【令和2年8月31日締切】志摩市地域おこし協力隊(水稲栽培後継者)を募集します!
募集終了
働く・住む
公開日:2020/08/13
終了日:2020/08/31

【令和2年8月31日締切】志摩市地域おこし協力隊(水稲栽培後継者)を募集します!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

 志摩市では、農業の担い手として、また、地域の活性化に取り組んでいただける志摩市地域おこし協力隊の隊員を募集します。

<活動内容>
水稲栽培後継者 1名

<募集対象(応募条件)>
 次の全ての条件を満たす方とします。
・心身ともに健康で、活動に意欲と情熱があり、地域の特性や風習を尊重し、地域住民と積極的にコミュニケーションを図り、ともに地域活性化に取り組める方
・生活の拠点を3大都市圏をはじめとする都市地域等に住所を有する方で、住民票を志摩市浜島町南張地内に異動し居住できる方。ただし、委嘱を受ける前に既に志摩市に定住している方及び既に志摩市に住民票を異動させた方を除きます。
 ※現住所が該当するかどうか不明な場合はお問い合わせください。
・基本的なパソコンの操作(ワード、エクセル、電子メール、SNS等)と情報発信のできる方
・普通自動車運転免許証を取得している方、又は活動開始までに取得見込みの方
【※普通自動車運転免許証に加え、大型特殊自動車免許(農耕用)を所持していることが望ましい 】
・現住所地での国税・都道府県税・市区町村税等に滞納のない方
・地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方

<雇用形態及び期間>
・志摩市地域おこし協力隊として志摩市長が委嘱します。
※志摩市との雇用契約はありません。
・初年度の委嘱について、着任日は応相談とさせていただきます。年度による区切りはありますが委嘱の期間は原則1年です。その後は活動状況や実績等を勘案し、委嘱の期間を1年間更新することができ、最長3年まで延長できます。
・協力隊員としてふさわしくないと判断した場合は、委嘱期間中であっても委嘱を取り消す場合があります。
・隊員としての業務に支障がなければ、兼業を認めます。ただし、その場合は、事前に届け出て許可を得てください。

<活動日数及び活動時間>
 活動日数:原則月20日(週5日以内、土日祝日が活動日となる場合あり)
 活動時間:1日8時間程度

<報償金>
 月額165,000円
 ※1カ月間の活動実績に応じて翌月に支給します。
 ※1カ月間の活動日数が20日に満たない場合は、1日当たり8,250円の日割り計算により支給します。
 ※賞与、時間外手当、退職手当等は支給しません。

<待遇及び福利厚生>
 ・社会保険及び雇用保険には加入しませんので、国民健康保険、国民年金に加入してください。
 ・活動に必要なパソコン、プリンターは貸与し、情報発信のためのインターネット利用料については、隊員の負担はありません。
 ・住居は、貸与します。生活備品、水道光熱費は個人負担です。
 ・志摩市では、移動手段として自家用車は必要不可欠です。活動を行うにあたっては私用車を使っていただきますが、予算の範囲で活動費を支給します。
 ・その他、業務に必要なもの(消耗品等)については、予算の範囲で支給します。

<募集期間>
 令和2年8月3日(月曜日)から令和2年8月31日(月曜日)まで
 ※志摩市農林課まで郵送または直接持参してください。
 ※持参の場合、受付時間は土日・祝日を除く8時30分から17時15分までとします。

<その他>
・不明な点や質問等については担当までお気軽にお問い合わせください。
・ご応募いただいた内容について担当から連絡させていただくことがございますのであらかじめご了承ください。
・書類の返却はできませんので、ご了承ください。
・選考の経過や結果についてのお問い合わせには応じられませんので、予めご了承ください。
・応募人数の多少にかかわらず、採用しない場合もあります。
・提出された個人情報については、本公募のみに使用しその他の目的には使用しません。
・本募集要項は、志摩市地域おこし協力隊設置要綱に基づき必要な事項を定めています。
・新型コロナウイルス感染症拡大の影響により第2次選考以降の日程については、状況により延期等の調整をさせていただくこともございますのであらかじめご了承ください。
・詳しい内容や応募方法については、志摩市ホームページでご確認ください。

【志摩市ホームページURL】
https://www.city.shima.mie.jp/kakuka/sangyoshinkobu/norinka/1595375990470.html

市内(南張地区)で水稲栽培後継者を育成していきたい!

