<ビジネスパートナー募集!>自然豊かな観光地・みなかみのカフェレストランを未来の経営者として盛り上げませんか!
働く・住む
公開日:2020/11/13
終了日:2021/03/20

<ビジネスパートナー募集!>自然豊かな観光地・みなかみのカフェレストランを未来の経営者として盛り上げませんか!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

都内から近く自然観光で人気のみなかみ町は年間入込数300万人を超える町です。そのみなかみ町の温泉街に程近い立地で人気のカフェレストラン・亜詩麻。
観光のお客様だけでなく地域の方も集うお店です。
亜詩麻のオーナー稲田勇人さんは、コロナ禍という未曽有な事態を受け、本質的なものを見直し、お店を新たなステップに引き上げるチャレンジをするタイミングだと実感しました。
現在お店の第一線で運営しているのですが、今あるお店を新たに地域で飲食店経営に挑戦したい方とパートナーを組み、一緒にチャレンジするフィールドにしたいと考えています。
はじめはパートナーとして亜詩麻の共同運営を行っていただきながら、ゆくゆくは亜詩麻の経営を行い、一緒にみなかみ町を盛り上げていきませんか?

みなかみ町をさらに盛り上げるチャレンジを共にしましょう!

今回のプロジェクトを考えられている稲田さんも、元々は移住者です。地域に入り込みそしてこの地で事業を起こし、今もなお精力的に地域を盛り上げる活動と新たな事業を企ていている大変熱い人。そんな稲田さんから今回のプロジェクトにあたっての想いを語っていただきました。

みなかみ町は自然に恵まれ、人とのつながりも素晴らしい地域です。このお店も立地を含め非常に大きなポテンシャルがあります。今までは親族で経営してまいりましたが、今回人事を一新し外部から飲食店にチャレンジしたいパートナーを迎えいれて、若い視点とエネルギーで、さらにこのお店のポテンシャルを引き出し面白いことができればと目論んでおります。

・プロジェクトを立ち上げるに至った経緯
お店を開けて今年で33年目となります。子供たちも進学で独立し、部屋も開くことになり大きく物事を動かしやすいタイミングとなったこと、コロナ禍でじっくり考える時間を作ることができ、新しいチャレンジに取り組むスタートが切れそうなこと、そして33年を転機により地域が賑やかにできる店として、世代交代を行っていきたいことなど、今がチャンスの時、と考えました。
ぜひ新たな視点とフレッシュなエネルギーで、地域の新たな可能性とアフターコロナの新たなライフスタイルを生み出して欲しいです。

・プロジェクトと地域との関係
私たちのお店は地域に根付き多くの人に支えられてきました。地域特性として、地元住民、アウトドア関係の移住民、海外からの移住民、首都圏や海外からの観光客などいろいろな方との交流があり、地域のコミュニティも充実しています。
私たちはみなかみ町が大好きで、このみなかみを多くの方にこれからも楽しんでいただくためん、地元の方、観光の方に安心安全の場を提供していく事、そしてカフェレストラン亜詩麻を中心にこの地域で、人が集まり情報発信できる場所にしていく事を大事にしてきました。
今後は新たなチャレンジャーを迎え入れて、さらに楽しく面白い地域にしていきたいと考えています。

オーナーの稲田さんご夫妻!元アウトドアガイドです。

オーナーの稲田さんご夫妻!元アウトドアガイドです。

旅先での滞在時間を豊かに過ごせる広々とした店内。

旅先での滞在時間を豊かに過ごせる広々とした店内。

自分自身のチャレンジと、地域を愛し活性化に積極的に取り組みたい方

何よりも一番は大事なことは、チャレンジしたい熱意と地域を愛してくれるか、そして稲田さんとフィーリングが合うかどうかを大事にしています。地方の小さいコミュニティの中では、なによりも協力と連携が大事です。困った時に助けてくれる同じ志を持った仲間ができれば、地域での可能性は一気に広がります。その根幹には、やはりみなかみ町を好きになってくれるかどうかというところがあります。亜詩麻の運営を通して、自分自身のやりたいことを実現し、地域を一緒に面白くしたい人、大募集です!
⭐︎こんな人がマッチするかも!
・料理が好き、接客が好き、物事に情熱的に取り組める方
・自分のやりたいことの実現に向けてコツコツ取り組める誠実な方
・仕事を含め将来のライフスタイルを作っていける方
・面白いことを一緒に考えられるビジネスも遊びも思いっきり取り組みたい方
・みなかみ町を好きになってもらい地域を活用しながら、長く居てもらえる方

まずはたくさんの方とお話しできればと思っています。
ステップ
①プロフィールをメッセージでお送りください。
②オンラインミーティングでお話しさせていただければと思います。
③具体的なお話になれば、現地でお店を見ていただきながら詰めていきましょう。
 ※移住・起業支援事業FLAP担当者鈴木が一次受付いたします。
 ※応募者多数の場合、合同説明会を実施する場合がございます。

自慢の焼きカレーは、町内を代表する看板商品

自慢の焼きカレーは、町内を代表する看板商品

お店は谷川岳に向かう町の主要道路沿線にあります。温泉街も徒歩圏内

お店は谷川岳に向かう町の主要道路沿線にあります。温泉街も徒歩圏内

憧れの自分のお店を持つ!そんなチャレンジしたい方を募集!

