAGANUMAP:
https://stroly.com/viewer/1701414561?zoom=1.5
移住冊子NAGANUMA LIFE:
https://www.maoi-net.jp/files/00006300/00006377/naganumalife_all.pdf

ワイン畑でワインを飲む!絶景テラス「maoi salud」

ワイン畑でワインを飲む!絶景テラス「maoi salud」

町内で活躍中の先輩移住者が登場♪「NAGANUMA LIFE」

町内で活躍中の先輩移住者が登場♪「NAGANUMA LIFE」

わたしたちと一緒に地域を盛り上げませんか?

今回は、長沼町地域おこし協力隊の募集相談会(東京・大阪開催)です。

長沼町では以下内容にて、地域おこし協力隊を募集します。

【ミッション型】
・農産加工品開発及び販路拡大【1名】

【フリーミッション、起業型】
・隊員自らが感じたまちの課題を解決できるような新たな仕事を起こす【4名】

以上5名を募集しますが、現隊員5名を含め、隊員がチームとなり地元の事業者や町民と共同で活動していくスタイルをイメージしています。
 また、協力隊OBを含めたサポート体制も構築しています。

 地域おこし協力隊に興味があるけど地域やプロジェクトに困っている方やローカルスタートアップに興味がある方など、ご参加いただけると嬉しいです!

「興味ある」「応募したい」ボタンを押してメッセージを送っていただければ、詳細な説明や、質問にお答えいたします!

【相談会】大阪会場はこちらです。

【相談会】大阪会場はこちらです。

【相談会】東京会場はこちらです。

【相談会】東京会場はこちらです。

長沼町地域おこし協力隊の応募について(全職種共通)

▼募集期間
令和6年4月10日(水)~5月23日(木)
▼募集要領及び応募方法(長沼町HPリンク)
https://www.maoi-net.jp/gyosei/saiyo/chiikiokoshitai.html
▼任用形態
会計年度任用職員
▼報酬・手当等
報酬:月額192,967円
期末手当あり
家賃支援:月額50,000円まで
車借り上げ料:月額36,000円
赴任旅費支給有
その他社会保険等(厚生年金、健康保険、雇用保険)

活動拠点のコワーキングスペース「ながぬまホワイトベース」

活動拠点のコワーキングスペース「ながぬまホワイトベース」

現役協力隊員によるイベント出展の様子♪

現役協力隊員によるイベント出展の様子♪

イベント・ツアー内容

開催日程:2024年05月10日~ 2024年05月13日

所要時間:5/10(金)14:00~20:00、5/11(土)11:00~17:00、5/12(日)9:30~17:00、5/13(月)9:30~17:00 の時間で対応いたします。 

費用:0円

定員:10 人

最小催行人数:1 人

集合場所:東京会場:移住・交流情報ガーデン(東京都中央区京橋1丁目1-6越前屋ビル1F)、大阪会場:難波市民学習センター内セミナー・展示室(大阪市浪速区湊町1丁目4番1号OCATビル4階)

解散場所:移住・交流情報ガーデン(東京都中央区京橋1丁目1-6越前屋ビル1F)、大阪会場:難波市民学習センター内セミナー・展示室(大阪市浪速区湊町1丁目4番1号OCATビル4階)

スケジュール

地域おこし協力隊相談会(東京・大阪)日時
5/10(金)14:00~20:00(東京会場)
5/11(土)11:00~17:00(東京会場)
5/12(日)9:30~17:00(大阪会場)
5/13(月)9:30~17:00(大阪会場)

※当日飛び込みでの参加も可能ですが、事前予約いただけると助かります。
 当日は現役隊員2名も参加していますので、気軽にご参加ください♪
 その他、オンライン相談も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

また今後のスケジュールとして、
5月23日(木):募集締め切り(履歴書等送付)※1次選考
6月22日(土)~24日(月):2泊3日のお試し地域おこし協力隊ツアーを開催予定
       ※希望者は最終日に面接予定
10月以降:採用、活動開始
 その他、不明点はお気軽にご相談ください。

長沼町政策推進課
プロジェクトの経過レポート
2024/04/17

現役隊員と町のサポート体制について

18798

みなさんこんにちは!
長沼町の協力隊は現在5名で活動中です。
隊員それぞれの活動内容は、
・情報発信 1名
・移住定住対策 1名
・観光企画 1名
・フリーミッション2名
5名全員が関東・関西からの移住組で、サポート体制(隊員OBや地域事業者等)も万全です!
以下記事を参考まで♪
https://kurashigoto.hokkaido.jp/report/20240415060000.php

登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
長沼町
長沼町政策推進課が紹介する長沼町ってこんなところ!

特徴1:豊かな自然と近隣都市とのアクセスの良さが魅力
新千歳空港と札幌市のほぼ中間に位置する長沼町は、馬追丘陵と田園風景が絶妙なバランスで広がる、自然豊かな町。
丘陵地帯からの「夕陽」は絶景で、「この夕陽に惹かれて移住してきた」という方が1人、2人どころではありません。
札幌や新千歳空港まで車で30分、北広島市のボールパークからも15分と、アクセスも抜群です!

特徴2:移住者が新しいことにチャレンジしている
長沼町では、移住して空き家を活用したカフェやコンドミニアムを運営されている方など、移住から起業される方が非常に多いのが特徴です。

特徴3:「食」に強い観光地
大豆の生産量は日本一!
ながぬま温泉の源泉とながぬま産大豆を使用した「源泉豆腐」、どぶろく、馬追蒸溜所ではワイン、ウイスキー、シードル等を作っており、「ジンギスカン」、「おしゃれカフェ」などは北海道内では有名です。

長沼町政策推進課
長沼町政策推進課
 北海道の空の玄関である新千歳空港や札幌市へのアクセスが良い長沼町は、豊かな自然を身近に感じられる「ちょうど良い田舎暮らし」をしたい方にぴったりのエリアです。  北海道らしい景観、アクティビティ、グルメを一度に楽しめる「まち」で、トレッキングや温泉を楽しむ観光客にも人気。  丘陵地帯から見る夕陽はとてもきれいで、この夕陽を見て移住を決める方もいるほどです。  これまでにも、移住し空き家を改修してカフェやゲストハウスを営んでいる方など、たくさんの移住者さんが活躍しています。  実は長沼町、コロナ禍にも関わらず、令和4年度、令和5年度と観光入込客数が過去最高を記録し、町内への立地企業や起業者、移住者も増加傾向にある、北海道内ではかなり珍しい「まち」でもあります。  一方で、北海道民からは身近な観光地として愛されていますが、国外、道外の方への知名度はイマイチ・・・。  そんな長沼町の魅力や課題を自らが体感し、全国へ発信したり、課題解決の糸口を探したりと、町の職員とは別の視点で活動いただける地域おこし協力隊を一気に5名募集します!  現役協力隊員の5名と一緒に地域の賑わいづくりを一緒に行いませんか?  オンラインで面談を行うこともできますので、まずはお気軽にお声がけいただけると嬉しいです。
19
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!