自然、都市機能のすべてがあなたのリソースに!北海道・旭川でまちづくりプランナーとして暮らす
募集終了
働く・住む
公開日:2020/09/17
終了日:2020/11/15

自然、都市機能のすべてがあなたのリソースに!北海道・旭川でまちづくりプランナーとして暮らす

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

北海道のほぼど真ん中に位置する旭川市では、物流や観光の拠点としての都市機能と、目を見張る大自然に囲まれた暮らしが今日も営まれています。あなたがこれまで培ってきた経験・実績、そしてこれから叶えたい夢や目標を手に、あなたらしいライフスタイルの実現を目指すとともに、私たちとまちづくりを進めませんか。

地域おこし協力隊として、新時代をともに歩む”まちづくりプランナー”を募集します。

https://www.asahikawa-kyouryokutai-boshu.com/

中心市街地活性化と移住促進で旭川の可能性を切り拓く!

全国初の歩行者専用道路である「平和通買物公園」を中心軸とした中心市街地では、少子化等により、利用者は年々減少傾向にあり、軒を連ねていた商店や大型百貨店の閉店が相次ぐなど、中心市街地の賑わいが失われてきています。一方で、駅前から少し離れた賃料が比較的安価な北エリアでは新たな出店やイベントの開催などが断続的に行われるなど、新しい動きが芽吹いています。

旭川市中心市街地活性化協議会では、市民が主体となって日常の賑わいにつながるイベントなどを実施できるよう、企画推進分科会(通称「ACT(アクト)」を設け、商店主などを中心に活動しています。このACTに加わりながら、観光、農業、都市機能、文化、アート、特産品、あなたの目指す世界でまちを盛り上げましょう!

全国的にも有名な旭山動物園をはじめとした観光施設や、隣接する市町村には断崖に囲まれた層雲峡・天人峡渓谷があり、流れる滝を鑑賞したりカヌー体験もできます。日本一早い紅葉が見られる旭岳(あさひだけ)ロープウェイからの登山も人気。北海道最大の石狩川が作り出したアイヌ民族の伝説が数多く残る景勝地「神居古潭」で歴史を学ぶ散歩など、春から夏、秋にかけて大自然をフィールドとした魅力がたくさんあります。

一方、人口34万人を擁する北海道第2の都市として、中心部は商業施設などが建ち並びます。駅前を中心としたまちなかには年間延べ2,000万人が来訪するほか、旭川空港は160万人、動物園は170万人の年間利用があり、新しい商品やサービスのマーケットとしても大きな可能性を秘めています。

皆さんは日常の当たり前をぜひ広く紹介してください。暮らすように滞在する移住体験ツアーを企画するも良し!地域住民がもっと自然を体験できる機会を創造し交流を図るも良し!活躍の方法はあなた次第!これを読んで少しでも胸がワクワクした方は、ぜひご応募お待ちしています!

旭川のシンボル旭橋をバックにカクテルイベント!

旭川のシンボル旭橋をバックにカクテルイベント!

首都圏で暮らしセミナーのイベント開催

首都圏で暮らしセミナーのイベント開催

目の前の人、周りの人を幸せにしたい。自ら仕事を生み出し、その手応えを感じたい。

●経営者、物件オーナー、行政職員、農家、料理人、デザイナー、学者や教授から成る、さまざまな分野にまたがるチームをまとめ、意欲を引き出せる人。

●地域の戦略とビジョン(「見た目や機能」だけでなく、「私たちは何を、なぜつくるべきか」)に貢献できる人。

●新しい環境でも高い適応能力と理解力で素早く学習し、移住体験ツアーの企画、地域特産品の開発、限られた条件下での短い宣伝動画やポスターの制作などに取り組む意欲のある人。

地域のお祭りでにぎわいづくり

地域のお祭りでにぎわいづくり

移住相談会では人生論に話が及ぶことも

移住相談会では人生論に話が及ぶことも

旭川市
旭川市役所 移住担当が紹介する旭川市ってこんなところ!

豊かな四季が彩る暮らし、新鮮な野菜や魚介が並ぶ食卓、すぐにアクセスできるキャンプやスキーフィールド等々、北海道の魅力は観光はもちろん、日々の暮らしの中にこそあふれています。
そんな北海道のだいたい真ん中に位置する、第2の都市が旭川市です。

東京から飛行機で1時間半。
東京、大阪のような大都市ではないけれど、交通機関も整備されているし、お店もたくさん、仕事もひととおり、暮らすには不自由はない。地震もとても少なく、安心して暮らせる街です。

人口は34万人、毎年1万1,000人の人が転入しています。
自然と都市がほどよく混ざり合い、昔からの人と新しい人がともに暮らすこの街で、あなたとのかかわりをお待ちしています。

プロジェクトの経過レポート
2020/11/13

【協力隊応募〆切まで残り3日となりました】
メッセージをいただいたり、「興味ある」「応募したい」を押していただきありがとうございます!

まちづくりプランナーは、行政職員ではないので、副業など含めて自由度の高い働き方です。就業でもなく起業でもない、最大3年間の助走期間を有意義に過ごしてください。

まだまだ間に合いますので、少しでも「!」と思った方はぜひご応募ください!

2020/10/23

【協力隊応募相談窓口設置しました】

「協力隊のホームページを見たけどわからないことがある」「社会人経験が少ないけれど応募できるの?」協力隊への応募にあたって気になることなどご相談ください。

【相談日時】毎週月曜日、水曜日、金曜日の10:00~12:00、14:00~19:00(11月15日まで) ※各回60分 
オンライン相談にあたっては事前予約が必要となります。お申込みは下記よりお願いします。
https://timerex.net/s/asahikawaplanner/d3b5f82b

旭川市役所 移住担当
旭川市 地域振興課
移住に必要な旭川の暮らしや仕事などをお伝えするほか、移住体験ツアーや首都圏、旭川でのイベント情報などをご紹介します。
33
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!