ものづくりに触れる体験型マーケット「Re:RENEW2020」10月9日(金)~11日(日)開催
募集終了
体験する
公開日:2020/09/28
終了日:2020/10/11

ものづくりに触れる体験型マーケット「Re:RENEW2020」10月9日(金)~11日(日)開催

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

日  時 2020.10.9.FRI - 11.SUN
会  場 福井県鯖江市・越前市・越前町全域
総合案内 うるしの里会館(福井県鯖江市西袋町40-1-2)

福井県鯖江市、越前市、越前町で開催される体験型マーケット「RENEW(リニュー)」は、「新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けながらも、このまちは前を向きます。」その決意を示すため、今年は開催名を「Re:RENEW2020」に変更しました。会期中は、普段出入りできないものづくりの工房を開放し、実際のものづくりの現場を見学・体験できます。地域を越えた多様なものづくりに触れる旅へ、ぜひお越しください。

https://renew-fukui.com/

ものづくりに興味のある方、ぜひお越しください。(オンラインでも体験・購入できます)

会期中は、7つの産地の工房、企業を一斉開放し、見学やワークショップを通じて、作り手の想いや背景を知り、技術を体験しながら商品の購入を楽しめます。6回目の開催となる今回は、7つの産地から約76事業所が参加予定。国内最大規模となる一大イベントをぜひご堪能ください。
また、今年はオンライン上で楽しめるコンテンツも多数ご用意します。
キットを使った「オンラインワークショップ」や、職人による「動画配信」、オンラインストア上での「期間限定販売」。
来たくても来れない方や、RENEWをまだ味わったことがない方にも、オンラインを通してRENEWを体感いただけます。

ものづくりに見て、触れて、体験する、特別な3日間をぜひお楽しみください。

鯖江市
福井県鯖江市総合政策課が紹介する鯖江市ってこんなところ!

鯖江市は、眼鏡フレームの国内生産シェアが9割以上を占め、繊維王国「福井」の中核を担う繊維産業や1500年以上の歴史を持つ越前漆器など、三大地場産業に特化したものづくり産業のまちとして発展を続けています。
人情味あふれる商店街やものづくりの息吹が感じられる工房、自然豊かな里山に活気あふれた市街地、都会と田舎のいいところをギュッと凝縮した鯖江市では多様な人たちがイキイキと暮らしています。

 鯖江市は、眼鏡フレームの国内生産シェア9割以上を誇る眼鏡産地の中心地であり、そのほか繊維王国福井の中核を担ってきた繊維産業、1,500年余りの歴史を有し国内の業務用漆器の8割を占める漆器産業、そしてIT産業などが集積した「ものづくりのまち」です。  王山古墳群をはじめ古墳が多く、近松門左衛門が幼少期を過ごした地域には当時をしのぶ街並みが残っているなど、古代ロマンのあるまちでもあります。  また、豊かな自然にも恵まれ、日本歴史公園百選に認定されている西山公園は日本海側随一のつつじの名所として親しまれており、毎年5月上旬には約5万株のつつじが咲き誇る「つつじまつり」が開催され、多くの人でにぎわいます。  ものづくりの息吹が感じられる工房や人情味あふれる商店街、自然豊かな里山など、都会と田舎のいいところをギュッと凝縮した鯖江市では多様な人たちがイキイキと暮らしています。
9
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!