今回は店舗経営の実績のある方、というよりも、若く自分のお店をいつかは持ちたい!というやる気のある方とパートナーシップを組みたいと思っています。

はじめは、キッチン、ホールなどお店の現場運営に集中していただき、営業関係・経理周りは稲田さんが担当することでチャレンジの負担を減らします。慣れてきたら徐々にあなたのやりたいことを実現させながら、業務を引き継いでいきます。経営方針も、上下関係ではなく常に一緒に相談しながら進めていき、3年程度で完全にお任せできるようにしたいと考えています。今の時世・やりたい人の感性に合わせて、お店と地域にイノベーションを起こしていきましょう!

契約形態については、雇用契約は致しません。あくまでもパートナーとして、個人事業主といて業務委託契約を行います。報酬は、売上と業務配分に合わせてお支払いいたします。
すでに現在のビジネスモデルは安定しているため、生活できる収入はお約束できますが、現在のお店を進化させたいと思っています。自分のやりたいこと、ライフスタイル実現に向けてチャレンジできる方を優先します。

そのほか、雪かきなどの力仕事が平気な方、イベントの参加・お手伝いなど地域のつながりを大事にされる方(酒宴の強制はありません)、自動車の運転は生活上必須です。
何よりも地域特性として、どんなことでも楽しもうとするポジティブな土地なので、面白いことに取り組みたい、自分のやりたいことを実現したい、地域の人と繋がりみんなで盛り上げていきたい、そんな人を募集します。

日曜朝限定のおにぎりやチャレンジも支援!

日曜朝限定のおにぎりやチャレンジも支援!

風通しの良いテラス席もあります。

風通しの良いテラス席もあります。

みなかみ町
Yuichi Suzuki(ローカルチャレンジサポートFLAP)が紹介するみなかみ町ってこんなところ!

みなかみ町は東京から66分。ユネスコエコパークに認定され、SDGs未来都市にも選定された自然と暮らしが共存する町です。たくさんの温泉があり、夏は関東の水源利根川を使ったウォーターアクティビティ、冬は分水嶺の軽やかな雪と季節を通して荒々しくも素晴らしい自然環境が楽しめます。観光産業がメインの町なので、人を受け入れチャレンジを促す土壌はある程度あります。
特にお店のある湯原は水上駅があり、温泉街があり、そこで生き生きと地域を盛り上げる活動する住民がいる面白いエリアです。
ぜひ一緒に地域を面白くしていきましょう!

プロジェクトの経過レポート
2643
2020/11/24

おかげさまで、多数の皆様に興味あるボタンを押していただきまして、誠にありがとうございます。
今週26・27日、オンライン移住相談会
https://smout.jp/plans/2697
にオーナーの稲田さんがご参加いただけることになりました。
詳しいお話を急ぎ聞きたいよ!という、意欲あふれる方はお時間都合つきましたらぜひご参加下さい。ご希望の方は申し込みフォームに亜詩麻詳細希望と記載ください。
https://fb.me/e/1GdRN0P1g
お申し込みは下記フォームになります。
https://forms.gle/niceNMkqEe98g4BN6

大阪府出身、長野県経由で群馬県みなかみ町へ。広告代理店のプランナーを経て、観光と地域活性化に現在取り組んでいます。移住のきっかけは雪山!地域おこし協力隊でDMOに取り組み、みなかみ町の最高の自然環境でより良い暮らしを目指しています。拠点はテレワークセンターMINAKAMI。最近130年の歴史があるらしい染色工場を借りてリノベ始めました。みなかみ町公認移住コンシェルジュです。
41
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
現在東京の企業で働いている54歳単身です。大きな 企業の組織の中にいることに疲れ果てました。元々料理や、接客は好きで免許もありませんが、小料理屋さんがやりたいという夢はありました。会社では、従業員への社内販売として、旅行先や飛び込み、展示会などで交渉し。フルーツや、防災グッズなど様々なものの販売契約をしています。 今、人員削減、業務効率化だので、それすらなくなってしまうような状況です。 無くてもいいと思われている業務なら、他で、もっと人に喜んでもらったり、役に立ち自分も楽しく貢献できる仕事がしたいです。 移住ももちろんしたいです。時期は一年以内にです。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}