酪農家になりませんか?雲南の誇り「パスチャライズ牛乳」の生産に携わる若者を募集!
働く・住む
公開日:2020/06/22
終了日:2021/06/18

酪農家になりませんか?雲南の誇り「パスチャライズ牛乳」の生産に携わる若者を募集!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

レトロでかわいい赤と黄色のパッケージが目印の「木次パスチャライズ牛乳」をご存知ですか?全国にファンも多く、雲南市が誇る“安心安全の食”を語る上では欠かせない商品です。
有限会社木次乳業は、全国で初めてパスチャライズ牛乳の生産をはじめた企業です。牛の健康を考え、山地酪農を行い、これからの日本の酪農を核にした農業のあり方を模索しています。

究極の牛乳生産のあり方を次世代へ託す

標高400m、山紫水明。のどかで小さなまちの片隅に佇む吉田牧場。
現在は、60代の夫婦が酪農ヘルパーの力を得ながら、大好きな牛とともに働いています。
生産された生乳の品質も良く、島根県の上部団体より特別賞をもらえるほど。

敷地は牛舎や堆肥舎、駐車場などが立ち並ぶに十分な面積を持ち、現在30頭の牛が毎日良質乳の生産に励んでいます。
飼養方法は繋ぎ牛舎で、濃厚飼料に非遺伝子組み換え飼料の給餌を行っています。

しかし、夫婦の高齢化や身体の不自由により、吉田牧場を夫婦2人で続けることが困難になりました。
そんな吉田牧場の想いを継ぎ、究極の牛乳生産のあり方を求め続ける後継者を求めています!

吉田牧場の牛たち。

吉田牧場の牛たち。

子牛ものびのびと生活している。

子牛ものびのびと生活している。

安心安全の食を求める人と、吉田牧場の牛たちをつなげたい。

プロジェクト募集を通じて、こんな方と出会ってみたいです!
・木次乳業や吉田牧場の理念に共感し、想いを継いでくれる方
・安心安全の食を求めている方
・有機農業に興味ある方
・酪農で独立を考えている方
・酪農に興味がある、酪農の経験がある方
・動物が好きな方
・木次パスチャライズ牛乳のファンの方

緑に囲まれた場所に位置する牛舎。

緑に囲まれた場所に位置する牛舎。

吉田のまちには歴史も詰まっている。

吉田のまちには歴史も詰まっている。

酪農で独立したい若者を応援します!

現在は雇用の形態ですが、今回のプロジェクトでは酪農で独立を考えている方を募集しています。
若い世代が独立するには経験不足や資金不足で不安になるかと思いますが、独立までのハードルをひとつひとつ乗り越えられるよう、スムーズに就農できるよう、木次乳業がサポートいたします。
特に、酪農は設備産業でもあるので、設備の売買等にかかる費用はできる限り軽減できるようにします。
1年程度の研修期間も設けるので、その間の生活費は補助されます。
その他独立にかかる費用に関してはご相談ください。

吉田牧場でお待ちしております。

吉田牧場でお待ちしております。

雲南市
雲子ちゃん(うんなん暮らし推進課)が紹介する雲南市ってこんなところ!

島根県雲南市は、県庁所在地の松江市と出雲大社のある出雲市に隣接する人口およそ4万人のまち。松江市まで約40分、出雲市まで約30分、出雲空港まで約20分、広島市まで約2時間と都市部へのアクセスが良いです。その一方で、季節を迎えるゆったりとした空気や、あくせくすることを忘れてしまいそうな「のんびり感」がまちの中を流れています。まさに「ちょうど良い田舎」です。
また、行政頼みでなく地域自らによる地域づくり「大人チャレンジ」、保幼小中高一貫したキャリア教育「子どもチャレンジ」、さらに志ある若者や市内外の大学生(雲南コミュニティキャンパス等)による地域課題解決に向けた活動「若者チャレンジ」が活発化しています。更に「企業チャレンジ」を加えた4つのチャレンジを連鎖させ、今後も市民みんなで支え合い、いきいきと暮らせる魅力あるまちづくりに挑戦しています。
山間部で「がっつり田舎暮らし」、市街地で「程よい田舎暮らし」等、あなたに合ったスタイルでの田舎暮らしがきっと見つかります!

※ プロフィールはまだありません
10
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}