 南張地区の水稲栽培について、平成4年に稲作を組織化し取り組んでいくために「南張営農組合」を設立しました。その後、経営を安定化させるために法人化を進め、平成29年に株式会社南張農産を設立した経緯があります。
 しかし現在、実作業を担っている従業員はオペレーター及びサブオペレーターの2名しかいない状況で人材不足に陥っている状況が続いております。
 また、地区内での人材の確保が困難であることから、今回、稲作及び圃場管理全般を行い、かつ、地域の魅力も発信していただける人材の確保を目的として、地域おこし協力隊制度を活用して水稲栽培後継者を募集することといたしました。
 南張農産が作付している圃場面積は約30haと市内最大であり、志摩ブランドにも認定されたJA特別栽培米である「珠光」の大部分を南張農産が生産していること、また、農地中間管理事業を活用して農地の集約化を図ったことなどから、行政としても支援の必要性があると考えており、地域おこし協力隊の募集へと至っております。
 少しでも興味のある方からのご連絡をお待ちしております!

株式会社南張農産の写真です

株式会社南張農産の写真です

株式会社南張農産が管理している圃場です

株式会社南張農産が管理している圃場です

市内(南張地区)で水稲栽培しながら地域の活性化をしてみませんか!

主に株式会社南張農産での水稲栽培がメインになります。
他に自治会活動などの地域活動も行っていただきます。
南張地区や志摩市全体の魅力等について情報発信も重要なミッションです!

水稲栽培や農業自体行ったことがない方でも株式会社南張農産の社員が丁寧に仕事内容を指導させていただきますので、ご安心ください!
夏場は草刈等の大変な仕事もありますが、刈り終わった後の達成感はありますよ!
是非興味のある方は、見学だけでもかまいませんのでご連絡をお待ちしております!!

株式会社南張農産が使用している機械類です

株式会社南張農産が使用している機械類です

株式会社南張農産が管理している圃場です

株式会社南張農産が管理している圃場です

志摩市
三重県志摩市が紹介する志摩市ってこんなところ!

 活動していただく南張地区は、南張メロンの栽培や水稲栽培が展開される農業地域であるとともに、南張海水浴場を擁する海の町でもあります。(海が好きな方も最適です!)
 志摩市の最西端に位置しており、南側は熊野灘に面し、三方は山に囲まれています。4つの集落から成っており、北と西で度会郡南伊勢町に接している地域です。
 志摩市浜島町の観光の中心は浜島地区でありますが、南張地区にも以下の観光地があります。

1.南張海浜公園
 南張地区の南側に広がる海浜公園で、公園の作りが南国っぽい雰囲気となっています。夏季シーズンには海水浴に最適なところです。

2.磯笛岬展望台
 浜島地区との境界付近にあり、標高100m程の岬にある展望台です。漁師と海女の悲恋伝説が残り、鳴らすと幸運を呼ぶという「ツバスの鐘」が設置されています。

3.なごみの丘
 なごみの丘は磯笛トンネルの真上にあり、展望台になっています。英虞湾から熊野灘へと海岸線が変わるのを見ることができることで有名です。

三重県志摩市
志摩市役所
志摩市は、三重県の南東部、志摩半島の南部に位置し、市域全体が伊勢志摩国立公園エリアに指定されている。豊富な海産物、太平洋と内海の絶景、山々の緑と一年を通じて温暖な気候で知られる。リアス海岸に囲まれた内海である的矢湾ではカキ、英虞湾では真珠の養殖が盛ん。周囲には、ホテルやレジャー施設が数多く建ち、観光客が訪れる。古代から漁業で歴史を重ねてきた町で、祭りや芸能など漁村の伝統文化が残る。
9
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!